累計相談数
91,800
件超
累計サイト訪問数
3,625
万件超
※2024年03月時点
無料法律相談Q&A

交通事故の過失割合に強い弁護士一覧

全国で交通事故に強い弁護士が 63 件 見つかりました。 全国で交通事故にお悩みの方は、電話・メールにて法律事務所へご相談ください。
都道府県を絞り込む
分野を絞り込む
損害賠償・慰謝料請求 示談交渉 過失割合 死亡事故 後遺障害 むちうち 休業損害
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
更新日:

63件の過失割合を得意とする弁護士が該当しました

▼ さらに条件を指定する

住所 山口県山陽小野田市港町1-10パークビル4階
最寄駅 JR小野田線 / 南小野田駅 徒歩9分
定休日 無休 営業時間

平日:00:00〜23:59

土曜:00:00〜23:59

日曜:00:00〜23:59

祝日:00:00〜23:59

初回相談0&着手金0】保険会社が提示する金額が正しいとは限りません!適切な賠償額獲得のため、事故調査会社と連携し医学的根拠を基に主張◎物損事故もお任せください!弁護士費用特約なら費用の自己負担0円
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
現在相談受信中!
電話番号を表示する
050-5458-3381
受付時間: 00:00〜23:59
 定休日:無休
住所 東京都港区西新橋1丁目18-11ル・グラシエルBLDG.16 7階
最寄駅 新橋駅 徒歩7分/都営三田線 内幸町駅 徒歩6分/銀座線 虎ノ門駅 徒歩7分
定休日 無休 営業時間

平日:00:00〜24:00

土曜:00:00〜24:00

日曜:00:00〜24:00

祝日:00:00〜24:00

弁護士直通で24時間電話受付完全成功報酬交通事故に特化した弁護士が2体制で対応!慰謝料後遺障害等級過失割合認定示談交渉など幅広く対応◎まずはお気軽にご相談を【着手金0初回相談0
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
現在相談受信中!
電話番号を表示する
050-5458-3401
受付時間: 00:00〜24:00
 定休日:無休
よくある質問
複数の事務所に問い合わせても大丈夫ですか?
回答
大丈夫です。弁護士によって依頼後の対応や解決方針が異なる場合もあります。実際に問い合わせて話を聞いてみて、あなたにあった弁護士を探しましょう。
住所 広島県広島市安佐南区緑井5-17-5グランデュア緑井403
最寄駅 JR可部線 緑井駅から徒歩5分 (中筋駅、西原駅、上安駅からお越しの際は、アストラムナインからは大町駅で乗り換えて1駅です)
定休日 無休 営業時間

平日:08:00〜22:00

土曜:08:00〜22:00

日曜:09:00〜22:00

祝日:08:00〜22:00

【何度でも相談0円】【オンライン電話相談可】「提示された賠償額に納得できない」「保険会社との交渉を任せたい示談交渉の実績多数◎ご相談者様にとって分かりやすい説明を心がけます!メール相談24H受付中
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 岡山県岡山市北区本町3番13号イトーピア岡山本町ビル6階
最寄駅 JR岡山駅から徒歩5分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜18:00

着手金0円安心の後払い制初回相談料無料≪症状固定した/けがの治療を受けている/保険会社との交渉を任せたい交通事故後のお悩みに幅広く対応◎あなたの味方になります◆全国対応/オンライン面談可
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
よくある質問
弁護士を選ぶコツなどはありますか?
回答
あります。地域・分野で絞り込み検索した上で、気になる事務所のページを確認し「相談したい分野で実績があるか、自分の希望する条件(例:休日相談可)を満たしているか、自分と相性が良さそうか」など、細かく確認することで、あなたにとってより良い弁護士が見つかる可能性が高まります。
住所 石川県野々市市本町5-11-17MKKビル203
最寄駅 「白山町」バス停から徒歩1分、「太平寺」バス停から徒歩7分 ※駐車場有り
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜17:30

初回相談無料気軽に相談できる法律事務所/地域密着型で弁護士2体制示談交渉・後遺障害等級・過失割合にお困りならすぐにご相談を/平日夜間休日面談対応石川県内出張相談可
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 広島県広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703
最寄駅 広島電鉄白島線「縮景園前」電停下車、徒歩1分
定休日 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜18:00

