> 
 > 
 > 
弁護士の無料相談を利用する基礎知識と相談サイトまとめ
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.10.3

弁護士の無料相談を利用する基礎知識と相談サイトまとめ

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_28431093_m

最近では、『無料相談』を行う弁護士事務所が増えてきました。弁護士への相談料は1時間で5,000円〜1万円前が相場で、あまりお手軽な価格とは言えませんでした。しかし、無料相談サービスの普及により、以前より法律相談を利用しやすくなっています。

 

とはいえ、普通に生活をしていて法律問題に悩まされる状況は珍しいもの。無料だとは知っていても、勝手がわからず、法律相談の利用に抵抗を感じる人も少なくないのではないでしょうか。

 

この記事では、弁護士の無料相談を利用するメリットや依頼前の準備など、法律相談の基礎知識をご紹介します。また、相談先を探すのに役立つおすすめサイトも紹介していますので、無料相談の利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

無料法律相談に対応した

弁護士・法律事務所が探せる

弁護士ナビシリーズ

『弁護士ナビシリーズ』は、離婚問題や刑事事件などの分野から、それぞれの分野を得意とする弁護士を探せるサイトです。掲載弁護士・法律事務所には無料相談に対応している場合も多いので、あなたが相談したい分野に注力している弁護士がみつかります。

ちょっと聞きたいだけ』という場合は、

法テラスへの相談がおすすめです。

債務整理ナビ|借金返済、取り立ての解消、過払い金請求などが得意な専門家がみつかる

【対応内容】過払い金請求任意整理自己破産個人再生など、さまざまな借金減額に対応。【相談料無料】【匿名相談OK】【電話相談可能】の事務所も多数掲載。

相続弁護士ナビ相続問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】遺留分請求財産使い込み返還遺言書の作成相続放棄の手続き、その他相続トラブル全般に対応。『初回面談料無料』『土日・祝日対応』の事務所も多数掲載。

離婚弁護士ナビ|離婚問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料(増額・減額)、財産分与、親権獲得、その他調停・裁判

交通事故弁護士ナビ被害者向け

∟ 交通事故の問題解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料の増額請求、示談交渉、後遺障害、過失割合など

刑事事件弁護士ナビ加害者向け

∟ 逮捕された場合の弁護が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】痴漢・わいせつ、詐欺、傷害、薬物、窃盗、暴行、殺人など

IT弁護士ナビ

∟ ネットの誹謗中傷削除や開示請求が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】掲示板・SNSの情報削除、風評被害、名誉毀損など

債権回収弁護士ナビ

∟ 借金・売掛金の回収など債権回収が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】売掛金、残業代、家賃、養育費・慰謝料、キャンセル代など

労働問題弁護士ナビ

∟ 労働問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】未払いの残業代請求、不当解雇、雇い止めなど

総合検索サイト『あなたの弁護士』

∟ 得意分野や『着手金0プランあり』『初回相談料が無料』など、幅広い内容で弁護士を探せる。

【対応内容】不動産トラブル行政事件医療問題その他の法律問題全般に対応。

交通事故が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

 

弁護士の無料相談を利用する2つのメリット

法律問題を抱えている状況であれば、弁護士の無料相談をすぐに利用するべきです。まずは、弁護士の無料相談を利用するメリットを確認していきましょう。

 

無料相談だけで問題が解決できる可能性がある

相談内容によっては、弁護士からのアドバイスを受けるだけで問題が解決するケースもあります。例えば、法的根拠がまったくないのに訴えてやると言われた際の対処法や、法律内容の確認などであれば、相談だけで悩みが解消される可能性があるでしょう。

 

ただ、相談での解決が難しい場合は、弁護士への依頼が必要になるケースもあります。その場合は、弁護士に解決策や依頼料を確認していったん持ち帰り、後日どう対処していくかを検討してみてください。

 

依頼先を決定する有力な判断材料になる

無料相談を利用したからといって、必ずその弁護士に依頼をする必要はありません。ですから、無料相談は依頼先を判断する目的での利用も可能です。

 

無料相談は最初の1回までと定めている弁護士事務所が多いですが、相談先を変えれば何度でも無料相談を受けられます。弁護士への依頼を検討している場合には、複数の弁護士から相談を受けて、その中でご自身と合う依頼先を選ぶとよいでしょう。

 

相談先は弁護士の得意分野を考慮して選ぼう

法律問題の種類は多岐に渡るため、すべての分野に注力するのは困難です。法律のプロである弁護士でも、すべての分野の法律問題を解決した経験があるわけではありません。

 

