傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益いずれも低い示談提案額だったため、弁護士が裁判基準額で請求し、ほぼ満額に近い金額で示談した事案

交通事故弁護士ナビTOP > 解決事例 > 傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益いずれも低い示談提案額だったため、弁護士が裁判基準額で請求...
ご依頼者
事故状況
受傷部位・傷病名
増額した金額
後遺障害等級
30代/男性
車対車
腰椎捻挫、頚椎捻挫
122万円
14
この事例を解決した事務所: 【船橋】弁護士法人リーガルプラス

事故の状況

ご依頼者の車が停車中、加害者の車に追突された。

依頼内容

相手方保険会社より示談提案があり、その内容が適正かわからず相談にこられました。

対応と結果

当初、相手方保険会社からは、裁判基準額と比較すると、傷害慰謝料は約25万円、後遺障害逸失利益は約25万円、後遺障害慰謝料は70万円低額な提案がきていました。当事務所が、裁判基準額に引き直して請求して交渉した結果、裁判基準額に近い金額で示談することができ、総額120万円程度増額することができました。

Office info 202009161151 28401
最寄駅:JR船橋駅南口より徒歩7分、京成船橋駅東口より徒歩5分
千葉県船橋市本町3-36-28ホーメスト船橋ビル 5階
定休日: 日曜 祝日
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
通話料
無 料
13時08分現在は営業時間外となります。
メールで問合わせのご利用をオススメします。
050-5228-2839
メールで問合せする