土曜:10:00〜17:00

初回相談料0円着手金0円|広島・福山・呉・東広島・東京に拠点|全国対応|電話・Zoom相談可】保険会社提示金の増額/後遺障害認定休業補償の獲得など◆相手方の保険会社から提示された賠償金額が適正金額かどうか知りたい/納得できない方は早めにご相談ください。【増額実績多数|解決事例(一部)掲載中】
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 岡山県岡山市北区蕃山町3-30吉備システム蕃山町ビル6階
最寄駅 岡山駅より徒歩10分 遠方のご対応も行っております
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜18:00

初回相談無料交通事故の解決実績多数!物損事故から後遺障害認定が必要な重篤な事故、死亡事故まで幅広いご相談に対応しています。豊富な経験を活かし、賠償金の最大化に向け尽力いたします。
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 千葉県船橋市西船4-14-12木村建設工業本社ビル503
最寄駅 JR西船橋駅・京成西船駅 より徒歩約3分
定休日 - 営業時間

平日:09:00〜19:00

土曜:09:00〜18:00

日曜:09:00〜18:00

祝日:09:00〜18:00

初回相談無料セカンドオピニオン歓迎◎保険会社との交渉、賠償金の増額交渉、後遺障害認定に関するアドバイスなどはお任せ下さい!依頼者様に寄り添い、利益を最大限に引き出せるよう、徹底的にサポートいたします【来所不要で全国対応!】
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 東京都中央区日本橋2-1-14日本橋加藤ビルディング4階
最寄駅 【オンラインで全国対応◎】地下鉄日本橋駅 B0またはB5出口より徒歩1分 /JR東京駅 八重洲北口または日本橋口より徒歩7分
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:30〜17:30

【全国対応で来所不要|後遺障害認定/慰謝料増額/休業補償など交通事故被害に遭われ、治療後治療中事故直後の方はすぐにご相談ください。経験豊富な弁護士が、相談~解決まで一貫して対応いたします。【電話オンライン相談可|事前予約で休日面談に対応】
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 茨城県守谷市中央4丁目21-1重兵衛ビル201号室
最寄駅 首都圏新都市鉄道・つくばエクスプレス 守谷駅2分 関東鉄道・常総線 守谷駅 徒歩3分
定休日 日曜 祝日 営業時間

平日:07:00〜23:00

土曜:07:00〜23:00

保険会社は原因や状況(過失割合)に基づき損害賠償金を支払いますが、不満がある場合は交通事故専門弁護士のアドバイスが必要です。当事務所では、無料初回相談で全国対応、オンライン相談も可能です。弁護士は適正な過失割合と損害賠償金の請求を支援します。正確な評価と適切な請求が重要です。
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 茨城県牛久市中央5-20-11 牛久駅前ビル201
最寄駅 牛久駅
定休日 日曜 祝日 営業時間

平日:07:00〜23:00

土曜:07:00〜23:00

ご相談は事故直後から可能で、全国対応やオンライン相談もできます。初回は無料で弁護士特約も利用可能です。過失割合の問題にも対応し、完全予約制でしっかりとお客様の問題に向き合います。交通事故に遭った場合は、交通事故専門弁護士に相談して正確な解決策を見つけることができます。
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 奈良県奈良市登大路町 5修徳ビル1階
最寄駅 【近鉄奈良駅 徒歩4分】
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜17:30

【奈良県最大級事務所】在籍弁護士8名と、事務員6名にてスピーディーかつ丁寧な対応には当事務所にお任せください。 ご連絡お待ちしております。
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 北海道札幌市南2条西10丁目1-4第2サントービル2階
最寄駅 西11丁目駅徒歩5分、中央区役所前駅徒歩4分/西8丁目駅徒歩5分、中央区役所前バス停 徒歩3分
定休日 不定休 営業時間

平日:07:00〜20:00

土曜:07:00〜20:00

日曜:07:00〜20:00

祝日:07:00〜20:00

全国対応・来所不要|後遺障害認定/賠償金額交渉に注力交通事故に遭われたらすぐにご相談を!交渉経験・解決実績が豊富な弁護士が、納得のいく解決を目指します◆事故直後から対応OK|医療機関との連携あり◆
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 長野県長野市上千歳町1137-23リアライズ長野ビル10階
最寄駅 「長野駅」より徒歩10分/長野電鉄「市役所前駅」より徒歩4分
定休日 無休 営業時間

平日:09:30〜21:00

土曜:09:30〜18:00

日曜:09:30〜18:00

祝日:09:30〜18:00

【初回相談料・着手金0円交通事故被害にお悩みのあなたへ◆料・示談金に納得していますか?◆事故直後から示談金獲得まで全てフォローします。お気軽にご相談ください!【「長野駅」より徒歩10分】
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 北海道札幌市中央区大通西5丁目 桂和大通ビル38 6階
最寄駅 札幌市営地下鉄・南北線「大通駅」
定休日 - 営業時間

