<慰謝料> 交通事故の弁護士「比較サイト」で選べる

 > 
 > 
慰謝料
171件 | 慰謝料が得意な弁護士 (7690件)
Icon_station 最寄駅:堺東駅より徒歩1分
Icon_location 大阪府 堺市堺区南花田口町2丁3番20号 三共堺東ビル2階
Icon_calender 定休日: 無休
Office_info_3011
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【即日対応・堺東駅より徒歩1分】"交通事故ご相談件数 7,000件を越える実績"相談料・着手金0円!治療費の不当な打ち切り阻止等の交渉、後遺障害の等級認定サポート、示談までサポートいたします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-97929
Icon_station 最寄駅:神戸駅 徒歩3分
Icon_location 兵庫県 神戸市中央区中町通り2丁目2-18 平戸ビル3階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_3031
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【初回相談無料/神戸駅より徒歩3分】治療に専念したいが保険会社とのやりとりが負担になる、賠償提示額に納得ができないなどの問題はすべてお任せ下さい。実績多数の弁護士がご依頼者様に代わって交渉いたします!
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-97427
Icon_station 最寄駅:JR岡山駅から徒歩5分
Icon_location 岡山県 岡山市北区本町3番13号 イトーピア岡山本町ビル6階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_1771
【岡山駅より徒歩5分】保険会社から提示される示談金額にご納得していますか?弁護士に相談する事により、ほとんどの場合で増額が可能です。安易に和解せずに、まずはお気軽にご相談ください。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-90434
Icon_station 最寄駅:【東武鉄道太田駅 徒歩6分】
Icon_location 群馬県 太田市浜町6-20 浜町センタービル1001
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_3081
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【太田駅6分】【夜間・土日祝対応可】【交通事故案件実績多数】まずはご相談者様の状況を弁護士村山にお聞かせください。今後、どのような方法をとることができるのか、ご提示いたします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-98685
Icon_station 最寄駅:名城線/桜通線 久屋大通駅
Icon_location 愛知県 名古屋市中区錦3-6-35 名古屋郵船ビルディング9階
Icon_calender 定休日: 無休
Office_info_3061
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
交通事故の人身事故では保険会社との示談交渉が必要になりますが、保険会社としてはできる限り慰謝料・賠償額を抑えたい考えがあります。当事務所の弁護士は依頼者の為に保険会社の担当者と徹底的に戦います。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-92114
Icon_station 最寄駅:鳥取駅 北出口 【バス】片原2丁目停留所・徒歩1分、本町1丁目停留所・徒歩1分
Icon_location 鳥取県 鳥取市片原2丁目108番地 エステートビル2階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_3091
  • 電話相談不可
  • 初回の面談相談無料
損害賠償などお金の絡んだ問題を自分自身で解決することは困難かつストレスも多くかかります。本来もらえるはずの示談金より低い金額で納得する前に、まずは弁護士にご相談ください。親身に対応いたします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-90496
Icon_station 最寄駅:JR各線・千葉都市モノレール「千葉駅」より徒歩2分、京成線「京成千葉駅」より徒歩3分
Icon_location 千葉県 千葉市中央区富士見1-2-3 千葉アジア会館5階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Office_info_3381
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 事故直後の相談可
【ご相談・着手金0円!】【土日祝・夜間の相談可能】250件以上の解決実績をもつ、交通事故の被害者側の弁護に特化した事務所です。千葉駅より徒歩2分の好立地の事務所です、まずはお気軽にご相談ください。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-95214
Icon_station 最寄駅:各線 横浜駅 西口より7分
Icon_location 神奈川県 横浜市西区北幸2-5-17  横浜NSビル405
Icon_calender 定休日: 無休
Office_info_3231
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【ご相談・着手金0円】【当日・夜間・休日相談可能】【横浜駅7分】示談金額や後遺症の等級に納得できない、そのような交通事故に関するお悩み、まずはご相談ください。交渉力を持った弁護士が対応いたします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-99139
Icon_station 最寄駅:西船橋駅 南口 徒歩2分
Icon_location 千葉県 船橋市印内町603-1 田中ビル723 田中ビル723
Icon_calender 定休日: 無休
Office_info_3241
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【ご相談・着手金0円】【当日・夜間・休日相談可能】【西船橋駅2分】示談金額や後遺症の等級に納得できない、そのような交通事故に関するお悩み、まずはご相談ください。交渉力を持った弁護士が対応いたします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-99744
Icon_station 最寄駅:大宮駅東口 徒歩3分
Icon_location 埼玉県 さいたま市大宮区大門町2-86 階 田原ビル3階
Icon_calender 定休日: 無休
Office_info_3251
  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
【ご相談・着手金0円】【当日・夜間・休日相談可能】【大宮駅3分】示談金額や後遺症の等級に納得できない、そのような交通事故に関するお悩み、まずはご相談ください。交渉力を持った弁護士が対応いたします。
Office_tel
お気軽にお電話ください。親身にご回答します
0066-9682-97674
Icon_station 最寄駅:東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩1分、都営地下鉄三田線 御成門駅から徒歩8分
Icon_location 東京都 港区虎ノ門四丁目2番4号 クレッセント虎ノ門6階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Icon_station 最寄駅:八丁堀駅(JR京葉線 / 東京メトロ日比谷線)より徒歩1分
Icon_location 東京都 中央区八丁堀4-10-8 第三SSビル702
Icon_calender 定休日: 無休
Icon_station 最寄駅:東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」徒歩5分、東西線「神楽坂駅」徒歩9分
Icon_location 東京都 新宿区山吹町261番地 トリオタワーノース5階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
Icon_station 最寄駅:各線「東京駅」八重洲中央口 徒歩2分、「京橋駅」徒歩5分、「日本橋駅」徒歩5分
Icon_location 東京都 中央区八重洲2-1-6 八重洲Kビル3階
Icon_calender 定休日: 無休
Icon_station 最寄駅:大宮駅 東口より徒歩5分
Icon_location 埼玉県 さいたま市大宮区仲町1丁目104 大宮仲町AKビル9階
Icon_calender 定休日: 土曜  日曜  祝日 
171件 | 慰謝料が得意な弁護士 (7690件)
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

