累計相談数
91,800
件超
累計サイト訪問数
3,625
万件超
※2024年03月時点
無料法律相談Q&A
ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ) > 交通事故コラム > むちうち・頸椎捻挫 > 交通事故のむちうちで慰謝料を増額させる方法とは?弁護士に相談すべき3つの理由
キーワードからコラムを探す

交通事故のむちうちで慰謝料を増額させる方法とは?弁護士に相談すべき3つの理由

アシロ 社内弁護士
監修記事
交通事故のむちうちで慰謝料を増額させる方法とは?弁護士に相談すべき3つの理由
  • 「交通事故でむちうちになってしまい、相談できる弁護士を探したい」
  • 「むちうちについて弁護士に依頼するメリットは?」

交通事故に巻き込まれてむちうちになってしまうと、加害者に相応の慰謝料を支払ってほしいと思うでしょう。

適切な慰謝料を受け取るためには、むちうちのトラブルに強い弁護士に依頼するのがおすすめです。

この記事では、むちうちについて弁護士に相談すべき理由、弁護士の探し方などについて解説します。

むちうちに関する不安を抱えている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で 
損害賠償・慰謝料請求に強い弁護士を探す

交通事故のむちうちで弁護士に相談すべき4の理由

交通事故でむちうちになってしまったら、弁護士に相談するのがおすすめです。

まずは、交通事故のむちうちについて弁護士に相談すべき理由を4つ紹介します。

慰謝料の増額を期待できるため

1つ目の理由は、慰謝料を増額できる可能性が高いためです。

慰謝料は、加害者側の保険会社との示談交渉によって決まりますが、自力で交渉すると適切な慰謝料を請求できない恐れがあります。

しかし弁護士に代わりに交渉してもらえば、保険会社から提示された慰謝料よりも多く受け取れる可能性がありますよ。

慰謝料を計算する3つの基準

慰謝料を算定する方法には、以下の3つがあります。

基準の名前

内容

自賠責基準

加害者の自賠責保険会社に慰謝料を請求する場合に用いられる算定基準

任意保険基準

加害者の任意保険会社に慰謝料を請求する場合に用いられる算定基準

弁護士基準

弁護士や裁判所が慰謝料を計算する場合に用いる算定基準

上記のうち、自賠責基準は最も金額が低い基準です。

一方、弁護士基準は過去の判例に基づいて慰謝料を算定するもので、3つの算定基準のなかで最も高額とされています。

弁護士に依頼すれば「弁護士基準」で請求が可能

弁護士に示談交渉を依頼すると、弁護士基準を使って慰謝料を算定できます。

以下の例をみてみましょう。

【通院3か月、入院なし、通院日数30日の場合の入通院慰謝料の比較】

自賠責基準

弁護士基準

25万8,000円

53万円

上記の表のとおり、同じケースでも自賠責基準と弁護士基準とでは27万円以上の差があることがわかります。

自分で示談交渉をするよりも高額な慰謝料を請求できるため、とにかく多くの慰謝料を相手に支払ってほしいと思うなら、弁護士に相談したほうがよいでしょう。

面倒な交渉もすべて任せられるため

弁護士に依頼すべき2つ目の理由は、加害者や保険会社との交渉を一任できるためです。

基本的には保険会社と交渉をしますが、法律の知識がない人が有利に話し合いを進めるのは簡単ではありません。

法律の専門家である弁護士に交渉を依頼すれば、専門知識を基に交渉を円滑に進めてもらえますよ。

交渉代行は、弁護士だけでなく任意保険会社の「示談代行サービス」を利用することでも依頼できます。

しかし、むちうちを患うような交通事故では利用できない場合がほとんどです。

追突など、こちらに非がないもらい事故では示談代行サービスを利用できないためです。

そのため、むちうちになってしまった場合の示談交渉は、弁護士に依頼するのが得策でしょう。

適切な後遺障害等級の認定を期待できるため

弁護士に依頼すべき3つ目の理由は、適切な後遺障害等級に認定される可能性が高いためです。

後遺障害等級とは、症状の程度によって認定される等級のことを指します。

むちうちが後遺障害として残ってしまった場合、後遺障害慰謝料を相手に請求することが可能です。

後遺障害慰謝料は、後遺障害等級によっていくら請求できるかが異なるため、慰謝料を決めるうえでどの等級に認定されるかは重要な要素といえます。

弁護士に依頼すれば、症状に見合った適切な後遺障害等級に認定され、高額な慰謝料を受け取れる可能性が高くなりますよ。

むちうちの後遺障害等級は大きく分けて2種類

むちうちが後遺障害として残った場合、以下の2種類の等級のいずれかに認定される可能性があるでしょう。

どちらに認定されるかは、むちうちの症状の程度により決まります。

後遺障害等級

認定基準

12級13号

局部に著しい神経症状を残すもの