平日:08:00〜21:00

土曜:08:00〜21:00

日曜:08:00〜21:00

祝日:08:00〜21:00

【着手金0円!】40年の実績から得たノウハウを活かし、正当な権利を主張して全力サポートいたします。交通事故発生直後の初期段階から積極対応事故被害者の方のご相談は何度でも無料土日祝・夜間のご相談◎】
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 北海道札幌市西区八軒1条西1丁目1-26アルファ琴似駅前ビル3階
最寄駅 JR琴似駅より徒歩2分 | 地下鉄東西線琴似駅より徒歩約10分 | 専用駐車場あり
定休日 土曜 日曜 祝日 営業時間

平日:09:00〜18:00

全国対応来所不要事故直後から対応可能】交通事故に遭ったらすぐにご相談ください!10年以上にわたり交通事故案件に注力してきた弁護士が全力でサポートします◆接骨院/整形外科との連携あり◎【代表弁護士が初回相談~解決まで一貫して対応
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
住所 茨城県水戸市城南1-4-7第5プリンスビル7階
最寄駅 JR水戸駅 徒歩5分
定休日 日曜 祝日 営業時間

平日:07:00〜23:00

土曜:07:00〜23:00

交通事故は過失割合によって、認められる賠償額が大きく変わってきます。弁護士特約使用可能で解決事例も多数あり、後遺障害にも対応しています。交通事故による損害賠償に関しては、弁護士が適切なアドバイスを行い、お客様にとって最適な解決方法を見つけます。
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
定休日 無休 営業時間

平日:09:30〜20:30

土曜:09:30〜20:30

日曜:09:30〜20:30

祝日:09:30〜20:30

オンライン相談死亡事故・重度後遺障害で苦しんでいる方へ●交通事故の解決実績豊富な弁護士が味方になります解決事例は写真をクリック多くの裁判官や弁護士が、参考にしている損害賠償額の算定基準本の編集実績あり【弁護士直通電話】
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
定休日 無休 営業時間