交通事故の慰謝料は弁護士基準で請求すると大幅に増額できる

交通事故の慰謝料請求を弁護士に相談しよう、あるいは依頼しようと考えている場合に、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかわからないという方もいるかと思います。
 
結論から言うと、慰謝料問題を弁護士に依頼することで「慰謝料の増額が見込める」「後遺障害の認定がスムーズになる」「保険会社との示談交渉で不利になる可能性が減る」というのが大きなメリットになります。
 
その中でもピックアップしたいのが「慰謝料の増額」という部分ですので、これから詳しく解説していきます。
 

交通事故の慰謝料には3つの基準がある

交通事故の被害にあった方が請求できる慰謝料には、実は「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」という3つの基準があるということは、ご存知の方もいるでしょう。弁護士は、この中の「弁護士基準」を元に保険会社と交渉を行うため、弁護士に依頼するだけで慰謝料が大幅に増額される可能性があります。
 

自賠責基準とは

自賠責保険基準(じばいせききじゅん)とは、自動車やバイクの運転手に必ず加入が義務づけられている自賠責保険の基準のことで、事故被害者に対してこのぐらいは保障しましょうという必要最低限の支払い基準です。
 

任意保険基準とは

任意保険基準(にんいほけんきじゅん)とは、自動車保険を提供している保険会社が独自に設定する基準のことです。金額を明確に記載することは出来ませんが、目安としては自賠責基準より高く、弁護士基準よりも低いといった感じです。
 

弁護士基準とは

弁護士基準(べんごしきじゅん)は、裁判所基準とも呼ばれている基準で、交通事故の過去の裁判例を元に算出したものになります(民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(通称赤本))。
 

弁護士基準が最も慰謝料が高額となる理由

弁護士基準は過去、実際にあった判例を基に弁護士が赤本の算定基準をもって交渉をするため、今回の交通事故では過去の判例でもこの程度の金額は保障されているから、このぐらいの慰謝料は必要になると主張していくため、裁判になった場合の賠償額に近くなります。
 
そのため、慰謝料や損害賠償金の支払いを少しでも抑えたい保険会社の基準よりも、しっかりと保障される弁護士基準は、必然的に慰謝料も高額となっていきます。正確に言えば、慰謝料が増額するというよりも、「本来被害者が適切にもらうべき慰謝料額になった」と言った方がいいかもしれませんね。
 

むち打ちなどの後遺障害慰謝料も増額する

例えば、交通事故で最も多い後遺障害として「むち打ち」などが挙げられますが、交通事故で負った怪我が後遺障害等級の認定をうけた場合、後遺障害14級後遺障害12級のどちらかが認定されるケースが多くあります。
 
後遺障害慰謝料は等級が高くなるほど慰謝料は増額していきますが、等級が一つ違うだけで慰謝料額は大きく変動しますので、保険会社のできるだけ低い金額でなんとかしようという交渉から、被害者を守れるのも、弁護士に依頼するメリットと言えます。
 

慰謝料を弁護士基準で請求した場合の金額の差

下記の表をご覧いただければ一目瞭然ですが、自賠責基準と弁護士基準でいかに金額に大きな差が生まれるかがわかると思います。
 
表:後遺障害等級別の慰謝料の金額

等級

自賠責基準

任意基準(推定)

