交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 弁護士への依頼・相談 > 交通事故の弁護士依頼で後悔するケース|弁護士選びと弁護士変更の方法
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2021.1.7  更新日:2021.1.25

交通事故の弁護士依頼で後悔するケース|弁護士選びと弁護士変更の方法

交通事故トラブルの解決を弁護士に依頼したものの、費用の割に良い結果を得られなかった・弁護士との相性が合わなかったという後悔の声が散見されます。

弁護士は法律の専門家であり、交通事故被害者にとって頼りになる心強い存在ですので、ほとんどの場合は弁護士選びさえ間違えなければ後悔するようなケースにはならないでしょう。

それでは、どのような弁護士に依頼してしまうと後悔してしまうのか?後悔しないためにはどのようなことに注意すれば良いのか?この記事でくわしく解説します。

ポイント
慰謝料請求や弁護士費用など、大きなお金が動くことになりますので、これから弁護士への依頼を検討中の方や、現在弁護士に依頼中だが弁護士に対して納得がいかないという方は特に参考にご覧ください。

交通事故が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄
この記事に記載の情報は2021年01月25日時点のものです

交通事故トラブルの解決を依頼すると後悔するかもしれないケース

どのような弁護士に依頼をすると後悔してしまうのか?その特徴について見ていきましょう。

ポイント
既に弁護士に依頼しており、以下の点に思い当たる節がある方は、他の弁護士への変更を検討することをおすすめします。変更の手順については「依頼後に弁護士を変更する手順」でくわしく解説しています。

弁護士の対応が悪い

弁護士も人ですから相性がありますし、状況によっては忙しくて対応がおろそかになる場合もあります。タイミングや相性が悪かったと割り切って、他の弁護士に切り替えた方が良い結果に繋がるケースもあります。

連絡や対応が遅い

交通事故後の対応はスピードが重要になります。しかし、多くの案件を抱えているなどして、対応が遅れがちな弁護士が担当になることもあります。

複数の弁護士が所属している事務所であれば、他の弁護士が対応してくれることもあるかもしれませんが、事務所を一人で切り盛りしている弁護士は特に、対応が追い付かずに連絡や反応が遅くなってしまうことがあります。

依頼前から、少しでも反応が遅いなと感じたら他の弁護士事務所を検討してみても良いかもしれません。

相性が合わない

中には、相談者に横柄な態度を取ってしまう弁護士もいるかもしれません。また、単純に相性が合わないというケースもあるでしょう。

弁護士からしたら日々の業務かもしれませんが、依頼者からすれば交通事故での慰謝料請求は一生に一度あるかどうかの一大事です。そのことをしっかり理解し、親身になって相談に乗ってくれる弁護士に依頼するようにしてください。

相談の段階で無理に契約を迫ろうとしてくる弁護士や、淡々と結論だけ述べる弁護士(人によってはこちらの方がスムーズと思う人もいるでしょう)など、少しでも「心配だな…」「頼れないな…」と思う部分があれば、後悔しないためにも簡単に依頼はしない方が良いでしょう。

費用面で損をしてしまう

交通事故トラブルの解決を弁護士に依頼すると、慰謝料などの入ってくるお金も支払う弁護士費用も高額になります。弁護士の実力や対応次第で、何十万円~数百万円の違いが出てきてもおかしくありません

費用面で後悔しないためにも、安心して任せられて実績もある弁護士を選ぶようにしてください。

思った以上に慰謝料が増えない

自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準

交通事故に遭った際に弁護士に頼る大きなメリットの一つに、保険会社が提示してくるような慰謝料の基準ではなく弁護士基準で交渉を進められる点があります。

具体的な内容にもよりますが、保険会社から提示されていた慰謝料の倍額以上請求できるケースも少なくありません。

しかし、実際に弁護士に依頼してみたところ、さほど慰謝料の額も変わらずに後悔してしまうこともあるようです。

同じ内容でも依頼する弁護士の実力によって請求できる金額が変わってきます。後悔しないためには、最低でも交通事故に力を入れている弁護士に絞って依頼すべきです。

費用倒れする

交通事故の弁護士費用の大部分は、成功報酬で増額できた賠償金の〇%に設定されています。増えた賠償金に弁護士費用も左右されるため、費用倒れするケースは少ないのですが、依頼内容によっては費用倒れしてしまうケースも無いとは言えません。

例えば、獲得できる賠償金は少ないのに着手金が高い弁護士に依頼してしまったようなケースがこれに該当します。賠償金をより多く獲得したいのに、弁護士費用が上回ってしまえば元も子もありません。

このような費用倒れで後悔しないためにも、賠償金がこれ以上増えそうにない場合には弁護士相談のみにとどめておいたり、着手金無料の弁護士事務所を選んだりするなどしてください。

