京都グリーン法律事務所

 > 
 > 
 > 
京都グリーン法律事務所
Office_info_2501
Office_info_2501 Office_info_2502 Office_info_2503
Icon_station 最寄駅:"地下鉄烏丸御池駅 地下鉄東西線烏丸御池駅より徒歩1分"
Icon_location 京都府 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町577-2 太陽生命御池ビル2階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_detail_tel
0066-9682-93165
15時20分現在、営業時間内です。
京都グリーン法律事務所
15時20分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-9682-93165
メールで問合せする
事務所所在地
京都府京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町577-2 太陽生命御池ビル2階

【交通事故の被害者側専門の法律事務所&賠償金増額実績多数!】

京都グリーン法律事務所は被害者側で請求する交通事故事件を専門とする法律事務所です。交通事故の被害に遭われた方に法律上、適切な賠償金を獲得していただくことに力を入れて業務をおこなっております。保険会社から提示される賠償金額は法律上認められる水準(裁判基準)よりも低いケースがほとんどですので、弁護士に相談しないまま示談に応じてしまうと本来受け取れる賠償金よりも低い金額しか受け取れない場合が多いのです。
 
当事務所が受任した案件では、ほぼ全ての案件で賠償金の増額に成功しています。100万円以上の増額がなされたケースは多く、1000万円以上の増額がなされたケースもございます。(詳しくは下記を参照して下さい)。
 

【安心の料金体系~相談料、着手金0円~】

当事務所ではご依頼者さまに安心してご相談にいらしていただくため、初回相談料及び着手金無料の完全成果報酬型の料金体系を導入しております。初期費用がかからない上、お客さまが損をすることはありません。成功報酬についても、明確な料金体系を設定しております。賠償金の増額を希望される方はお気軽にご相談ください。ご相談にいらっしゃった段階で適正な損害賠償額を概算して増額の見込みをお伝え致します。
 

【アクセス良好&丁寧な対応とリラックスできるカウンセリングルーム】


当事務所は、烏丸御池の交差点から徒歩10秒という便利な場所にございます。ソフトバンクショップ、博報堂、京都市労働局などが入っている大きなビルにあり、事務所に来る途中で迷ってしまう心配もございません。

また、当事務所は、相談者一人ひとりの話をじっくり聞き、丁寧に対応することを大切にしています。事実だけを淡々とお聞きするということはせず、被害者であるご相談者様の感情に寄り添いながら、ケガの痛みや生活の悩みについても耳を傾けるよう心がけております。法律事務所は敷居が高いと考えている方もおられるかもしれませんが、当事務所はそのようなイメージを払うべく全力をつくしております。ゆっくりとお客さまのお話をうかがうために、写真のような落ち着いたカウンセリングルームを設けています。グリーンを基調としたインテリアでお迎えいたします。落ち着いた空間でじっくりと話を聞かせていただきながら、賠償金増額のための戦略を一緒に検討させていただきます。
 

【外部専門医との連携で難易度の高い後遺障害案件にも対応】

当事務所は、交通事故の専門事務所として日々精進を重ねております。交通事故事件では、後遺障害の認定について医学的知見が重要な要素となりますので当事務所では外部の専門医と連携し、医学的知見について専門的なアドバイスを受けながら案件の解決に努めております。豊富な経験に基づく法的専門知識と高度な医学的知見を融合させることで、よりハイクオリティな法的サービスを提供させていただいております。
 
 

Q交通事故の中でも特に力を入れている案件はありますか?

A当事務所は、後遺障害が認定されている案件、後遺障害の認定を受けたいと考えていらっしゃる案件に特に力を入れております。
後遺障害が認定されている案件では、慰謝料や逸失利益の金額が多額となるため、弁護士の介入によって増額できる金額も大きくなります。逆に言うと、弁護士を介入させずに示談してしまうと、損をする金額が非常に大きくなります。                            
 
後遺障害が認定されている案件については、弁護士に相談することを強くお勧め致します。また当事務所は、後遺障害の認定についても専門的なサポートをさせていただいております。後遺障害の認定においては「後遺障害診断書」が大きな判断材料となります。当事務所では適切な後遺障害診断書を作成してもらうためのアドバイスも行っておりますので安心してご相談いただけます。また当事務所は、専門医とネットワークを組み医学的なアドバイスを受けているほか、異議申立等で必要な場合は意見書を作成してもらっております。当事務所は、後遺障害の認定について、より専門的な対応をさせていただいておりますので、後遺障害の相談がある方は是非ともご相談下さい(相談料は無料です。)                                                                                                          
 

Qどのタイミングで弁護士に相談すればいいでしょうか?

A弁護士に相談するタイミングは、早ければ早いほど良いです。
 
当事務所では、事故直後から受任していただけるお客さまも多くいらっしゃいます。早い時期から相談いただけることで通院方法等についてもアドバイスさせていただけることが可能となります。被害者のなかには、痛みがあるのに、仕事で忙しい等の理由で通院回数が少なくなったり、あるいは不規則な通院になってしまったりという方がおられます。そのような場合は、慰謝料算定においてマイナスになってしまいますので注意が必要です。
 
法律上適切な金額が支払われるために早い段階から専門事務所のサポートを受けることで、後の交渉がより有利に進みやすくなるので、早期相談のメリットは大きいです。もっとも相談のタイミングについては、示談書にサインするまでであれば、遅すぎるということはありません。今さら遅いのでは、と考えて相談をためらう必要はありません。示談書にサインするまでであれば、いつ相談いただいても賠償金を増額することが可能です。
 

Q交通事故の相談をするにあたって知っておいた方がいいことはありますか?

