<東京> 交通事故の弁護士「比較サイト」で選べる

 > 
 > 
東京都
82件 | 東京都 交通事故が得意な弁護士 (7682件)
Icon_station 最寄駅:JR・横浜市営地下鉄関内駅から徒歩約4分
Icon_location 神奈川県 横浜市中区住吉町2-21-1 フレックスタワー横浜関内204
Icon_calender 定休日:
Icon_station 最寄駅:仙台
Icon_location 宮城県 宮城県仙台市青葉区一番町2丁目10番17号 仙台一番町ビル7階
Icon_calender 定休日:
Icon_station 最寄駅:JR・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩7分、みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩7分
Icon_location 神奈川県 横浜市中区山下町207 関内JSビル 8F
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Icon_station 最寄駅:JR・市営地下鉄関内駅、みなとみらい線馬車道駅徒歩4分
Icon_location 神奈川県 横浜市中区相生町4-69 関内和孝ビル5階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Icon_station 最寄駅:広島電鉄線・家庭裁判所前駅徒歩1分
Icon_location 広島県 広島県広島市中区上幟町2-44 カーサ和光401
Icon_calender 定休日:
Icon_station 最寄駅:大和駅
Icon_location 神奈川県 大和市大和東2丁目2−3 ライオンズビル大和 3F
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Icon_station 最寄駅:津山駅
Icon_location 岡山県 津山市椿高下 45-2
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
82件 | 東京都 交通事故が得意な弁護士 (7682件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

東京都の交通事故発生件数(平成26年時点)

東京都の交通事故件数は人身事故や物損事故の件数は年々減少傾向にあるものも、以前全国でトップクラスを誇っているのは間違いない。特に交通事故の発生件数が多いトップ5は「港区」「新宿区」「台東区」「大田区」「世田谷区」などの繁華街が中心となっています。一方交通事故の訴訟件数はここ10年で約5倍の件数に登り、背景には自動車保険会社の弁護士保険の認知向上がその理由の一端を担っているものと思われます。しかし、交通事故やトラブルが発生した際の慰謝料や示談金の交渉を保険会社任せにしたり、事故に関する悩みを独力で解決し、弁護士へ相談した時には苦しい状況になっているケースは未だ存在していますので、東京都で交通事故にあった際は交通事故の専門弁護士に相談することをおすすめしています。

東京都の交通事故発生件数は全国で第4位

東京都における交通事故の発生件数(平成26年時点)は37,184件で、愛知、大阪、福岡に次いで全国第4位となっています。平成16年の84,513件に比べれば約半数まで減少したことになりますが、それでもいずれ交通事故発生件数はトップを走っています。

東京都の死傷者数

東京都の交通事故による死傷者は平成25年には48,855人で、交通事故発生件数よりも多いという現状ではありますが、平成20年には69,884人という数値から見たらだいぶ減少したことになります。一方で交通事故の死傷者のほとんどは歩行中の65歳以上高齢者となっています。平成16年度には10.2%でしたが、平成25年度には19.2%に上昇。件数は約8,600件から約8,000件に下がったものの、高齢運転者の事故件数は以前大きな問題となっています。

発生地域トップは八王子市と立川市

平成26年の警視庁統計資料によれば、東京都で最も交通事故が発生した場所は「八王子市:936件」と「立川市:892件」でした。首都圏に事故が集中しているイメージがあるが、少し外れた地域の方が自動車の利用率も高く、この2都市のトップは5年以上変わっていません。

交通事故の多い時間帯

交通事故の発生月に大きな変動は見られませんが、曜日別と時間帯別では大きな差が生まれています。平成25年に起きた交通事故のうち、火曜日:6,505件、金曜日:6,911件と、他の曜日に比べて約1.4倍の発生率を記録。さらに、事故が発生する時間帯は午前8時〜10時と16時〜18時の2回に分けて、交通事故が発生する割合が最大で5倍差が出ている結果となっています。

交通事故の訴訟件数|東京都

東京都の交通事故訴訟件数は、ここ10年で50%以上に増加しています。平成22年度の交通事故関連の裁判件数は1,000件以上と、10年前の約1.5倍以上、簡易裁判所の訴訟件数は2倍以上増加しました。交通事故発生件数が平成12年度の93万件以上から、平成21年の73万件の20万件以上減ったのに対し、逆に訴訟は増えている計算になります。

加害者側の保険会社と被害者側が若いに応じず、交通事故裁判に持ち込まれるケースが多いことからも物損事故や人身事故の過失割合の有無が争われていることがわかります。裁判となった場合、自分を弁護してくれるのは弁護士しか居ません。東京都の交通事故裁判は、交通事故専門の弁護士に任せるべきでしょう。

弁護士費用特約の加入率と利用率

平成25年の弁護士白書によれば、弁護士費用特約に加入している人は2,091万人で、平成17年の93万人に比べればここ10年あまりで22倍になった計算になり、弁護士費用特約そのものの認知はかなり上がったと言え、自動車に乗る方のほとんどは特約の付帯をしていることになります。しかし、平成22年に発表された利用件数は約8,200件とされ、実際にこの特約利用者の割合は、わずか0.05%に留まっています。これらの理由としては、「弁護士費用特約が付帯されている事を知らない」「利用できるケースを知らない」「当事者間で解決してしまっている」などが考えられます。実際、当事者間で納得の行く解決が行われているのであれば問題はないのですが、そうでない場合は特約をつかった弁護士の利用を強くおすすめしています。

東京都で交通事故が得意な弁護士をお探しの方へ

東京都で交通事故のトラブルに巻き込まれてしまったら、東京都に法律事務所を構える弁護士か、全国で交通事故問題に対応できる弁護士に相談してみると良いでしょう。示談交渉や後遺障害等級の獲得、損害賠償や慰謝料などの増額がスムーズに進み、被害者の望む結果を獲得できることは間違いありません。

電話相談・メール相談などの相談料は無料ですので、まずはあなたが抱えているお悩みを相談してみてください。