そのため相談先の選択は、弁護士がどの分野に力を入れて取り組んでいるかを考慮することが重要です。弁護士によって得意分野は異なるので、相談前に必ず弁護士の活動内容を確認しておきましょう。

 

ただ、個人で弁護士の得意分野まで調べて依頼先を探すのは、大変手間かと思われます。そこで、ここでは法律問題の分野ごとに弁護士を掲載しているおすすめサイトを紹介しますので、相談先を選ぶときの参考にしてみてください。

 

相談する法律問題の分野

 

交通事故に関するトラブル(被害者向け)

交通事故の被害者は、弁護士を雇うことで大きな恩恵を受けられます。加害者と保険会社への対応や示談交渉を任せられるだけでなく、弁護士基準という慰謝料が増額する計算方法での損害賠償の請求が可能です。

 

交通事故被害で請求できる損害賠償は、事故後の対応によって金額が大きく変わります。ですから、事故対応でトラブルやわからない手続きがある場合には、なるべく早めにご相談ください。

 

交通事故に関して弁護士に無料相談できる事

慰謝料について

後遺障害について

示談交渉について

過失割合について

損害賠償について

人身事故について

 

遺産相続に関するトラブル

遺産相続を揉めることなく進めるには、遺産相続についての専門知識が必要不可欠です。仲がいい親族同士でも、遺産相続が原因で険悪な関係になってしまうケースは珍しくありません。

 

身内の問題だからとあやふやにしてしまうと、後になって大きな問題となる可能性があります。弁護士のアドバイスを受けながら進めていくのが、最も確実な対処法でしょう。

 

遺産相続に関して弁護士に無料相談できること

遺言に関する相談

遺産分割に関する相談

相続放棄に関する相談

遺留分に関する相談

代襲相続に関する相談

成年後見制度に関する相談

 

離婚問題に関するトラブル

離婚は、法律問題の中ではかなり身近なものです。周囲の経験者やインターネットから多くの知識を得やすいでしょう。そのため、当事者だけでも何とかなりそうだと感じるかもしれません。

 

しかし、離婚問題はお互いが感情的になりやすい傾向があるため、高確率でトラブルが発生しやすい分野であるともいえます。冷静な話し合いが難しく、手続きを進めるのが困難な状況であれば、弁護士に相談した方がよいでしょう。

 

離婚問題に関して弁護士に無料相談できること

離婚調停に関する相談

離婚慰謝料に関する相談

親権(子供)に関する相談

財産分与に関する相談

モラハラに関する相談

DVに関する相談

養育費に関する相談

国際離婚に関する相談

 

刑事事件に関するトラブル

性犯罪、詐欺、傷害など、刑事事件にはさまざまな種類があります。また、もし起訴されて有罪判決を受ければ前科がつきます。場合によっては実刑判決を受けて刑務所行きとなることもあるでしょう。

 

弁護士に相談をすれば、起訴を回避したり、執行猶予判決を受けることで収監を回避したりできるかもしれません。

 

刑事事件に関して弁護士に無料相談できること

痴漢・わいせつに関する相談

詐欺に関する相談

傷害事件に関する相談

薬物犯罪に関する相談

窃盗罪に関する相談

暴行罪に関する相談

殺人罪に関する相談

背任罪・横領罪に関する相談

 

労働問題に関するトラブル

労働問題は、労働者が自分で会社に対して交渉しなければ解決しないものです。例えば、サービス残業に納得いかずに残業代を請求するのであれば、自ら会社に対して支払いを要求しないといけません。

 

とはいえ、ご自身の意見だけでは会社から無視されるかもしれません。そんなときは弁護士の力を借りましょう。弁護士からアドバイスを受け、労働法を基にした適切な対処法をとることにより、労働問題の悩みを解消できる可能性を高められるでしょう。

 

労働問題に関して弁護士に無料相談できること

残業代請求に関する相談

不当解雇に関する相談

解雇予告に関する相談

内定取消に関する相談

雇い止めに関する相談

労働災害に関する相談

労働裁判に関する相談

パワハラに関する相談

 

債務整理に関するトラブル

借金を背負ってしまい支払いが苦しい状況に陥っている場合、そのまま放置を続けると、借金がどんどん膨れ上がってしまうかもしれません。可能な限り、早めに解決策を模索した方がよいでしょう。

 

弁護士に債務整理を依頼して借金が100万円以上減ったというケースもありますので、決して一人だけで抱え込まず、すぐに弁護士に相談してください。

 

債務整理に関して弁護士に無料相談できること

過払い金請求に関する相談

任意整理に関する相談

個人再生に関する相談

自己破産に関する相談

ヤミ金問題に関する相談

借金返済に関する相談

 