14級9号

局部に神経症状を残すもの

むちうちの症状が、画像検査や神経学的検査によって他覚的に証明できる場合は12級13号に該当します。

一方、むちうちの症状があることを他覚的には証明できないものの、医学的に説明できる場合は14級9号に認定されるでしょう。

なお、いずれの等級にも当てはまらないと判断された場合は「非該当」となり、等級認定されない可能性もあります。

後遺障害等級の認定は難しい

むちうちで後遺障害等級に認定されるのは、かなり難易度が高いといえます。

むちうちはしびれ、痛みなどの神経症状が中心なので、レントゲンやMRIなどの画像検査では異常がみられないケースが多いためです。

神経学的検査の結果も、むちうちの場合は認定申請時に提出する「後遺障害診断書」には記載されないことが多いため、症状の存在や程度を証明できないケースが多いといえます。

むちうちが後遺障害として認定されるには、相応の対策が必要といえるでしょう。

弁護士に依頼すれば適切な後遺障害認定が期待できる

弁護士に依頼すれば、後遺障害等級認定の申請サポートを受けることができます。

申請手続きでは医師が作成する後遺障害診断書を提出する必要がありますが、医師は後遺障害等級を受けるための必要な根拠を熟知しているわけではありません。

医師に診断書の作成を丸投げしてしまうと、根拠不十分で等級認定されない恐れがあります。

その点弁護士なら、法律的な観点から診断書の内容に不足がないかをチェックすることが可能です。

後遺障害と認定されるための十分な根拠が記載されているか、必要な検査結果が書かれているかなどを確認してもらえるので、適切な後遺障害等級に認定される可能性が高いでしょう。

後遺障害等級に認定されればより多くの慰謝料を獲得できるので、自分が望む条件で示談成立を実現したいなら弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士特約を使えば費用がかからずに依頼できるため

弁護士に依頼すべき4つ目の理由は、弁護士費用特約を活用することで費用を抑えられるためです。

弁護士費用特約を使うと、弁護士に相談・依頼をする際の費用を保険会社に補償してもらえるため、金銭的な負担を抑えて弁護士に依頼できます。

通常、弁護士費用は数十万〜数百万円の費用がかかることが多いため、コストが気になるなら弁護士費用特約を利用するのがおすすめです。

また、弁護士費用特約を使うことで「費用倒れ」のリスクを防げる点も大きなメリットといえます。

費用倒れとは、受け取った損害賠償額よりも弁護士費用のほうが高くなり、結果的に損をしてしまうことです。

むちうちは軽度な後遺障害のため損害賠償が少額であることが多く、費用倒れとなるリスクが高いといえます。

その点、弁護士費用特約を使えば自己負担なしで弁護士に依頼できるため、費用倒れの心配がありません。

費用をできるだけ抑えてトラブルを解決したいなら、ぜひ活用しましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で 
損害賠償・慰謝料請求に強い弁護士を探す

交通事故でのむちうち被害は「弁護士特約」を活用しよう

交通事故によるむちうちについて弁護士に相談・依頼をする場合は、弁護士費用特約を利用するのがおすすめです。

しかし、弁護士費用特約とはそもそもどのようなものなのかわからない方は多いのではないでしょうか?

ここからは、弁護士費用特約について詳しく解説します。

弁護士特約|保険会社が費用を負担してくれる制度

弁護士費用特約とは、弁護士費用を保険会社が負担してくれる制度のことです。

加入している自動車保険に付帯しており、毎月200〜300円程度の保険料を支払うだけで利用できます。

相談料は10万円まで、依頼にかかる費用は300万円まで補償してもらえるので、むちうちであれば自己負担なしで依頼できるケースがほとんどでしょう。

弁護士特約を利用できる人

弁護士費用特約を利用できる人は以下のとおりです。

  • 被保険者(加入者本人、契約者)
  • 被保険者の配偶者と同居家族(父母、子どもなど)
  • 被保険者と別居している未婚の子ども
  • 被保険者と同棲しているパートナーや内縁関係にある人

自分が弁護士費用特約に加入していなくても、上記に該当する家族が加入していれば利用できます。

弁護士特約を利用できない場合

弁護士費用特約は、すべての事故で利用できるわけではありません。

以下のような事故では弁護士費用特約を利用できないので注意しましょう。

  • 被保険者に重過失があった場合(無免許運転、飲酒運転、薬物使用中の運転など)
  • 自然災害により車両が破損した場合
  • 事故の相手が被保険者の配偶者、子ども、両親だった場合

弁護士特約を利用する手順

弁護士費用特約を利用するには、どのような手続きが必要なのでしょうか?