平日:09:30〜20:30

土曜:09:30〜20:30

日曜:09:30〜20:30

祝日:09:30〜20:30

オンライン面談可何度でも相談0円死亡・重篤な交通事故被害に遭われた方へ◆交通事故訴訟のバイブル『赤い本』の監修を手掛けた弁護士が味方になります◆40450の賠償額増額に成功◆解決事例は写真をクリック
弁護士への相談の流れ
お問合せはこちら
相談の流れを見る
最寄駅|
「淀屋橋」駅 徒歩4分 /京阪電気鉄道中之島線 「大江橋」駅 徒歩3分 /JR東西線 「北新地」駅 徒歩7分
営業時間|
平日:09:15〜17:15
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
田阪 裕章
最寄駅|
JR呉駅より徒歩11分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
宮部 明典
最寄駅|
阪神電車 元町駅(海岸通2,3丁目側出口より徒歩5分) 地下鉄海岸線 みなと元町駅(2番出口より徒歩4分) JR東海道本線 元町駅(西改札口より徒歩5分)
営業時間|
平日:09:00〜20:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国対応
弁護士|
澤上 辰也
最寄駅|
JR常磐線「日立駅」
営業時間|
平日:07:00〜23:00 土曜:07:00〜23:00
定休日|
日曜 祝日
対応エリア|
茨城県
弁護士|
金子 智和
最寄駅|
JR広島駅より徒歩約15分/広電白島線 縮景園前より徒歩約2分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
稲垣 洋之
最寄駅|
阪急伊丹駅
営業時間|
平日:10:00〜19:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
弁護士|
渡邊 悠
最寄駅|
JR広島駅より徒歩約15分/広電白島線 縮景園前より徒歩約2分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
田中伸
最寄駅|
縮景園前駅
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
吉村航
最寄駅|
営業時間|
平日:09:00〜18:00 土曜:09:00〜18:00 日曜:09:00〜18:00 祝日:09:00〜18:00
定休日|
無休
対応エリア|
全国
弁護士|
永田 将騎
最寄駅|
赤坂駅より徒歩1分
営業時間|
平日:09:00〜19:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
福岡県を中心に九州全域、全国区で対応可能
弁護士|
小田 誠
最寄駅|
東京メトロ銀座線「京橋駅」1番出口より3分、「銀座駅」A12番出口より7分
営業時間|
平日:09:00〜20:00 土曜:09:00〜17:00 日曜:09:00〜17:00 祝日:09:00〜17:00
定休日|
不定休
対応エリア|
全国対応
弁護士|
青木 秀樹
最寄駅|
名古屋鉄道 瀬戸線 小幡駅 徒歩約8分 瓢箪山駅 徒歩約10分
営業時間|
平日:10:00〜20:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
愛知県、岐阜県、三重県
弁護士|
中村 弘人
最寄駅|
北浜駅から徒歩3分/なにわ橋駅から徒歩2分
営業時間|
平日:09:00〜21:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
中川 みち子
最寄駅|
JR西条駅より徒歩9分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
小林 幹大
最寄駅|
堺筋本町駅12番出口より徒歩約1分
営業時間|
平日:09:00〜21:00 土曜:09:00〜21:00 日曜:09:00〜21:00 祝日:09:00〜21:00
定休日|
無休
対応エリア|
全国
弁護士|
別所 大樹
最寄駅|
茨木駅西口より徒歩約3分
営業時間|
平日:09:30〜17:30
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
関西地区中心に全国対応可能
弁護士|
浅田 忠
最寄駅|
JR西条駅より徒歩9分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
小林 幹大
最寄駅|
大阪市営谷町線 東梅田駅より徒歩9分/大阪市営堺筋線 南森町駅より徒歩9分
営業時間|
平日:09:00〜20:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
青木 佑馬
最寄駅|
JR広島駅より徒歩約15分/広電白島線 縮景園前より徒歩約2分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
山口 卓
最寄駅|
JR常磐線「牛久駅」
営業時間|
平日:07:00〜23:00 土曜:07:00〜23:00
定休日|
日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
大久保 潤
最寄駅|
JR広島駅より徒歩約15分/広電白島線 縮景園前より徒歩約2分
営業時間|
平日:09:00〜18:00
定休日|
土曜 日曜 祝日
対応エリア|
全国
弁護士|
柴橋 修
63件 | 過失割合に強い弁護士 (140件)
過失割合が得意な事故弁護士が回答した解決事例
主婦休業損害で高額な賠償額を獲得!
東京中野法律事務所
神奈川県/50代/女性/車対バイク
  • 等級
  • 14級
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約165万円 約450万円
増額した賠償金
285万円
高次脳機能障害9級10号の認定により、総額4200万円の支払いが認められた事例
【滋賀県対応|重傷事故被害に強い】弁護士法人法律事務所リンクス
京都府/10代/女性/車対バイク
  • 等級
  • 9級
  • 受傷部位
  • 頭部
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約1,100万円 約4,200万円
増額した賠償金
3,100万円
専業主婦の休業損害を認めさせることに成功。示談金も2倍以上に増額!
【被害者専門/全国対応】熊本支店 アディーレ法律事務所
30代/女性/車対車
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約120万円 約240万円
増額した賠償金
120万円
労災14級の事案を、被害者請求を行い7級を獲得した事案
京都駅前弁護士法律事務所
京都府/40代/男性/車対バイク
  • 等級
  • 7級
  • 受傷部位
  • 頭部
保険会社提示金額 弁護士依頼後
なし 約3,000万円
獲得した賠償金
3,000万円
後遺障害の異議申立により高次脳機能障害が認定。賠償金は8.9倍増の約3,000万円
【被害者専門/全国対応】滋賀草津支店 アディーレ法律事務所
30代/女性/車対バイク
  • 等級
  • 9級
  • 受傷部位
  • 頭部
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約330万円 約2,900万円
増額した賠償金
2,570万円
傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益いずれも低い示談提案額だったため、弁護士が裁判基準額で請求し、ほぼ満額に近い金額で示談した事案
【千葉県内6事務所・地域密着|津田沼支店】リーガルプラス
30代/男性/車対車
  • 等級
  • 14級
  • 受傷部位
  • 頸椎/腰椎
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約170万円 約292万円
増額した賠償金
122万円
3200万円で示談
藤井法律事務所
広島県/30代/男性/車対人
  • 等級
  • その他
  • 受傷部位
  • 死亡事故
保険会社提示金額 弁護士依頼後
約 - 万円 約3,200万円
増額した賠償金
- 万円
過失割合が得意な事故弁護士が回答した法律相談QA
交通事故の裁判について
相談者(ID:03905)さんからの投稿
スーパーの駐車場交差点で事故しました。
私は買い物を終え、国道方面へ直進、相手は私の右から左方向へ直進。
私は徐行で右見て車が来てなかったのでそのまま左右確認しながら交差点へ進入
左方向を向いて(右を向きかけた)所で衝突しました。
相手側は「腹立たしい。100:0だと思うけど、停止線のない交差点だから50:50かな」
「貴方、こっち向いてなかったよね?止まった様に見えたから突っ込んだんだ」と
理解出来ない事を言われました。
警察の現場検証では「一時停止した」
保険会社には「向こうはよそ見してたけど自分は減速した」とか嘘ばかり言ってます。
ドラレコには減速せずに交差点に入っている映像があります。
それでも認めず、「50以上は譲らない。裁判でもなんでもしてくれ」と言われているそうです。
私側の保険会社も「私は納得いかないかもしれないけど過去の事例から50になる」と言われました。
納得出来ません。
保険会社同士の交渉も相手が折れないし、私も納得出来ないので、止まっていると思います。
私側の保険会社にもちょっと不信感があります。
裁判でしか解決出来そうにないです。
徐行して左右確認しながら走行している私と減速もせずに突っ込んだという相手が50:50なのですか?
私は右側面の損傷で向こうは左前が損傷してました。
私は事故2週間後から頭痛と目眩がして自賠責の対象か審査中です。
その後、人身の届出をして再度、現場検証をしてもらいました。
その際にはドラレコに近い証言をされたそうです。
ケガもされてないそうです。
まとめられず上手く説明出来てないと思いますが、質問があります。
物損事故の裁判だと金額が低いので弁護士さんに依頼するのは難しいですか?
弁護士特約に入ってないのですが、弁護士費用の一部を相手側に請求する事は出来ますか?
自賠責で人身だと認めてもらえなかったら、相手側に人身の補償は求められませんか?
ドライブレコーダーの解析費用は相手側に請求出来ますか?
相手側の車の修理も請求されてます。
私的には故意にぶつけられたという思いもあり、私の車の修理も半分から譲らないとも言われてて
納得いかないのですが、払わなくてはいけないのでしょうか?
いつまでも放置しておけず、私の車は自腹で修理をしています。
物損だけ先に裁判して後から人身でも裁判する事は出来ますか?
何か良いアドバイスをいただければと思いメールしました。
よろしくお願いいたします。
Q物損事故の裁判だと金額が低いので弁護士さんに依頼するのは難しいですか?
A各弁護士の費用設定と増額を目指したい金額次第です。
例えば弁護士費用特約が利用できない場合の当事務所の費用設定であれば、交渉で解決する場合で14万3000円以上の増額、訴訟で解決する場合で22万円以上の増額にならなければ、増額金よりも弁護士費用の方が高額となってしまします。