弁護士費用で揉める

滅多にないことですが、後から追加になった弁護士費用や契約内容などについて弁護士と揉めるケースもあります。

このようなことが起きないためにも、弁護士選びは慎重に行い、依頼前から費用や契約内容についてしっかり確認を取っておくべきなのですが、それでも揉めてしまった場合には、各都道府県の弁護士会に報告・相談してください。

弁護士特約に入っていなかった

これは弁護士のせいではないのですが、ご自身の自動車保険で弁護士特約に加入していなかったことで、弁護士費用が自己負担になったことを後悔している方が多くいます。

弁護士特約とは自動車保険のオプションのようなもので、交通事故が起きて弁護士に依頼する際に保険会社が弁護士費用の一部を負担してくれる制度です。

  1. 相談料・書類作成:10万円まで
  2. 弁護士費用:300万円まで

弁護士特約を利用すれば、上記の金額まで弁護士費用が負担されます。よっぽど高額な慰謝料請求でもない限り弁護士費用は弁護士特約でまかなえてしまうので、「入っておけば…」と、後悔している方がいるかもしれませんね。

事故が起きた後に今さら弁護士特約を追加するわけにはいきませんが、本人の記憶がないだけで実は加入しているケースもあります。弁護士特約が付いているかどうかを保険会社に確認することだけは忘れずに行ってください。

弁護士依頼の必要性が低いのに依頼してしまう

交通事故の被害が軽微であったり、すでに加害者側と交渉がまとまっていたりするケースでは、弁護士に依頼したところでこれ以上状況を良くできないことも多いです。

この場合、無理に弁護士に依頼しても、費用だけがかかって後悔のもととなってしまうので、かなり慎重に依頼するようにしましょう。

「依頼すべきでしょうか?」と相談する分には全く問題ありません。一般的な良心を持った弁護士であれば不要なら不要ときっぱり答えてくれるでしょう。

被害が少ない場合

交通事故の被害が少ないと、弁護士が介入しても賠償金を増額できないケースがあります。そのような場合、弁護士費用が高くなって後悔することがあるかもしれません。

  1. 物損事故
  2. 通院期間が3ヵ月未満

目安としては、上記の被害未満であれば、弁護士に依頼しない方が金銭的には合理的な場合が多いです(弁護士特約に加入していない場合)。気になる方は、具体的な状況をまとめて、費用対効果はあるのかどうかを弁護士に直接相談してみると良いでしょう。

示談成立などある程度話が進んでしまっている場合

いくら弁護士でも、加害者側と交渉の上で決めた内容を覆すことは難しいです。そのため、弁護士への相談・依頼はなるべく早い段階から行うのが望ましいでしょう。

相手保険会社としては、なるべく早くに低い示談金で解決したいと考えていますので、親切に手際よく話を進めてくることが多いです。

交通事故の被害に遭った場合は、なんでも簡単に鵜呑みにせず、第三者(弁護士)からの意見を早い段階から取り入れることが後悔しないためのポイントです。

交通事故トラブルの解決を弁護士に依頼して後悔した3つの体験談

こちらでは、交通事故で弁護士に依頼して後悔したという実例・体験談を3つご紹介します。

※弁護士ドットコムのQ&Aに寄せられた、弁護士に対する苦情からいくつか抜粋してご紹介します。

対応が遅い|4ヶ月以上の放置

対応が最悪で(4ヶ月以上も保険会社との契約がまだ済んでないと放置されたりこっちから二回連絡し折り返しますと言ったのに無視する・1ヶ月に一度は連絡下さいと言っても無視等)苦情を言おうと思うのですがどのように言ったら言いのでしょうか?

引用:弁護士への苦情について|弁護士ドットコム

4ヶ月以上放置されて苦情を入れたいとの相談です。交通事故から4ヶ月間というと相当長い期間ですし、連絡しても無視されるとなると非常に対応も悪いですね…。詳しい事情は分かりませんが、このような対応をされると、心配を通り越して憤りまで感じてしまいそうです。

「この弁護士以外に依頼していれば、手早く解決してもらって、もうすでに賠償金も受け取れていた」と、考えると非常に強く後悔しそうな内容です。

交通事故紛争処理センターの弁護士が信用できない

交通事故紛争処理センターの弁護士が金額計算ミスしたり、保険会社の提示金額より金額が少なくなったり全く持って信用なりません。

センターへクレーム、弁護士へのクレームをつけたいのですが、可能でしょうか?