A弁護士費用特約についてご説明します。
最近では、加入している任意保険に「弁護士費用特約」がついている方が多いです。この特約がついている方は、事故に遭われたらすぐに弁護士に相談すべきです。せっかく保険料を支払っていたのに弁護士を使わないという手はありません(弁護士特約は使っても保険料が上がることはありません)。弁護士特約を使って相談する弁護士は、被害者が自由に選べますので被害者側を専門にしている弁護士に相談すべきでしょう。弁護士特約がついている場合は、保険会社が弁護士費用を支払ってくれます。その補償上限額は一般的に300万円。ほとんどの事案はこの範囲におさまるので、実質的な自己負担は0円で弁護士に依頼することができます。なおこの特約は自動車保険だけではなく、火災保険や傷害保険などについているケースもあります。また、家族が加入している保険の弁護士特約が活用できる場合もありますので、事故に遭われた場合はまず特約の有無をご確認下さい。その上で特約その存在が確認できたら、すぐに弁護士に相談すべきです。当事務所は、弁護士特約が付いている案件を多数取り扱っておりますので、スムーズな対応が可能です。
 

【解決実績】

京都グリーン法律事務所は、慰謝料をはじめとする賠償金を増額させる業務に力を入れております。当事務所では、例えば以下のような増額実績がございます。

解決実績①

【等級:12級相当】40代・男性 
【事故態様】前方不注意運転の加害車両に衝突された。 
保険会社事前提示金額-約100万円  最終和解額-約1200万円(1100万円の増額)
被害者から治療履歴を聞き取った結果、後遺障害が認定されないのは非常に疑問に思われました。当職は依頼者と共に病院に赴き、医師と直接面談して意見書の作成を依頼しました。さらにカルテを精査して主張を整理しました。異議申立をし、医師の意見書を添えて詳細な主張をしました。結果として後遺症12級の獲得に成功しました。最終取得額については、慰謝料や逸失利益を含め約1100万円が増額されました。
 

解決実績②

【等級:12級相当】40代・男性
【事故態様】加害者が大きくセンターラインオーバーし、衝突された。
保険会社事前提示金額-500万円  最終和解額-1375万円(875万円の増額)
保険会社の提示内容を検討すると、慰謝料について裁判基準とかけ離れた金額だったことに加え、逸失利益について労働能力喪失期間の認定が3年と短く、極めて低い提示額でした。 当職は、慰謝料について裁判所基準に基づき請求すると共に、労働能力喪失期間を長期に認めるよう関連判例を保険会社に提示しながら強く交渉しました。 結果として、慰謝料、逸失利益共に大幅に増額することに成功し、当初の提示よりも900万円近く増額することができました。
                                                                

事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-93165
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名 京都グリーン法律事務所
弁護士 津田 岳宏
所属団体 京都弁護士会
住所 京都府 京都市中京区烏丸通御池下る虎屋町577-2 太陽生命御池ビル2階
最寄駅 "地下鉄烏丸御池駅 地下鉄東西線烏丸御池駅より徒歩1分"
電話番号 0066-9682-93165  【通話料無料】
対応地域 滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜17:30

営業時間備考 事前予約にて休日・夜間相談可能、メールは24時間対応可
弁護士経歴 昭和54年生
京都女子大学付属小学校卒業
東大寺学園中・高等学校卒業
京都大学経済学部卒業
平成19年9月弁護士登録
平成26年6月京都グリーン法律事務所を設立
その他取扱業務 企業顧問(顧問会社多数)・相続・破産・債権回収・刑事事件(弊社は警察OBを顧問にしております)・債務整理(過払い)・不動産取引
初回相談料金体系 初回相談料 0円
事務所からのお知らせ 当事務所は示談金増額に多数の実績があり、これを得意分野としているため、完全成功報酬型の料金体系になっております。万が一示談金の増額がなされなかった場合は、一切の弁護士費用の請求をしておりません。
著書および論文名 弁護士には聞きにくいー知って助かる法律相談(青春出版社)、カラマーゾフを殺したのは誰か(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など(全て単著)
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-93165
メールで問合せする
アクセスマップ

Btn-map-large

交通事故Q&Aへの回答履歴 回答件数 8
相談日 2016.11.30 カテゴリ 慰謝料
Icon_q 交通事故で仕事を解雇される予定です。現在入院中で、第7頸椎粉砕骨折、前方固定術を予定してます。この場合、後遺症害の認定、逸失利益は請求できますか?ちなみに派遣社員で2年間同一派遣先に派遣され、半月後に社員登用される予定でした。
Icon_a
後遺症認定及び逸失利益請求の見込みは十分にあります
入院を要する頚椎粉砕骨折というのは重傷ですので,後遺症が認定される可能性は十分あります。
後遺症が認定されれば,逸失利益の請求も可能です。
具体的な事故の状況や怪我の状況が分かれば,より具体的なアドバイスが可能になりますので,一度弁護士の無料相談を受けることをお勧め致します。
相談日 2016.11.29 カテゴリ 損害賠償
Icon_q 現在事故の示談をすすめております。
第一腰椎破裂骨折をし、後遺症診断8級です。先生の指示により
9ヶ月間硬性コルセットを装着しました。その期間は通院とみなされるのでしょうか? 宜しくお願いします。
Icon_a
無料相談を受けるべきと思われます。
硬性コルセットを装着していた期間については,通院期間とみなされると考えられます。

後遺症8級の事案では,一般論として,弁護士が介入していない場合だと,法律上認められる金額よりも著しく低い金額での示談がされるケースが多いです。
弁護士を介入させることで,賠償金について1000万円以上の多額の増額がされるケースもあります。
不当に低い提示が保険会社からされていないかどうか確認するため,弁護士の無料相談を受けた方が良いと思われます。
回答履歴をもっと見る