債権回収に関するトラブル

債権回収では『債務者とは極力わだかまりなく解決したい』といった要望もあれば、『裁判をしてでもきっちり回収したい』といった要望があるでしょう。

 

債権回収を得意とする弁護士なら、状況に応じて最適な方法を提案してくれます。また、弁護士に無料相談をすることで、諦めかけていた債権の回収方法も見つかるかもしれません。無料相談でアドバイスを受けることで、ご自身の状況に適した対処法を確認することが可能です。

 

債権回収に関して弁護士に相談できること

売掛金回収に関する相談

業務請負・委託代金に関する相談

家賃回収に関する相談

給料・残業代回収に関する相談

借金回収に関する相談

養育費・慰謝料回収に関する相談

 

弁護士に相談をする5つの方法

弁護士への相談は対面形式が一般的ですが、事務所によってさまざまな相談方法が用意されています。弁護士への主な相談方法は以下の5種類です。

 

弁護士に相談する方法

  • 面談による相談
  • メール相談
  • 電話相談
  • 出張相談
  • FAX相談

 

ただし、基本的には面談での相談がベストです。その点を踏まえつつ、以下でそれぞれの相談方法を確認してみてください。

 

面談による相談

1対1の面談形式で行う方法のため、あなたの抱えている問題を詳細に伝えることができます。ご自身がどんな状況に置かれているのかを正確に把握することができ、今後どういったことになるのか、解決策としてなにができるのかを理解する場としては、これ以上の方法はないでしょう。

 

メール相談

相談すべき内容が整理できていなかったり、まだ相談すべきかどうか迷っていたりと、自分の言いたいことをまとめてから相談したい場合は、メール相談がおすすめです。ある程度問題の内容を整理して送ることで、弁護士も解決までの道筋を立てやすくなります。

 

残業代請求の証拠や浮気現場の証拠など、法律問題を解決するのに役立つ資料がある場合には、その存在の有無もお伝えください。証拠があるかどうかによって、問題の解決策も変わります。より適切なアドバイスを受けられるでしょう。

 

電話相談

一刻も早く法律相談をしたい場合には、電話相談がおすすめです。ただ、電話相談は時間が15〜30分ほどと時間が限られているので、事前に相談内容を整理してから電話をかけましょう。

 

なお、もし相談から依頼を決定した場合には、結局対面で弁護士と契約を結ぶ必要があります。最初から依頼を検討している場合には二度手間になってしまうので、電話相談よりも面談による相談をおすすめします。

 

出張相談

体が不自由で遠方に出向くことは難しい人のために、弁護士事務所によっては自宅まで出向いてくれる場合もあります。ただ、出張相談を実施しているかどうかは弁護士次第です。またその場合は、通常は法律相談費用、日当、交通費等が請求される可能性があります。

 

事前に電話などで、確認してみてください。

 

FAX相談

あまり使われない方法ですが、FAXで無料法律相談を受け付けている弁護士もいます。メールによる無料相談と同様、ご自身の状況を整理して、抱えている問題の内容を正確に伝えることを意識しましょう。

 

無料相談を利用する際の準備・心得

法律問題を解決するには、依頼主がご自身の抱えている問題・状況を、弁護士に正確に伝える必要があります。何の準備もなく相談しては、問題解決につながる可能性は低くなってしまうでしょう。

 

ここでは、無料相談を利用する際の準備と心構えをご紹介します。

 

相談内容を事前にメモしてまとめておく

無料相談とはいえ、時間は有限です。限られた時間で抱えている悩みを解消したいのであれば、なるべく早く、かつ的確に、弁護士にご自身の状況を伝える必要があります。そのため、事前に話したい内容を整理して、メモにしておくことをおすすめします。

 

どんなに頭の中で整理しても、うまく伝えられないことは多いものです。もし面談での相談に不安を感じるのであれば、事前に相談内容をまとめた書類を作成してみてもよいかもしれません。

 

証拠があれば持参する

証拠の有無によって、弁護士が提案できる解決策も変わってきます。ご自身の主張を裏付ける証拠があれば、法律問題を解決できる可能性はぐっと高まるでしょう。提出できる証拠資料がある場合は、相談時に必ず持参しましょう。

 

「証拠として使えるのかな」というあいまいなものでも、弁護士に見せれば判断してもらえます。ですから、抱えている問題に関係しそうなものを可能な限り集めてから、無料相談に臨んでみてください。

 

自分に不利な内容も隠さずに話す

自分に不利なことや後ろめたいことがあると、隠してしまう方もいます。しかし、弁護士はあなたの敵ではないですし、何より知らない事実があると弁護士は適切な対処法を提案できません。

