自賠責基準で出された損害賠償金額を少しでも上げるための方法

~いざという時の備えに~交通事故コラム

 > 
 > 
 > 
自賠責基準で出された損害賠償金額を少しでも上げるための方法
キーワードからコラムを探す
交通事故 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


交通事故に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
交通事故コラム

自賠責基準で出された損害賠償金額を少しでも上げるための方法

Zibaiseki

交通事故が得意な弁護士が悩みを一発解決【▶︎無料相談はこちら

 

自賠責基準(じばいせききじゅん)とは、交通事故により負傷した被害者に対して、法令で決められた最低限の補償を行うことを目的とした基準です。3つ基準(自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準)のなかでは最も低い保険金額になります。
 
交通事故が起きた際、事故によって怪我などの傷害や、車両・載せていた物といった物損被害を被った際、補償金や賠償金が支払われることになります。そうした補償金や賠償金を支払う際に活躍することとなるのが保険であり、万一の事故の歳のために多くの方が加入しているかと思います。
 
その保険の中でも自動車やバイクを持っている方は全員加入することになる保険が自賠責保険です。他の保険に入っていなくとも、自賠責保険内の基準によってある程度の金額は補償金や賠償金が軽減されるのです。
 
ではその自賠責保険の基準、自賠責基準とはいったいどのようなものなのでしょうか。今回は自賠責基準について詳しくご説明していきます。

 

交通事故の損害賠償金弁護士が
交渉
することで増額する可能性が高まります

結論からお伝えすると、保険会社から提示されている損害賠償金の増額には弁護士への依頼が必要不可欠です。

残念ですが、一般の方が保険会社と交渉しても聞く耳持たないのが現状で増額には弁護士への依頼が必須です。まずは、弁護士への依頼でどれくらいの増加が見込めるのか依頼するしないは別として、ご自身の場合、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかを具体的に相談してみることをオススメします。



当サイト『厳選 交通事故弁護士ナビ』は交通事故を得意とする弁護士のみを掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】電話相談や面談相談が無料の事務所や、着手金が必要ない事務所もあります。
 
まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

損害賠償が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 





【目次】
自賠責基準における損害別の補償額
交通事故の損害賠償における3つの基準
自賠責保険基準
任意保険基準
弁護士基準
自賠責基準から弁護士基準へ近づけるための方法
損害賠償額制度について知識があることを示す
事故担当者の感情を考える
妥協の姿勢も見せる
初めから弁護士に依頼する
まとめ

 
 

自賠責基準における損害別の補償額

自賠責基準は大きく分けて3つの場合によって支払い基準が変わってきます。その3つの基準とは以下の通りです。
 
・怪我や障害による損害の場合
・後遺障害による損害の場合
・死亡した場合


では、この3つの基準について、1つずつ見ていきましょう。
 

怪我や障害による損害の場合

怪我や障害といった人身傷害を負った場合、自賠責保険を活用することができます。しかし、このケースでの自賠責保険は人身傷害に限り、車両などの物損に関しては利用することができません。

人身傷害に対して、自賠責基準で保険金をもらった場合120万円を上限額として支給されることになります。任意に加入した保険を利用する場合でしたら物損に対しても効果を発揮することもありますが、自賠責保険の場合は人身傷害だけなのです。

また、自賠責保険の特徴として被害者の過失割合による保険金の減額率が任意保険よりも少ないことが挙げれられます。つまり、怪我を負った側の過失が大きかったとしてもあまり保険金が減額されないのです。
 

自賠責基準で保険金が減額される時というのは被害者の過失が7割以上の場合になります。被害者の過失が7割を超えた場合には保険金のうちから2割が減額されることとなります。

 

後遺障害による損害の場合

後遺障害による損害については傷害とは別に保険金が下りることになります。そもそも、後遺障害とはある程度治療が行われた後に医療機関から症状固定として認定された段階で初めて決定するものだからです。

症状固定とされた場合にはその症状、後遺障害の重さによって14の階級に分けられます。この等級数によって支払うことになる損害賠償や慰謝料が多くなり、それに伴って自賠責保険で負担してもらえる保険金の額も増えていくことになります。詳しくは後述の「自賠責保険基準における等級別の慰謝料」をご覧ください。
 

死亡した場合

被害者が死亡した場合に関して葬儀費や逸失利益、慰謝料に対して保険金が下りる形となります。その際の保険金の上限を3000万円として、傷害の場合とはまた別に支払われることになります。傷害の場合と並行する場合としては医学的に見て明らかにその事故が原因であると証明される必要があります。
 
 

