相手方保険会社の示談提案を弁護士が精査、裁判基準に引き直し、傷害慰謝料を裁判基準額満額で示談することができた事案

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 相手方保険会社の示談提案を弁護士が精査、裁判基準に引き直し、傷害慰謝料を裁判基準額満額で示談す...
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
50代/女性
車対車
頚椎捻挫
57万円
その他
この事例を解決した事務所: 【津田沼】弁護士法人リーガルプラス

事故の状況

ご依頼者の車が停止中、後ろから加害者の車に追突された。

依頼内容

ご依頼者の方は頚椎捻挫等の傷害を負い、保険会社から示談金額の提示がなされた後、その内容が適正かわからずご相談にこられました。

対応と結果

当初、保険会社から、保険会社の基準で慰謝料額が提示されていましたが、裁判基準に引き直すと、慰謝料との額として妥当ではありませんでした。そこで、通院期間に応じた慰謝料として、適正な金額を獲得すべく、裁判基準に引き直して請求し、交渉しました。

また、兼業主婦である場合、現実の収入額と女性労働者の平均賃金額のいずれか高い方を基礎として、休業損害を算出します。本件の被害者はパートと家事を両方こなす兼業主婦でしたが、女性労働者の平均賃金額の方が高かったため、女性労働者の平均賃金額を基礎として家事従業者としての休業損害を請求しました。しかし、パートの仕事の休業損害をある程度受け取っていたことや通院交通費等の損害ついて事前に相当額の金額を受領していたこともあり、パートの仕事の休業損害以上の金額で応じることはできないとの対案がきました。

そこで、実際のパートの仕事の休業日数(遅刻・早退含む)に基づき、女性労働者の平均賃金額を基礎として損害を算定し直して請求した結果、事前提案額からの休業損害の増額は応じてもらえなかったものの、その代わりとして傷害慰謝料は裁判基準額満額で示談することができました。

Office info 202012011040 28401
最寄駅:JR津田沼駅北口 徒歩1分、新津田沼駅 徒歩5分
千葉県船橋市前原西2-14-2津田沼駅前安田ビル10階1002号室
定休日: 日曜 祝日
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
14時42分現在、営業時間内です。
お気軽にお電話下さい。親身にご回答します
050-5228-2839
メールで問合せする