弁護士基準

第1級

1100万円

1600万円

2800万円

第2級

958万円

1300万円

2370万円

第3級

829万円

1100万円

1990万円

第4級

712万円

900万円

1670万円

第5級

599万円

750万円

1400万円

第6級

498万円

600万円

1180万円

第7級

409万円

500万円

1000万円

第8級

324万円

400万円

830万円

第9級

245万円

300万円

690万円

第10級

187万円

200万円

550万円

第11級

135万円

150万円

420万円

第12級

93万円

100万円

290万円

第13級

57万円

60万円

180万円

第14級

32万円

40万円

110万円


例えば後遺障害14級の場合で約4倍、12級でも3倍以上の増額が見込めることになります。増額幅はかなりのものですが、この程度の金額はないと被害者の今後の治療日や交通事故で被った損害を保障できないと考えての金額ですので、弁護士基準以下で受け取る慰謝料が、いかに最低限の保障に届いていないかを再確認できますね。
 

自分で弁護士基準の慰謝料を請求することは難しい

では、被害者自身が弁護士に依頼せず、自分で弁護士基準による慰謝料の請求ができるかというと、正直厳しいといわざるをえません。示談交渉の相手は経験豊富な保険会社の担当者ですので、そのプロ相手に一般の方が「弁護士基準」を持ち出してもまともに対応してくれない、聞く耳を持たないというのが現状です。
 
非常に良心的な担当者であれば可能性がありますが、交通事故による治療や通院で時間が限られている中、知識もないまま交渉するより、増額の確実性が高い弁護士に依頼する方が「時間短縮・慰謝料増額・交渉の安心感」という3つのメリットが得得られます。
 


交通事故の慰謝料が得意な弁護士を地域から探す
 

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 
 

交通事故の慰謝料を弁護士基準で請求するには?

では、交通事故の慰謝料を弁護士基準で請求するために、何をしていけば良いのかをご紹介していきます。
 

まずは保険会社との示談交渉で安易に同意しないこと

保険会社の提示してきた内容に、「素直に納得してはいけません」。これまでもご紹介してきたように、保険会社の示談金は必ず少ないと疑ってかかるぐらいがちょうど良いはずです。
参考:まずは確認!保険会社に対する被害者が持つべき意識
 

交通事故の慰謝料請求が得意な弁護士を探す

交通事故の問題に積極的に関わっていること

過去に交通事故の案件をどのくらい解決しているのかを聞いてみましょう。交通事故を専門に扱っている弁護士事務所の中には実績などを記載しているところも多くあります。
 

交通事故裁判(訴訟)などの経験が豊富なこと

弁護士としての経験の長さだけでなく、実際に扱ったことのある交通事故の案件の実績を聞いてみることをおすすめします。もしも知人や友人に、実際に交通事故の慰謝料で弁護士に依頼したことがある人がいたら、紹介してもらうのもいいでしょう。
 

分かりやすい説明をしてくれること

相談に行った際に説明がわかりやすい弁護士であるかを確認しましょう。交通事故には後遺症や後遺障害、逸失利益といった法律用語はたくさんあります。経験豊富な弁護士は、専門用語も正確にわかりやすく説明してくれます。質問をはぐらかす、理解できる言葉で答えてもらえないという場合は注意が必要です。
 

弁護士費用の詳細が明確に分かること

交通事故の賠償額は非常に高額な金額になりがちで、時には1億円を超えるケースもあります。そのような場合、弁護士費用もそれに応じて大きくなることが多いです。
 
成功報酬の参考例としては以下のものがあげられます。
 
・経済的利益の額によって変動
・300万円未満の場合:16%
・300万円〜3000万円の場合:18万円+その10%
・3000万円〜3億の場合:138万円+その6%
・3億円以上の場合:738万円+その4%
 
成功報酬の他にも着手金や日当、示談交渉に必要な経費など、弁護士に依頼するための費用はいくつか存在しますので、それらを事前に明確に提示してくれる弁護士を選ぶと安心できますね。
参考:交通事故の弁護士費用の相場と弁護士費用を抑えるポイント
 

最後は自分にとって頼りになるかどうか

「裁判で勝つのは無理です。」とはっきり言う弁護士を「正直」と思うか、「頼りない」と感じるかは受け手次第ですし、逆に「必ず勝ちます」と言ってくれることを「頼もしい」か「胡散臭い」と感じるかも、人それぞれです。最終的には自分との相性で決められるのが良いかと思います。
 

弁護士費用の詳細を把握して費用倒れを軽減する

もし弁護士費用が気になるのであれば、相談に行った際に必ずいくらかからのかを確認しましょう。交通事故の案件で費用倒れになる可能性はあまりありませんが、そもそも着手金が払えないという事態だけは避けなければいけません。
 