ここでは、弁護士費用特約を利用する手順を紹介します。

保険会社に弁護士特約を利用する旨を伝える

保険会社に電話で「弁護士費用特約を使いたい」と申し出ましょう。

弁護士に依頼してから連絡してしまうと承認されない可能性があるので、必ず弁護士に依頼する前に連絡をしてください。

基本的に弁護士の指定はないので、自分が気に入った弁護士を自由に選択することができます。

弁護士を選んで依頼する

依頼したい弁護士が決まったら、正式に契約手続きを進めましょう。

弁護士から費用や契約内容に関する説明を受けたら、委任契約書に署名・捺印をします。

保険会社に契約した内容を伝える

手続きが完了したら、保険会社に弁護士との契約内容を伝えましょう。

場合によっては弁護士から直接保険会社に連絡することもあるので、弁護士の指示に従ってください。

交通事故のむちうちのトラブルを得意とする弁護士を見つける方法

交通事故のむちうちに関する問題について悩んでいるなら、むちうちのトラブル解決が得意な弁護士に依頼しましょう。

しかし、そもそも弁護士をどのように探せばよいのかわからない方は多いのではないでしょうか?

ここからは、むちうちのトラブルを得意とする弁護士を見つける方法を3つ紹介します。

保険会社から紹介してもらう

1つ目の方法は、保険会社から弁護士を紹介してもらうというものです。

弁護士費用特約を使うことを保険会社に伝えると、保険会社から弁護士を紹介されることがあります。

自分で弁護士を探す手間を省けるので、楽に弁護士を探したい方は保険会社に紹介された弁護士に依頼するとよいでしょう。

ただし、保険会社が紹介する弁護士が必ずしも交通事故問題に強いとは限りません

また、その保険会社の顧問弁護士を紹介されることが多く、熱心に対応してくれるとは限らないので注意しましょう。

ベンナビ交通事故で弁護士を探す

2つ目は、ベンナビ交通事故で弁護士を検索する方法です。

ベンナビ交通事故では、お悩みやお住まい地域に合った弁護士を簡単に検索できます。

むちうちについて相談したい場合は、相談内容で「むちうち」を選べばむちうち問題が得意な弁護士を見つけられますよ。

弁護士を手軽に探したいなら、ぜひベンナビ交通事故を活用しましょう。

インターネットで検索して探す

3つ目は、インターネットで弁護士を検索する方法です。

検索窓に自分が希望する条件を入力するだけで、自分の理想に近い弁護士をまとめて探すことができます。

空いた時間で手軽に検索できるので、普段忙しい方でも弁護士を見つけやすいでしょう。

ただし、インターネット上には誤った情報が掲載されていることがあるため、出てきた情報が正しいものかを見極める必要がある点には注意してください。

交通事故のむちうちのトラブルを得意とする弁護士の特徴

交通事故のむちうちに関するトラブルが得意な弁護士とは、どのような弁護士なのでしょうか?

ここからは、むちうちのトラブルに強い弁護士の特徴について解説します。

実績が豊富な弁護士かどうか

むちうちのトラブルを解決した実績が豊富かどうかは重要なチェックポイントです。

むちうち問題を多数解決してきた弁護士なら、むちうちや交通事故に関する知識や交渉の経験が豊富なので、安心して任せられます。

また、法律の知識だけでなく、医学的な知識や自動車保険に関する知識もあれば心強いでしょう。

むちうち問題には、後遺障害等級の申請手続きや保険会社への慰謝料請求などの対応がともないます。

医学的な知識や自動車保険に関する知識を持ち合わせていれば総合的なサポートを受けやすいため、トラブルを円滑に解決できるでしょう。

コミュニケーションが取りやすいかどうか

コミュニケーションを取りやすい弁護士かどうかにも注目しましょう。

対応が遅い、親身に話を聞いてくれない、などの不満があると、弁護士とのやりとりにストレスを感じてしまい、問題解決に時間がかかる可能性があります。

初回の相談で、相性がよいと感じる弁護士かどうかを見極めたうえで、依頼する弁護士を決めましょう。

費用について明確に説明があるか

依頼にかかる費用について詳細にわかりやすく説明してくれるかどうかも重要です。

弁護士費用は高額になるケースが多いので、明確な説明がないとあとから予想以上に高額な費用を請求されてしまう可能性があります。

依頼する前に費用体系について必ず確認し、高すぎる・低すぎると感じたら「なぜその金額なのか」という理由も聞くようにしましょう。

交通事故のむちうちで弁護士に依頼する際によくある質問

ここからは、むちうちについて弁護士に依頼する際によくある質問についてまとめています。

弁護士への依頼に関して不安がある方は、ぜひ参考にしてください。

弁護士特約を使うと翌年の保険料は上がる?