交通事故の損害賠償における3つの基準

交通事故が起きた場合、その賠償金額や慰謝料を決定するためには大きく分けて3つの基準があります。その3つとは以下の通りです。
 
・自賠責保険による基準
・任意保険による基準
・弁護士・裁判所による基準

 
これまでお話してきた自賠責基準による保険金についても、自賠責保険による基準で計算した損害賠償や慰謝料に対して妥当と判断する金額を支払うようになっているのです。では、それぞれの基準について見てみましょう。
 

自賠責保険基準

自賠責保険の支払基準は、自動車を運転する人であれば強制的に加入させられる自賠責保険によって、事故に対する処理を迅速かつ公平に支払うための簡易な計算方法に過ません。そのため、法的に妥当な損害賠償額の計算方法というわけではありません。

傷害に関しての損害賠償は治療費として診察費や入院費、投薬費、手術代などの費用と通院の際の交通費、専用の看護師が必要となった場合の看護費や義足、文書などその後の生活や証明に必要な諸経費となります。

後遺障害の損失は「逸失利益」と「慰謝料」の2つに大別できます。逸失利益は後遺障害を負ったことでできなくなった労働によって得られるはずだった未来の利益です。
 

逸失利益 = 基礎収入額 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数


基本的に上記のような計算式によって算出され、労働能力喪失率という後遺障害の階級によって定められた係数と、67歳まで労働することができるという仮定のもと、ライプニッツ係数という賠償金額を一度にまとめて受け取る利息分として法定利息5%を差し引いた係数をかけることで算出されます。

逸失利益に関する詳しい内容は「ライプニッツ係数から逸失利益を計算する方法」をご覧ください。


自賠責基準での保険金の上限や労働能力喪失率に関係してくる後遺障害の等級については以下の通りです。
 

■自賠責保険基準における等級別の慰謝料

等級

支払限度額

慰謝料

労働能力喪失率

介護1級※1

4,000万円

1,600万円

100%

介護2級※1

3,000万円

1,163万円

100%

第1級

3,000万円

1,100万円

100%

第2級

2,590万円

958万円

100%

第3級

2,219万円

829万円

100%

第4級

1,889万円

712万円

92%

第5級

1,574万円

599万円

79%

第6級

1,296万円

498万円

67%

第7級

1,051万円

409万円

56%

第8級

819万円

324万円

45%

第9級

616万円

245万円

35%

第10級

461万円

187万円

27%

第11級

331万円

135万円

20%

第12級

224万円

93万円

14%

第13級

139万円

57万円

9%

第14級

75万円

32万円

5%


後遺障害で多いむち打ちなどは第14級からひどい場合には第12級の認定がされます。また、労働能力喪失率が100%となってくる第3級の例を上げますと、「片目を失明し、もう一方の視力が0.06以下となった場合」や「咀嚼や言語の機能が利用できなくなった場合」などがあげられます。

後遺障害等級についての詳しくは「後遺障害の等級に該当する症状と適切な認定を獲得する全知識」をご覧ください。

また、後遺障害と似たような式を使う場合が、死亡した場合の逸失利益の計算です。死亡した場合の逸失利益の計算は、後遺障害を得た場合の労働能力喪失率が、基礎収入から本人の生活費を差し引いたものとなり、以下のような式になります。

死亡した場合の逸失利益 = 基礎収入額 ×(1- 本人の生活費の割合)× 就労可能年数に対応するライプニッツ係数
参考:逸失利益を計算する方法と適正な慰謝料を獲得する為の手順


 

介護1級と2級の違いは介護のレベル

下記の表を読み比べるとお分かりいただけますが、2つの違いは、「常に介護を要するもの」と「随時介護を要するもの」という文言の違いだけです。
 

等級 介護を要する後遺障害 保険金額 労働能力喪失率
第1級 1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの 4000万円 100%
2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
第2級 1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの 3000万円 100%
2号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの


生命を維持するためには常に介護が必要ということは、脳や神経以外の臓器へダメージを受けた場合が該当します。要介護第1級に値する重い後遺障害の場合、肺や心臓にダメージを受け、自律呼吸が難しいケースですがほとんどです。

 

任意保険基準

任意保険各社のはそれぞれ累積させてきた過去のデータを持っています。そのデータによって独自に作り出した積み重ねによって独自に作り出した基準が任意保険の基準となります。

統計的にデータが集まっているため、会社ごとに大きな差というものはできていませんが全ての任意保険が全く同じ金額というわけでもありません。

任意保険による損害賠償においてその基準になっているものは実は自賠責保険の基準となります。この基準にさらに会社ごとの独自の判断が加わったものが、基準となって保険金が支払われることになるのです。

そのため、弁護士基準などと比べるとかなり低い金額に落ち着きます。慰謝料に関しては損害賠償よりは弁護士基準に近いものとなる傾向がありますが、自賠責保険と弁護士基準の中間あたりの金額となることが多いようです。
詳しくは「任意保険基準とは|慰謝料を請求する際の3つの基準」をご覧ください。

 

弁護士基準

弁護士会が発表している基準です。弁護士基準の他にも裁判所でも利用される基準であるため、裁判所基準とも言われています。基本的にはこの基準が最も高い損害賠償を請求することができます。

この基準の根拠となるものが「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準」という通称「赤い本」や「交通事故損害額算定基準」という通称「青い本」と呼ばれる法律書になります。弁護士会の損害賠償についても、先ほど任意保険の基準の際に述べたような日数とその期間によって金額が変化する表を中心に算定されます。

また、この損害賠償の基準の他に症状の重経や事故現場の状況など様々な要素が勘案され、より適性な価格が提示されやすくなっています。根拠となる基準が法律書であるため、妥当性が高い一方で手続きが多くなってしまいますが、任意保険の基準では損害賠償に納得出来ない場合などは弁護士に相談することで弁護士基準を目指してみるとよいでしょう。

弁護士基準について詳しくは「弁護士基準で交通事故の慰謝料を計算すると増額する理由」をご覧ください。

 

自賠責基準から弁護士基準へ近づけるための方法

自賠責基準について、かなり詳しく見てきたものの、自賠責基準は他の任意保険の基準や弁護士基準と比べるとかなり低い金額になってしまうことがほとんどです。ただ、示談となった場合は自身の保険会社だけでなく相手側の保険会社との相談となり、持っている知識や対応の仕方によって多少なりとも金額をあげられる可能性があります。

ここでは自賠責基準から少しでも弁護士基準に近づけるための方法をご紹介します。
 

損害賠償額制度について知識があることを示す

保険会社や法律関連の会社に勤務している場合でもなければ基本的にはこれらの基準の知識を有していることは少ないかと思います。また保険会社の担当員もそのように考えていることがほとんどです。

そのため、保険金として提示されるものには自賠責基準に色をつけたものになりがちですが、保険会社の担当員に「その基準はどのようなものでしょうか?自賠責保険基準と差があまり見られないようなのですが」という質問をしたり、

日本弁護士連合会の基準よりもかなり低い金額かと思うのですが」など他の基準を持ってくることで、担当員に持っている知識をアピールしていきましょう。
 

事故担当者の感情を考える

当事者にとって事故は生活に直結することであるうえ、滅多に起こることのない非日常であるため混乱しやすく感情的になりがちです。一方、保険会社の担当員にとってはその対応は日常的な業務となっているため、感情の押し付けは敬遠されてしまうものです。

基本的には社の支出を抑えようと、低めの保険金の見積もりを出してくることになりますが、自身の負の感情を押し出すことなく丁寧な対応を行い、時折、同情をもらえるような損失と補填額の差などを説明することで、担当員の感情に訴えかけてみるのも手でしょう。
 

妥協の姿勢も見せる

自賠責基準から弁護士基準まで一般の方が交渉を行うことは相当の時間と労力を費やすこととなります。長期間の交渉になると疲労してくるものではありますが、それは担当員も同じところです。

そんな中、弁護士基準までとはいかずともある程度まで達したところで引くことも必要になってきます。弁護士基準の8割程度までなら任意保険基準より高い金額であろうとも出してくれる保険会社も存在します。

やんわりと「自賠責基準や一般的な任意保険基準では納得できない」「合意できなければ弁護士に依頼することも考えている」ということを提示しつつ、妥協できるラインを考えておくことも、自賠責基準や任意保険基準より高い金額を出してもらうコツでもあります。
 

初めから弁護士に依頼する

これが最も簡単な方法ですが、弁護士に依頼した時点で弁護士基準になります。弁護士は自賠責基準では被害者の損害を全てカバーすることは不可能であることはわかっていますし、保険会社が賠償金を下げてくることも理解しています。

弁護士に依頼することによってどの程度の増額になるのかは、「等級別の後遺障害慰謝料の相場」をご覧ください。

ただし、費用がかかるという点がデメリットではありますが、「交通事故を弁護士に依頼する時の費用と費用を抑えるポイント」を参考に、弁護士への依頼を検討して頂ければと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。自賠責保険にしか加入してない場合、損害賠償や保険金はなかなか満足いくほどもらえないケースも出てきます。とはいえ、他の基準の知識をつけることなどで、保険金を引き出せる可能性も増えてきます。

自力での交渉や弁護士との相談の際に知識として活用していただければ幸いです。


弁護士へのご相談で賠償金などの増額が見込めます


交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料の増額をしたい
・保険会社との示談を有利に進めたい
・後遺障害の認定がされなかった

など、交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

損害賠償に関する新着コラム

損害賠償に関する人気のコラム

交通事故相談の「質問と回答」から検索/交通事故に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された交通事故相談の「質問と回答」から検索する


交通事故に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

損害賠償コラム一覧へ戻る