弁護士費用特約を利用すれば費用倒れの心配はない

弁護士費用特約(べんごしひようとくやく)とは、任意保険に付加できるオプション契約のことで、交通事故に遭った被害者が、加害者側に対して損害賠償請求を行うときなどに生じる弁護士費用や、法律相談をするときの費用面での不安を解消するために、弁護士費用を保険会社が負担するというものです。
参考:︎弁護士費用特約のメリットと覚えておくべき使いどころ

弁護士費用特約に加入している場合、弁護士費用は約300万円、法律相談費用は約10万円程度まで、自分の自動車保険のお金を使って相談することが可能です。弁護士の相談料などは無料の場合が近年は多くなりつつありますが、弁護士の着手金は少なからずかかってきます。そんな時、弁護士費用特約に加入しておけば、交通事故問題の80%は、弁護士特約で費用がカバーされますので、ほとんど心配の必要はないでしょう。
 


交通事故の慰謝料が得意な弁護士を地域から探す
 

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄


 

弁護士に交通事故の慰謝料請求を依頼する際に気をつけるポイント

最後に、弁護士に依頼する際に気をつけておいてほしいポイントをご紹介しておきます。
 

弁護士に相談するタイミングは?

結論からお伝えすると『なるべく早いほうが良い』という回答になります。
・過失割合の交渉
・慰謝料の増額
・必要書類の収集
・後遺障害の認定&異議申し立て など
 
弁護士がサポートすることでより良い結果が得られる場面はたくさんあります。注意してだきたいのは、保険会社との示談が成立してしまうと、弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難になることです。
 
そのため、交通事故の被害に遭われた方は例え治療中であっても、今後の適切な進め方を知るために弁護士へ相談されることを強くオススメします。
参考:弁護士に相談・依頼するタイミングはいつが良いのか?
 

保険会社との示談から解決までのおおよその期間

示談交渉のみ:1ヶ月から2ヶ月程度

現在すでに加害者側の保険会社から示談交渉の場が設けられている段階で、示談交渉のみを依頼した場合の交渉期間としては約2週間程度が多いでしょう。
 

訴訟まで行った場合:半年から1年程度

示談が成立しない場合は裁判所へ法的手続きを取りますので、交渉期間としては最短で3ヶ月程度を要し、実際に解決に至るまでは通常1年から2年程度の時間がかかります。
 

後遺障害認定を依頼した場合:約8ヶ月

後遺障害の認定の手伝いを弁護士に依頼した場合、「症状固定」「後遺障害等級の申請」「後遺障害等級の認定」という3つの段階で分けられます。
 
・症状固定までの期間は約6ヶ月
・後遺障害等級の申請が終わるまでは約1ヶ月
・実際に後遺障害等級の認定が下りるまでは最短で40日程度
 
おおよそですが、こう言ったスケジュールで動いていくとおもわれます。
 

相談・依頼した弁護士が頼りない場合の対処法

さて、今回は「弁護士に依頼したけれども何だか頼りない弁護士にあたってしまった場合」に、弁護士を変更したいと言った時の対応です。せっかく弁護士に頼んで加害者や保険会社との示談を任せているのに、肝心の弁護士が頼りないのであれば元も子もありません。
 

弁護士が頼りないなら変更事自体は可能

弁護士といってもピンキリですので、万が一保険会社から紹介された弁護士や、あなたが依頼した弁護士があまりにも無能だったり、不親切だった場合は弁護士を途中で交代させることは可能です。ただ、このような場合は必ず事前に保険会社に相談しましょう。
 

弁護士の途中交代は余計な費用がかかる

弁護士を途中で交代させると、余分な費用が発生します。例えば、依頼を受けていた弁護士に支払った着手金などは依頼を途中で取り下げても返金されない場合があるのです。
 

弁護士費用特約を利用してるなら費用の範囲内で何度でも交換可能

これは不可能だと思っている方もおられますが、ある一定の金額の範囲内であれば、弁護士は何人でも交代することができます。しかも、選ぶ弁護士は保険会社指定の弁護士に限らず、自分で見つけた弁護士を起用しても構いません。
 

着手金は返金されるのか?

着手金の返還については弁護士との間の契約書上制限が設けられていることも考えられます。とはいっても、弁護士側に明らかな債務不履行があるような場合については、返還を求めることも十分考えられます。
 
 

交通事故の慰謝料請求が得意な弁護士を探す

これまでの内容を基に、「交通事故弁護士ナビ」では基準や条件を満たした弁護士のみを掲載しています。相談料が無料なのはもちろん、着手金無料の弁護士事務所も多く掲載していますので、もし弁護士の必要性を感じていただけたなら、ぜひご活用いただければと思います。
 


交通事故の慰謝料が得意な弁護士を地域から探す
 

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