 

あなたにとって不利な事実があったとしても、弁護士にはすべてを包み隠さず伝えるようにしましょう。

 

弁護士への依頼を決定する3つのポイント

無料相談では問題を解決できなかった場合、弁護士への依頼を検討する必要もあるでしょう。そこで、弁護士への依頼を決定するポイントを3つご紹介します。

 

依頼を検討している弁護士がいる場合は、以下の3つのポイントを満たしているかを確認してみてください。

 

相談者にわかりやすく説明してくれる

法律問題では難しい専門用語が飛び交います。ただ、相談者のことを考えてくれている弁護士であれば、一般の人にもわかりやすい言葉に言い換えて説明してくれるでしょう。

 

法律問題を解決するためには、相談者と弁護士の間で認識の相違が生じてはいけません。ですから、相談者がわからないことがないよう丁寧に対応してくれる弁護士であれば、依頼後も心強いパートナーとなってくれるはずです。

 

料金体系が明確である

弁護士への依頼にかかる費用は、依頼先によって金額も料金体系も異なります。ですから、料金体系がわかりやすく費用も依頼前に見積もりを出してくれるかという点も、重要な判断材料の1つです。

 

なお、料金が高いほどその弁護士が優れているというわけではありません。他の弁護士と比較してあまりにも費用が高いようであれば、依頼は慎重に検討した方がよいかと思われます。

 

過去に懲戒処分の経験がない

弁護士でも何か問題を起こしている場合は、懲戒処分を受けることになります。懲戒処分を受けている弁護士は絶対に信用できないというわけではありませんが、リスクを考慮するなら依頼は避けた方が無難でしょう。

 

懲戒処分の有無は『弁護士懲戒処分検索センター』で確認ができます。

 

まとめ

弁護士への無料相談は、その弁護士が得意とする分野を考慮して、相談先を選ぶことが重要です。また、問題の解決策を得るには、自分の現状を正確に伝える必要があります。ですから、依頼は必ず相談内容をメモして、伝えたいことを整理しておきましょう。

 

無料相談を利用すれば、一人で悩み続けるよりも、抱えている問題を解決できる可能性はぐっと高くなります。相談が早いほど解決の選択肢は増えますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

無料法律相談に対応した

弁護士・法律事務所が探せる

弁護士ナビシリーズ

『弁護士ナビシリーズ』は、離婚問題や刑事事件などの分野から、それぞれの分野を得意とする弁護士を探せるサイトです。掲載弁護士・法律事務所には無料相談に対応している場合も多いので、あなたが相談したい分野に注力している弁護士がみつかります。

ちょっと聞きたいだけ』という場合は、

法テラスへの相談がおすすめです。

債務整理ナビ|借金返済、取り立ての解消、過払い金請求などが得意な専門家がみつかる

【対応内容】過払い金請求任意整理自己破産個人再生など、さまざまな借金減額に対応。【相談料無料】【匿名相談OK】【電話相談可能】の事務所も多数掲載。

相続弁護士ナビ相続問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】遺留分請求財産使い込み返還遺言書の作成相続放棄の手続き、その他相続トラブル全般に対応。『初回面談料無料』『土日・祝日対応』の事務所も多数掲載。

離婚弁護士ナビ|離婚問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料(増額・減額)、財産分与、親権獲得、その他調停・裁判

交通事故弁護士ナビ被害者向け

∟ 交通事故の問題解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】慰謝料の増額請求、示談交渉、後遺障害、過失割合など

刑事事件弁護士ナビ加害者向け

∟ 逮捕された場合の弁護が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】痴漢・わいせつ、詐欺、傷害、薬物、窃盗、暴行、殺人など

IT弁護士ナビ

∟ ネットの誹謗中傷削除や開示請求が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】掲示板・SNSの情報削除、風評被害、名誉毀損など

債権回収弁護士ナビ

∟ 借金・売掛金の回収など債権回収が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】売掛金、残業代、家賃、養育費・慰謝料、キャンセル代など

労働問題弁護士ナビ

∟ 労働問題の解決が得意な弁護士がみつかる

【対応内容】未払いの残業代請求、不当解雇、雇い止めなど

総合検索サイト『あなたの弁護士』

∟ 得意分野や『着手金0プランあり』『初回相談料が無料』など、幅広い内容で弁護士を探せる。

【対応内容】不動産トラブル行政事件医療問題その他の法律問題全般に対応。

交通事故が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

示談に関する新着コラム

示談に関する人気のコラム


示談コラム一覧へ戻る