センターの職員は話しを聞いてくれません。

引用:交通事故紛争処理センターの弁護士|弁護士ドットコム

全国11ヶ所に『交通事故紛争処理センター』という、交通事故による示談交渉の代理、保険会社との和解や弁護士のあっ旋、審査業務などを無料で行なっている機関があります。

交通事故紛争処理センターの大きなメリットに弁護士費用をかけずに無料で弁護士を選任してもらえるというものがありますが、一方で選任される弁護士は自分で選ぶことができません

こちらの方のように、信用できない弁護士が選任されて非常に後悔している人もいます。自分で納得できる形で弁護士を選んだ方が後悔も少ないのかもしれません。

解任したい…新たな問題も発生

多忙なのか 連絡ほしいと伝えても ありません。

これからの対策や方法の

打ち合わせを 急かしてますが、

返答がありません。

大抵は こんなものなのでしょうか?

解任したいと考える様になりました。

着手金を返戻してほしいとも 考えました。

なぜ やる気が無い弁護士に 頼んだのか

情けなくなりました。

事故についてだけでも 精神的に苦痛でしたが

新たな問題に 怒りと呆れてしまいました。

引用:事故の被害者です。私の弁護士の相談|弁護士ドットコム

こちらの方も弁護士の対応が悪い・やる気がないとのお悩みです。事故被害者は、事故後対応だけで大変なのに、弁護士との間でも揉め事が発生してしまうと、本当に余計な苦労が増えます

この方は解任も考えていますが、着手金等で揉めることも考えられます。そうなった場合、回答弁護士がおっしゃる紛議調停という新たな問題・手間が生じてしまいます。

本当なら力になってくれる弁護士のはずなのに、弁護士選びで失敗したばっかりに余計な問題が起き、大きな後悔に繋がることがあります。本当に弁護士選びは大事なのです

後悔しないための交通事故弁護士の選び方

ここまで、どのような弁護士に依頼すると後悔するか?という点について解説しました。これらを踏まえて、ここではどういった弁護士に依頼すれば後悔が少ないのかを解説します。

依頼の前に無料で相談できる弁護士事務所も多いので、以下のポイントを重視して後悔しない弁護士選びをしましょう。

交通事故問題に力を入れている弁護士に限定して探す

弁護士は、法律に関する一通りの知識は持ち合わせていますが、スポーツ選手のポジションのように、得意分野・注力分野があります

交通事故の弁護士依頼で後悔しないためには、必ず交通事故分野に力を入れている弁護士に絞って相談・依頼してください。

当サイトでは交通事故に力を入れている弁護士を多数掲載しています。

相談してみて相性を判断する

上でも触れましたが、弁護士も人です。相性もありますし、その時のタイミングで対応の質が変わることもあります。弁護士の人となりを知るためには、実際に相談してみてその弁護士が実際に発する言葉や態度を知ってみることです。

今はメールや電話で簡単に弁護士に相談できる機会が増えていますので、ぜひ弁護士選びの一環として、気になる弁護士には積極的に相談してみてください。初回相談料無料も多くありますので、有効活用しましょう。

弁護士費用特約を利用する

弁護士に依頼する前には、加入の保険会社に弁護士特約の有無を確認してみてください。数年前に加入した保険の詳細など案外忘れていることも多いです。

交通事故に遭ってバタバタしている時期ではあるでしょうが、せっかく弁護士特約に加入しているのに利用しないのは損なので、忘れずに確認しましょう。

交通事故で弁護士に依頼するメリット

ここまで交通事故で弁護士に依頼した場合の後悔について解説してきましたが、ズバリお伝えすると、交通事故に遭ったのに全部自分で対応してしまうことが一番の後悔です。

上でも説明した、被害が少ない場合や示談が進んでいる場合以外は、ぜひとも弁護士に依頼してください。

こちらでは交通事故に遭った人が弁護士に依頼するメリットについてまとめました。詳しくは以下の記事でも解説していますので、気になる方は後で参考にしてみてください。

慰謝料が増額する可能性が高くなる

上でもお伝えしたように、交通事故トラブルの解決を弁護士に依頼する大きなメリットは、慰謝料増額が期待できる点です。

当サイトでは、掲載している弁護士の事例を具体的な金額とともに紹介しています。以下をご覧いただくとわかるように、数百万円~数千万円の増額に成功しているケースも多々あるのです。

約320万円の増額に成功した事例

むちうちで後遺障害認定を受け、過失部分についても回収できた事例
依頼者 50代女性
事故状況 車対車
受傷部位 頸椎/腰椎
後遺障害等級 14級
弁護士依頼前 約130万円
弁護士依頼後 約450万円
増額した金額 約320万円

約405万円の増額に成功した事例

過失割合を0%にして、主婦としての休業損害の増額主張が認められた事例
依頼者 30代女性
事故状況 車対自転車
受傷部位 頸椎/腰椎
後遺障害等級 14級
弁護士依頼前 約171万円
弁護士依頼後 約405万円
増額した金額 約234万円

約8,700万円の増額に成功した事例

加害者の過失を証明し、約8,700万円の賠償金を獲得できた事例
依頼者 40代男性
事故状況 車対人
受傷部位 頭部
後遺障害等級  
弁護士依頼前 なし
弁護士依頼後 約8,700万円
増額した金額 約8,700万円