弁護士費用特約を利用しても、翌年の自動車保険の保険料が上がることはありません

自動車保険の保険料は事故歴に応じて決まりますが、弁護士費用特約の利用は等級に影響しない「ノーカウント事故」に該当します。

「保険料が上がるから弁護士費用特約は利用しないでおこう」などと考える必要はありませんよ。

弁護士に依頼するタイミングはいつがいい?

弁護士には、むちうちの初診が終わってから示談成立前までならいつでも依頼することが可能です。

ただし、早めに相談したほうがトータルのサポートを受けられたり、慰謝料を多くもらえたりとさまざまなメリットがあります。

早めに相談することで、手続き方法がわからず問題解決に時間がかかったり、何気ない行動で慰謝料が低くなってしまったりするリスクを軽減できるでしょう。

交通事故にあったら、できるだけ早い段階で弁護士に相談・依頼をするのがおすすめです。

医療費の打ち切りを打診された場合はどうすればいい?

保険会社から医療費の打ち切りを打診されても、治療をやめる必要はありません

交通事故でけがをした場合、加害者側の保険会社から医療費が支払われますが、通院期間が長引くと「そろそろ完治するころなので治療費を打ち切ります」と言われることがあります。

しかし、完治したかどうかは保険会社ではなく医師が判断することです。

保険会社から治療費打ち切りをほのめかされたからといって、それを受け入れる必要はありません。

医師から完治または症状固定と診断されるまでは治療を続けましょう。

知り合いの弁護士に依頼してもいい?

知り合いの弁護士に依頼しても問題ありませんが、交通事故に強いとは限らない点に注意しましょう。

弁護士とひと口にいっても、得意分野は人によって大きく異なります

相続問題に強い弁護士に交通事故の相談をしても、交通事故に関する知識や経験が乏しく問題解決に時間がかかる可能性があります。

その弁護士が交通事故問題の解決実績が豊富であれば、問題ないでしょう。

まとめ|交通事故でむちうちになったら弁護士に相談して解決しよう!

交通事故でむちうちになってしまったら、後遺障害等級認定の手続きや示談交渉などのさまざまな対応が必要です。

しかし、むちうちで後遺障害等級に認定されるのはかなり難しく、示談交渉も自力で進めるのは決して簡単ではありません。

むちうちのトラブルをスムーズに解決したいなら、弁護士に相談・依頼するのがおすすめです。

弁護士に依頼すれば、後遺障害等級に認定されるためのサポートや示談交渉の代行なども任せられます。

事故後の対応にかかる手間を省けるうえ、慰謝料を増額できたり短期間で示談成立できたりと、多くのメリットがありますよ。

弁護士費用特約を使えば自己負担なしで弁護士に依頼できるので、まずは気軽に相談してみましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で 
損害賠償・慰謝料請求に強い弁護士を探す

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
東京
神奈川
福岡
大阪
京都
愛知
Office info 202306061040 3901 w220 【交通事故被害なら】池袋・ベリーベスト法律事務所

【初回相談料・着手金0円交通事故被害にお悩みのあなたへ◆料・示談金に納得していますか?◆事故直後から示談金獲得まで全てフォローします。お気軽にご相談ください!【各線「池袋」駅東口より徒歩8分】

事務所詳細を見る
Office info 202403011716 7391 w220 【事故被害者/来所不要】立川・ベリーベスト法律事務所

【来所不要・交通事故の被害者は初回相談料0円豊富な解決実績◆示談金の大幅な増額実績多数交通事故専門チームが丁寧に対応します。まずは無料でご相談ください。【「立川」駅北口より徒歩6分】

事務所詳細を見る
Office info 202403011716 39251 w220 【事故被害者/来所不要】錦糸町・ベリーベスト法律事務所

【来所不要・交通事故の被害者は初回相談料0円豊富な解決実績◆示談金の大幅な増額実績多数交通事故専門チームが丁寧に対応します。まずは無料でご相談ください。【「錦糸町駅」南口から徒歩9分】

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
あらゆる事故に備える!ベンナビ弁護士保険
弁護士費用を補償

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

ベンナビ弁護士保険は、弁護士依頼で発生する着手金を補償する保険です。

交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚、相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
アシロ 社内弁護士
この記事は、株式会社アシロの『ベンナビ交通事故編集部』が執筆、社内弁護士が監修しました。
編集部

本記事はベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

むちうち・頸椎捻挫に関する新着コラム

むちうち・頸椎捻挫に関する人気コラム

むちうち・頸椎捻挫の関連コラム


むちうち・頸椎捻挫コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら