> 
 > 
 > 
交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼する最大のメリット
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.6.20

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼する最大のメリット

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
001

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼しようか迷っている方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、絶対に弁護士に依頼すべきです

なぜなら、弁護士に依頼することで、慰謝料や損害賠償金の大幅な増額を見込むことができるからです。
 
本記事では、

・交通事故の問題を弁護士に依頼すべき理由

・なぜ弁護士に依頼すると慰謝料などが増額するのかなど、

弁護士に依頼することのメリット・デメリットを中心にお伝えしていきます。
 

慰謝料の増額が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

交通事故の慰謝料問題などを弁護士に相談・依頼すべき理由

冒頭でもお伝えしましたが、弁護士に依頼する最も大きなメリットは、慰謝料の増額が望める点です。増額というよりは、妥当な慰謝料を受け取れる可能性が上がると考えたほうが正しいかもしれません。
 
詳しくは「交通事故の慰謝料を決める3つの基準」で解説をしますが、実は慰謝料額を決める基準は3つあります。

そしてその中で、“弁護士基準”が最も高額な慰謝料を獲得できます。
 

交通事故の慰謝料が増額できる可能性がある

交通事故で支払われる慰謝料は『傷害慰謝料(入通院慰謝料)』『後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)』『死亡慰謝料』の3つに分類できます。それぞれ請求できる条件や項目が違いますので、ご自身の問題が、どの慰謝料に当てはまるのかを知りましょう。

傷害慰謝料(入通院慰謝料)

傷害慰謝料(入通院慰謝料)は、「怪我の治療のために入通院をした場合」が支払い対象です。

これらの費用は基本的には入通院にかかった期間に応じて計算します。また、自賠責保険の場合、法律で1日あたり4,200円と定められています。
 
任意で加入している保険の場合、明確な基準はありません。ですがこちらも、自賠責保険で利用されている「1日あたり4,200円」が基準となることが多いようです。

そして傷害慰謝料の場合、入通院の「治療期間」を基準とするのか、それとも「実治療日数(実際に治療を行った日数)」を基準とするのかで、慰謝料の算定額が大きく異なる場合があります。

そのため、その算定方法が妥当であるかも重要なポイントとなります。
 
 <交通事故の入通院別慰謝額>

 

自賠責基準

弁護士基準

①通院のみ3ヶ月

25万2,000円

73万円(53万円)

(実通院日数30日)

②通院のみ6ヶ月

50万4,000円

116万円(89万円)

(実通院日数60日)

③入院1ヶ月・通院3ヶ月

50万4,000円

115万円(83万円)

(入院30日・実通院30日)

④入院1ヶ月・通院6ヶ月

75万6,000円

149万円(113万円)

(入院30日・実通院60日)

⑤入院2ヶ月・通院6ヶ月

100万8,000円

181万円(133万円)

(入院60日・実通院60日)

 

※裁判所基準額における( )の中の数字は、むちなどの他覚症状による慰謝料額です。
参考:交通事故被害に遭った人が適正な入通院慰謝料を獲得する手順
 

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)とは、『交通事故による怪我が原因で後遺障害が認められる場合』が支払い対象となります。傷害慰謝料(入通院慰謝料)とは別に支払われるお金ですが、『後遺症』が『後遺障害』と認定されないとお金を受け取ることはできません。

後遺障害と後遺症はとても似ている言葉ですが、意味が違います。後遺症とは、治療をしても痛み、しびれなどの症状が残っている状態を意味します。これに対し、後遺障害とは、そのような後遺症について明確な等級づけを行ったものです。この認定は、原則として損害保険料率算出機構という機関が行っています。
 
すなわち、単に後遺症があるというだけでは後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)は受け取ることができません。後遺症について等級認定を申請し、後遺障害の認定をもらう必要があります。

後遺障害の認定は、一般的には4つの条件を満たす必要があります。
 
これらの条件を満たす場合、通常、後遺障害の等級認定が行われ、等級に応じた慰謝料額の支払いを受けることができます。
 
・将来的に回復が見込めない状態であること(一般的に“症状固定”といいます)
・交通事故が原因であると明確に因果関係が確認されること
・医学的に明確な形で後遺症が認められること
・自賠法施行令の等級に、この程度が該当すること
 
後遺障害認定について、より詳しく知りたい方は「後遺障害認定の全てがわかる|後遺障害認定を得る全知識」の記事をご覧ください。

なお、痛みは残っているのに、申請が通らずに慰謝料を受け取ることができない(後遺障害として認定されない)場合も考えられるでしょう。このような場合であっても、訴訟することによって慰謝料を認定してもらえることもあります。ですが、この場合、弁護士による専門的サポートは必須です

以下の表は、等級ごとの後遺症が慰謝料の基準額です。後遺障害の認定を検討されている方は、参考にしてください。

 
<基準別の後遺障害慰謝料額>

等級

自賠責保険基準

弁護士基準

1級

1,100万円

2,800万円

2級

958万円

2,370万円

3級

829万円

1,990万円

4級

712万円

1,670万円

5級

599万円

1,400万円

6級

498万円

1,180万円

7級

409万円

1,000万円

8級

324万円

830万円

9級

245万円

690万円

10級

187万円

550万円

11級

135万円

420万円

12級

93万円

290万円

13級

57万円

180万円

14級

32万円

110万円

 

死亡慰謝料は被害者が命を落とした場合に請求できるお金

死亡慰謝料とは、『交通事故の被害者が死亡してしまった場合』が支払い対象です。扶養家族が多い場合や、相手の重度な過失が認められる死亡事故(無免許運転や飲酒運転、ひき逃げなど相手の過失に悪性事情が高いと考えられる場合)には、慰謝料は増額される可能性があります。


<基準別の死亡慰謝料の相場>

被害者本人の立場

自賠責基準

任意保険基準(推定)

弁護士基準

一家の支柱

350万円

1,500万円〜2,000万円

2,800万〜
3,600万円程度

子ども

350万円

1,200万円〜1,500万円

1,800万円〜
2,600万円程度

高齢者

350万円

1,100万円〜1,400万円

1,800万円〜
2,400万円程度

上記以外
(配偶者など)

350万円

1,300万円〜1,600万円

2,000万円〜
3,200万円程度

 参考:交通事故の慰謝料相場|最も慰謝料を高額にする方法とは
 
 

弁護士に相談・依頼すると示談交渉がスムーズに進む

慰謝料の金額は、保険会社や加害者にとって都合のいい金額ではなく、ご自身が交通事故で被った精神的苦痛に対する「妥当な金額」を請求したいですよね。事故に遭って後遺症が残った場合、その被害は一生のものとなる可能性もあります。
 
示談交渉の場は、このような精神的苦痛に対する「妥当な金額」を支払ってもらう権利を主張するための重要な場です。一度示談が成立してしまうと、原則として、これ以上同じ損害に対する請求を行うことができなくなります。ですので、示談では、必要なことをすべて主張しておく必要があります。
 
専門的な知識がある弁護士に依頼することで、主張すべきことに漏れがなくなり、交通事故の慰謝料の妥当な増額が行えます。
 

保険会社との対応にかかる心身の負担を軽減できることも

多くの方は、法律に関する専門的な知識を持っていません。交通事故を解決するためには、法律の知識が必要です。加害者や保険会社は、被害者に有利な証拠が出てきてしまうと支払うべき慰謝料の金額が大きくなることもあり、非協力的な姿勢となってしまうケースもあります。
 
被害者は交通事故で生活や仕事にも支障が出ていることもあり、できるだけ早く終わらせたい…。そのような一心で、金額が低いと思いながら泣き寝入りすることも多いようです。
 
弁護士は、すべての交渉を被害者の代わりに行いますから、わかりにくい法律の専門的な話で悩む必要もなくなりますし、対応に悩まされることもなくなります。心身の負担が軽減されることは、慰謝料が増額されること以上に大きなメリットとも考えられます。

 

慰謝料請求が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

弁護士に交通事故の慰謝料請求を頼む際のデメリットや注意すべきこと

弁護士への依頼費用がかかる

弁護士に依頼することにも、残念ながらデメリットはあります。それは、お金がかかることです。当然ですが、弁護士への依頼にはお金がかかります。
 
「慰謝料の増額分が、弁護士費用を支払ってもプラスになるかどうか」

単純な計算ですが、これが依頼するかどうかの判断基準になるでしょう。一般的に弁護士に頼む目安となる治療期間は、
 
「通院期間が半年以上となるか」
「後遺障害が14級以上である場合」
 
ともいわれています。
 
ただし、任意の自動車保険の契約内容には『弁護士費用特約という特約があります。各保険の内容によっても異なりますが、この契約では、弁護士費用を300万円まで保険会社が負担してくれます。そのほかにも費用をサポートしてくれる保険内容はありますので、ご自身の保険内容を見直してみるのもよいかもしれません。

もし弁護士費用特約があれば、事故に遭っても、迷わず弁護士に依頼できるでしょう。
 
また、弁護士費用は裁判で主張が認められれば、判決認容額の1割程度を加害者が支払うよう命じられることもあります。弁護士を通して妥当な慰謝料を請求することで、弁護士費用の一部を加害者に負担してもらうことが可能なのです(実際の弁護士費用全額を請求できるわけではない点には留意しましょう)。

弁護士費用がどれくらいかかるかについては「交通事故を弁護士に依頼する時の費用と費用を抑えるポイント」をご覧ください。

交通事故の問題を弁護士に頼むと探す手間はあるが時間がかかる事は少ない

弁護士にもそれぞれの専門分野があるため、依頼する弁護士を選ぶときには、交通事故の慰謝料請求に詳しい弁護士を探す手間がかかります。

もしご自身で加害者側の保険会社と示談交渉を行っている場合、長いもので半年〜1年という時間がかかるケースもあります。弁護士が介入する事で、その期間は最短1ヶ月まで短縮する事が可能です。
 
そのため、インターネットなどで弁護士を検索するときは、「交通事故 慰謝料 弁護士」だけでなく、悩んでいる症状や「後遺障害が得意な弁護士」、「むちうちが得意な弁護士」などの具体的なキーワードを使って探してみましょう。

交通事故の無料相談を受けつけている弁護士事務所も多くなっています。また交通事故の場合、裁判はすべて判決が出るまで約半年から1年といわれているそうです。問題の解決に長い時間がかかってしまうことも、弁護士に依頼するデメリットと考えられます。
 
しかし弁護士を通して慰謝料の請求を行うことで、事故そのものに対する賠償金の遅延損害金(年5%)が請求できます。保険会社から提示される多くの示談金額には、遅延損害金は提示されていません。時間がかかってしまっても、その分の遅延損害金は裁判で判決が容認されれば補償されます。
 

交通事故が得意な弁護士に依頼するタイミングはいつが適切か?

ここまでお読みいただいて、交通事故の被害者が弁護士に依頼するメリット・デメリットについてご理解いただけたと思います。「では弁護士に依頼するのはいつが良いの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。結論からお伝えすると『なるべく早いほうがよい』です。

  • 過失割合の交渉

  • 慰謝料の増額

  • 必要書類の収集

  • 後遺障害の認定&異議申し立て


など、弁護士がサポートすることでよりよい結果が得られる場面はたくさんあります。

注意していただきたいのは、保険会社との示談が成立してしまうと、弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難になることです。そのため、交通事故の被害に遭われた方は、たとえ治療中であっても、今後の適切な進め方を知るために弁護士へ相談されることを強くおすすめします。

 

交通事故の示談を弁護士に相談・依頼した場合の交渉期間と解決までの日数

先ほど、交通事故の問題を弁護士に依頼すると、半年以上かかる示談交渉期間が最短1ヶ月まで短縮出来るとお話ししましたが、実際にどの程度の交渉期間がかかるのか見ていきましょう。
 

示談交渉のみであれば1〜2ヶ月程度

抱えている交通事故の問題に対して、どの段階で弁護士にご依頼いただくかによって、解決までの交渉期間は異なります。現在すでに加害者側の保険会社から示談交渉の場が設けられている段階で、示談交渉のみを依頼した場合は、交渉期間としては約2週間程度、解決までは約1〜2ヶ月程度のケースが多いでしょう。
 

訴訟まで行った場合は半年〜1年程度

もし示談交渉で示談が成立しない場合は、裁判所へ法的手続きをとる必要が出てきます。ですので、交渉期間としては最短で3ヶ月程度を要し、実際に解決に至るまでは通常1年から2年程度の時間がかかります。
 

後遺障害認定を依頼した場合は総期間で約8ヶ月

後遺障害の認定の手伝いを弁護士に依頼した場合、『症状固定』、『後遺障害等級の申請』、『後遺障害等級の認定』という3つの段階で分けられます。
 

症状固定までの期間は約6ヶ月

事故後、医師から後遺症と判断され、もうこれ以上改善の余地がないと診断される『症状固定』になるまでは、受傷から約6ヶ月は欲しいところです。
 
6ヶ月を待たず保険会社から「症状固定してください」といわれる場合がありますが、その判断は病院の医師が行いますので、安易に従う事は避けましょう。
 

後遺障害等級の申請が終わるまでは約1ヶ月

加害者側の保険会社が申請する『事前認定』は後遺障害等級が認められないケースがありますので、弁護士と相談して被害者自らが後遺障害等級認定を行う『被害者請求』をおすすめしています。
 
この『被害者請求』で等級申請を行った場合は、その期間は約1ヶ月となります。
 

実際に後遺障害等級の認定が下りるまでは最短で40日程度

後遺障害等級認定の申請を被害者請求で行った場合、約40日前後で等級認定の結果が通知されます。ただし、後遺障害の重傷度が高いと、場合によっては3ヶ月以上かかるケースもあります。

 

交通事故の慰謝料請求を得意とする弁護士を探すコツ

交通事故に関する専門知識を持つ弁護士を探すには、いくつかのポイントがあります。以下のポイントを質問することで、経験豊富かどうかを見抜くヒントになるかもしれません。交通事故を専門に扱う弁護士選びの3つの条件をご紹介します。
 

交通事故事件を過去にたくさん扱っているか?

過去に交通事故の示談交渉をどれくらい解決しているのかを聞いてみましょう。交通事故を専門に扱っている弁護士事務所の中には、ホームページ上に案件を記載しているところもあります。
 
弁護士としての経験の長さだけでなく、実際に扱ったことのある交通事故の案件の実績を聞いてみることをおすすめします。もしも知人や友人に、実際に交通事故の慰謝料で弁護士に依頼したことがある人がいたら、紹介してもらうのもいいでしょう。
 

わかりやすい説明をしてもらえるか?

相談に行ったときに、説明がわかりやすい弁護士であるか確認しましょう。交通事故では、後遺症と後遺障害のように、法律で使われる難しい専門用語がたくさんあります。何にいくらかかるのか、どのような症状で、どのような損害賠償を請求できるのか、わからないことだらけでは納得のいく結果を得ることは難しいでしょう。
 
経験が豊富な弁護士は、これらを正確にわかりやすく説明してくれます。質問をはぐらかす、理解できる言葉で答えてもらえないという場合は注意が必要です。
 

訴訟経験があるかどうか?

任意の示談交渉でどうしても示談が成立しない場合には、弁護士と加害者の間で裁判が必要になります。交通事故の慰謝料は、任意による示談解決や裁判のほかにも、交通事故紛争処理センターのあっせんなど手段がたくさんあることが特徴です。
 
適切な判断ができないと、実際に支払われる慰謝料に差が出る可能性があります。実際に訴訟を起こした経験はあるのか、聞いてみましょう。また解決に関する手続きの方針や、各解決策のメリット、デメリットをわかりやすく教えてくれる弁護士を選ぶといいでしょう。
 
※手前味噌ではありますが、当サイトに掲載している弁護士は、数多くの交通事故案件の実績があります。保険会社が提示する慰謝料の額に疑問があるなら交通事故の慰謝料請求を得意とする弁護士一覧より、お近くの弁護士を探してご相談ください。

 

最後に

交通事故の慰謝料請求を弁護士に依頼すべき理由について、ご理解いただけたでしょうか。保険会社も営利団体ですので、被害者の方に支払う慰謝料は少ないほうがよいというのが本音です。
 
事故に遭われた方が適正な慰謝料を獲得するためにも、お近くの弁護士を探して、ご相談されることを強くおすすめします。

 

交通事故の慰謝料は弁護士が交渉する事で増額する可能性があります


慰謝料には弁護士基準というものがあり、示談交渉に弁護士が介入することで慰謝料額が大幅に増額する可能性があります。一般の方が加害者側に弁護士基準の請求をしても、根拠を示すのが難しく、なかなか聞き入れてくれないというのが現状です。そのため、増額請求には弁護士への依頼がおすすめです。


まずは、弁護士への依頼でどれくらいの増額が見込めるのか、相談されることをおすすめします。

慰謝料の増額が得意な弁護士を探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故の慰謝料は弁護士が交渉する事で増額できる可能性があります


交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料の増額をしたい
・保険会社との示談を有利に進めたい
・後遺障害の認定がされなかった

など、交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

慰謝料に関する新着コラム

慰謝料に関する人気のコラム


慰謝料コラム一覧へ戻る