例としてわかりやすいものを3つ挙げましたが、他にも数十万円程度増額したというものなど複数の解決事例があります。

弁護士に相談もせずに保険会社の提案を飲んでしまうと後悔しかねないので、必ず一度は弁護士に相談するようにしてください。

心の支えになってくれる

交通事故に遭った人は心身ともに大きなダメージを受けます。特にご家族を事故で亡くした方や後遺障害を負ってしまった方の精神的負担は相当なものでしょう…。

そのような状況で加害者側との交渉はしたくないと感じて当然でしょうし、仮に加害者側と揉めれば、あなたVS保険会社(プロ)の構図となります。

とても心細い状況にもなりますが、弁護士に依頼することで、弁護士は徹底してあなたの味方になってくれます。専門家からの適切なアドバイスとサポートは非常に心強いものがあります。

面倒な手続きや対応を任せることができる

弁護士には、示談交渉や治療費請求の手続き、加害者や保険会社への対応など、交通事故関連の手続きをすべて一任できます。

依頼した被害者は、弁護士からの報告を受けながら示談成立が成立するのを待つだけです。不慣れな手続きや事故の相手方への対応で時間を取られることがなくなるので、事故後の負担を大きく減らせるでしょう。

【すでに後悔している方向け】依頼後に弁護士を変更する手順

ここまで後悔しないための弁護士選びについて解説しました。しかし、もしかしたらすでに弁護士に依頼して後悔してしまっている方がいるかもしれません…。最後に、依頼中の弁護士を変更するための方法についてもお伝えします。

他の弁護士を探して相談する

弁護士を変更する場合にも、今の弁護士と解約する前に候補を探すことから始めてください。後悔しない弁護士選びのポイントはお伝えしましたが、なぜ今の弁護士を変更しようと思ったのかをしっかり考え直して、その理由に該当しない弁護士を探すようにしてください。

弁護士事務所そのものに不満があるのではなく、担当弁護士との相性が悪いようでしたら、弁護士事務所内で弁護士を変更してもらえないかの確認をしてみましょう。

他の弁護士の状況次第ですが、1から再び弁護士を探し出すよりも、引継ぎもスムーズに行えます。

かかる費用についてしっかり考える

すでに今の弁護士と契約し着手金が発生している場合、その着手金は基本的には返ってくることはありません。弁護士特約を利用する場合でも、保険会社に通知することなく弁護士を変更したなどの場合には変更後の弁護士では利用できない可能性もあります。

弁護士を変更することによって、余計な費用負担が増えるようであれば、今の弁護士に依頼を続けるという判断になるかもしれません。

現在の弁護士に解約の意思を伝える

費用についてしっかり考慮したうえで、それでも弁護士を変更すると決めたら、必ず担当弁護士に契約を解約する旨を伝えましょう。

変更理由で迷う人もいますが、解約の伝え方に関しては、後任予定の弁護士に相談すればベストな方法を教えてもらえるはずです。

あまり感情的に理由を伝えてしまうと、トラブルの元になりかねませんので、あくまで淡々と伝えましょう

発生する費用を支払う

成功報酬型の事務所でも、途中で解約する場合、実可動に応じた一定の費用や実費を請求される場合があります。きちんと支払うようにしましょう。

後から請求されて揉め事にならないためにも、解約を決める前に発生する費用についてはきちんと確認を取っておいてください。

新しい弁護士への依頼と案件の引継ぎをする

弁護士を変更する場合、完全に契約を解消してから新しい弁護士と契約を行います。案件の引継ぎに関しては2通りあり、1つは弁護士間で引き継ぎを行うケース、もう1つは、あなたが前の弁護士から資料を受け取り後任に引継ぐケースです。

契約を打ち切った弁護士と顔を合わせるのはお互いに気持ちいい話ではありませんので、できるだけ弁護士間で引き継ぎをしてもらうように相談してみると良いでしょう。

まとめ

この記事では、交通事故トラブルの解決を弁護士に依頼した際に後悔するパターンや、後悔しないための選び方をお伝えしました。

【おさらい】後悔しないための弁護士の選び方
  • 交通事故問題に力を入れている弁護士に限定して探す
  • 相談してみて相性を判断する
  • 弁護士費用特約を利用する

交通事故の被害に遭った場合、大きなお金が動く可能性がありますので、決して一人だけで解決しようとせず、信頼できる弁護士に依頼するようにしましょう。

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
あらゆる事故に備える!弁護士費用保険メルシー
弁護士費用を補償

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

弁護士費用保険メルシーは、弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補償する保険です。

交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚、相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・165

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

弁護士への依頼・相談に関する新着コラム

弁護士への依頼・相談に関する人気のコラム


弁護士への依頼・相談コラム一覧へ戻る