Q弁護士特約に入ってないのですが、弁護士費用の一部を相手側に請求する事は出来ますか?
A訴訟になった場合には、一部、裁判所が認めてくれることになります。
しかし、判決で解決する場合でも、請求認容額の1割相当が一般的な認容額です。
また、和解で解決するような場合にはさらに減額算定されるのが一般的です。

Q自賠責で人身だと認めてもらえなかったら、相手側に人身の補償は求められませんか?
A自賠責が人身事故であることを否定した場合であれば、おそらく相手方も人身賠償を否定してきます。
そのような場合には、交渉での決着はむずかしく訴訟での決着を目指す必要が生じる可能性が極めて高いと考えます。

Qドライブレコーダーの解析費用は相手側に請求出来ますか?
A請求すること自体は可能ですが、相手方は、交渉段階ではまず応じてこないでしょう。
訴訟になった場合に、裁判所が損害の一部として認めてくれるかは事案次第ですが、一般的には認められない可能性が高いと考えます。

Q相手側の車の修理も請求されてます。
私的には故意にぶつけられたという思いもあり、私の車の修理も半分から譲らないとも言われてて
納得いかないのですが、払わなくてはいけないのでしょうか?
A相手に発生した損害については、最終的に確定する過失割合に応じて支払う義務が生じます。

Qいつまでも放置しておけず、私の車は自腹で修理をしています。
物損だけ先に裁判して後から人身でも裁判する事は出来ますか?
A可能です。
- 回答日:2022年12月01日
酒気帯び運転での免許停止期間について
相談者(ID:42137)さんからの投稿
先日、酒気帯び運転で覆面パトカーに捕まりました。パーキングからコンビニまでの20mほどの運転距離です。
飲酒後から2時間以上経過しており(その間1時間ほど睡眠をとりました)、日付を跨ぎそうだったため、とりあえずパーキングから出さなければと思い、車を移動させたときの出来事です。
料金を気にせず、そのままパーキングにとどまるか、自分的には平常心で、酔っていないと思っていても代行を呼ぶべきだったと猛省しております。

ビール2杯、2時間以上経過していましたが数値が0.43でました。
警察官の方からは、身体が小さいので少量でもそのくらい出てしまうことがある。とのことでした。
受け答え、歩行等しっかりしているとのことで酒気帯びにしますと言われましたが…
免許停止2年とのことで、とても悩んでおります。
住んでいる地域は車がないと生活できないこと、仕事上車移動が多く、免許がないと仕事にならない、また高齢の両親の病院の送迎などもあり、なんとか停止期間を短くしていただくことはできないか。と考えております。
ご回答よろしくお願いいたします。
ご相談内容拝読させていただきました。弁護士の首藤と申します。
こちら回答させていただきますと、事情を考慮して処分が軽減される場合もあるので、まずは意見聴取の機会にしっかりとご事情を主張したほうがよろしいです。
なお、弁護士が代理人として意見聴取に参加したり主張書面を作成することも可能ですので、場合によっては弁護士への依頼もご検討されたほうがよろしいかと存じます。
- 回答日:2024年04月15日
過失割合を100対0にしたい。
相談者(ID:08731)さんからの投稿
保険会社の方が過失割合がまだ決まってないのでと言ってきたので、びっくりして弁護士さんにお聞きしたいです。私はイヌの散歩中引かれてたのですが、頭を強く打って事故当時の事が全く記憶にないです。引いた相手の方も音で初めて何が起きたのかって言っていました。
保険会社の方は私が記憶にないって事をついてきてます。
 基本的に、歩行中の事故であれば100:0を強く主張していただいて問題ないと考えます。
 なお、お怪我をされているということであれば、人身事故扱いになっているのではないでしょうか。
 その場合であれば、警察が実況見分調書等を保管しているはずであり、後々、事故態様は明確になるはずです。

 また、加害車両にドラレコがついていれば、その確認を求める方法等もあります。
- 回答日:2023年04月30日
回答いただきありがとうございました。
弁護士さんをお願いするには,交通事故専門の弁護士さんに依頼した方が良いでしょうか?
相談者(ID:08731)からの返信
- 返信日:2023年05月01日
追加質問に対する回答方法が不明であり、返信が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
弁護士に依頼する場合には、交通事故問題に詳しい弁護士に依頼することをお勧めします。
【被害者の方のための無料相談】いろどり法律事務所からの返信
- 返信日:2023年05月15日
物損事故のみだが、保険会社の損害割合に納得できず、弁護士さんに相談したい。
相談者(ID:35141)さんからの投稿
交通事故にあった。
二車線の右側を走行していたが、左車線から車線変更をしてきた車とぶつかった。ほぼ並行にぶつかられた印象だった。
自分の保険屋から、損害割合いは5対5頑張って交渉しても、6対4と言われた。
私の車は古く、互いに自費で修理するのが1番安いと言われた。
ぶつかられたのに、5対5というのは納得いかず。
怪我もない物損事故だけでは、弁護士さんも対応してくれないことがほとんどと聞き、泣き寝入りするしかないのかと思っているが、
断られる案件だが、無料相談してみることにした。
 まず、最初にご自身(あるいはご家族)の自動車保険に弁護士費用特約が付帯されていないかをご確認ください。
 弁護士費用特約があれば、少額の増額を目指す案件でも、(費用負担なく全国の弁護士に依頼することができる可能性が高いため)弁護士に依頼できる可能性が高まります。

 そのうえで、弁護士費用特約が利用できない場合にどのように動けばよいかについては、特に過失割合が絡む事案の場合には、正式な法律相談を受けていただくことが最も合理的です。
 一度、無料法律相談を利用してみてはいかがでしょうか。
- 回答日:2024年02月19日
事故後できる限り早めに相談しましょう
担当弁護士が丁寧にヒアリングいたしますので、お気軽にご相談ください。書類などの準備もいりません。

過失割合は示談交渉で最も揉める原因になる

交通事故の問題で揉める原因になるのは、ほぼ間違いなく「過失割合」の問題と言っていいでしょう。交通事故における責任の何パーセントが加害者の責任になるのかが問題になるわけですが、この過失割合の配分で加害者と被害者の主張が対立して、調停や裁判にまで発展してしまうケースがよくあります。
 

過失割合とは|示談交渉にどう影響するのか?

自動車同士の事故や自動車対自転車、歩行者対二輪車(オートバイ)、または自動車対自転車といった、「○○対○○」といった二人以上が絡んだ交通事故が起きると、事故を起こした責任者はどちらかという問題が起き、そうした責任の割合を「過失割合」と呼んでいます。
 
もし加害者の過失割合が100%の場合、被害者に生じた損害は全て、加害者が補償する必要がありますが、交通事故の大半で加害者の責任が100%になるというケースはありません。
 
つまり、過失割合が加害者:80%、被害者:20%だった場合、加害者は補償額の80%を支払えばOKという事です。極端な話、加害者と被害者の過失がわからなければ、50: 50として損害の賠償は折半にするという結論になる可能性も0(ゼロ)ではないという事です。
 

過失割合は保険会社が決定している事がトラブルの原因

交通事故が発生した際、まずは警察が交通事故の状況を確認し、事故の原因を含めた詳しい資料を作ります。保険会社の支払いも、この時に警察が発行する「交通事故証明書」が必要になります。
 
しかし、過失割合は警察が決めているわけではなく、警察の作った事故証明書を元に保険会社が過失割合の数字を決めています。保険会社は一応過去の判例を参考に過失割合を決めていますので、ある意味公正な資料と言う事もできますが、直面した交通事故が過去の判例と全く同じ事故事例になる事はありえません。
 

似た事例をそのまま適応しているケースが多い

したがって、保険会社は過去に起きた交通事故と「よく似た事故判例」を探しだして当てはめる事になり、本当に正確な判例で、適切に判断された責任割合ではない事が多くなります。
 
その結果、保険会社が提示してくる過失割合は、保険会社にとって都合が良いモノになってしまい、被害者が損をする可能性が高くなる事で、被害者が損をする事態になると考えていいでしょう。
 
 

保険会社の過失割合に納得がいかない時こそ弁護士の出番

では、過失割合の是正を弁護士に相談(依頼する)事で、どのようなメリットがあるのかをご紹介していこうと思います。
 

弁護士に相談するメリット1:過失割合の適正な判断をしてもらえる

弁護士は100%被害者の味方となってくれる存在ですので、保険会社が提示してきた過失割合を正確に判断し、本当に正しい割合であるのかどうかの診断をしてくれます。
 
保険会社の担当者も交通事故に関わる示談のプロですので、話を聞いているとつい納得してしまう場面もあるかと思いますが、弁護士を相手にした時はさすがに分の悪さがありますので、法律的な観点から攻めてくる弁護士には素直し従う傾向が非常に強くなります。
 

弁護士に相談するメリット2:慰謝料・示談金の増額が見込める

保険会社は賠償金や示談金の支払いを少しでも低く済ませるのが仕事ですので、損害賠償金や慰謝料はできるだけ自賠責基準に近い金額で示談をまとめようとしてきます。しかし、慰謝料には弁護士基準というものがあり、この基準は保険会社の提示する慰謝料よりも高いものになりますので、適正な示談金で和解することが可能になります。
 

弁護士に相談するメリット3:保険会社との交渉が有利に進む

保険会社側にとって都合のいい示談金ではなく、専門的な知識がある弁護士に依頼することで主張すべきことに漏れがなくなり、交通事故の慰謝料の妥当な増額が行えます。
 

弁護士に相談するメリット4:怪我の治療に専念できる

弁護士に依頼すれば、保険会社との示談交渉はすべての被害者の代わりに行ってくれますので、保険会社の担当者と法律の話で悩む必要もなくなりますし、示談交渉の対応に割かれる時間もなくなり、怪我の治療に専念する事ができます。また、もしかしたら不利な過失割合で示談してしまうかもしれないという心の負担が軽減されることも、慰謝料が増額されること以上に大きなメリットと考えられます。
 
 

弁護士費用特約があれば費用も抑えられる

自動車保険の任意保険には「弁護士費用特約」というオプションがあります。保険会社によって若干名前は違いますが、自動車事故で怪我を負った時、その示談交渉の際に話がこじれて弁護士への相談や依頼の必要があった際に、保険会社が弁護士費用を補償するというものです。
 

弁護士費用を300万円まで保障してくれる

一般的に、「弁護士費用」は高額だとされていますが、弁護士費用特約があることで、弁護士への相談料や着手金などがほぼ0円で依頼することができます。
 
最近は相談料や質問を無料で受け付けている事務所も多くありますが、保証内容によっては家族も補償対象になるといった特典もありますので、加入しているのであれば使わない手はありませんね。
 

もし300万円を超えた場合

弁護士費用が300万円を超えるのは、後遺障害を残す交通事故の中でも20%未満の割合と言われています。仮に300万円を超えていたとしても、交通事故全体の80%については、弁護士特約で費用がカバーされますので、ほとんど心配の必要はないでしょう。
 

過失割合が10:0の時は特に有効

交通事故に遭った時、自分の過失が0%(加害者:100%)の時は保険会社が示談交渉を代行することができなくなってしまいます。この時、事故を起こした加害者が納得のいく金額を提示してくれれば問題ないのですが、「示談に応じない」「損害を認めない」と言ったことがあった場合、弁護士特約に加入していれば、弁護士費用の心配をすることなく弁護士に示談交渉を依頼することができます。
 

物損事故の場合でも使える

物損事故の場合、「少額の物損事故では弁護士費用の方が示談金よりも高額になる」という理由で依頼を断っている弁護士もいますが、弁護士費用特約があれば弁護士費用の負担は保険会社がしますので、被害者は負担0円で弁護士に依頼することができますし、弁護士としても適正な費用で示談交渉にあたれます。
 

普及率は高いが利用率が低い

保険会社の資料によれば、2014年度の弁護士費用特約の契約件数は1,400万件、全国の総世帯数の約30%が弁護士費用特約に加入していることになります。
 
しかし、実際に弁護士費用特約が利用された件数は8,200件ほどで、これまで実際に弁護士費用特約を利用したことがある人は0.05%と非常に低い利用率となっています。
 
これには、弁護士特約が比較的新しいサービスという点と、裁判を避けたい、よく知られていないなど、様々な誤解があって利用されていないと考えられているようです。
 
確かに裁判沙汰は避けたいですが、弁護士費用を負担してくれるメリットは大きく、弁護士基準で請求する事で慰謝料や損害賠償金は増額しますので、交通事故に遭った際は使わないと損とも言えます。
 
 

過失割合が得意な弁護士の選び方

もしかしたら、弁護士なら誰でも良いと思っているかもしれませんが、弁護士にも得意・不得意な分野がありますので、どうやって交通事故弁護士とそうでない弁護士を見分ければ良いのかをご紹介していきます。
 

交通事故問題に対する知識が豊富なこと

交通事故には「過失割合」「症状固定」「事前認定」「休業損害」「後遺障害等級」「逸失利益」など、様々な専門用語と問題が生じます。このあたりの知識があるかを相談時に確認して依頼するかを決めるとよいでしょう。
 

交通事故の問題解決実績が多い

解決実績を多く有することも交通事故問題が得意な弁護士の条件と言って良いでしょう。若手でも交通事故案件の経験の多い弁護士の方が、全く経験のないベテラン弁護士より優れている可能性が高くなります。
 

わかりやすい説明じかどうか

相談に行ったときに説明がわかりやすい弁護士であるか確認しましょう。何にいくらかかるのか、損害賠償はいくらぐらい請求できるのか、自分が理解していないと納得の行く結果を得ることは難しくなります。
 

訴訟経験の有無

実際に訴訟を起こした経験はあるのかは必ず聞いておきましょう。解決に関する手続きの方針や、各解決策のメリットなどをわかりやすく教えてくれる弁護士を選ぶことが必要です。

 

過失割合について弁護士に相談するタイミング

過失割合の是正ができる、慰謝料などの増額ができるという最大のメリットがあるのはおわかり頂けたかと思いますが、どのタイミングで弁護士に相談すればベストなのか、その辺りも解説していきます。
 

結論から言えばできるだけ早いタイミングで相談を!

結論からお伝えすると『なるべく早いほうが良い』です。交通事故の示談において、最も注意していただきたいのは、保険会社との示談が成立してしまうと、弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難になることです。
 
そのため、交通事故の被害に遭われた方は例え治療中であっても、今後の適切な進め方を知るために弁護士へ相談されることを強くオススメします。
 
他には・・・

  • 加害者との示談交渉中

  • 調停や裁判にまで発展してしまった時

 
などのタイミングが考えられますが、最も怖いのは「保険会社の提示する条件に疑問を持たずに納得してしまう事」です。言い方は悪いですが、保険会社が提出してくる過失割合には必ずと言っていいほど、被害者に不利となるものが含まれています。
 
そういった内容に疑いが持てず、素直に納得してしまうと、後で後悔するのはあなた自身です。「この程度の金額で済んで良かった」という加害者側の安堵した顔の裏で、実は少ない保険金で後々苦しんでいくなんてひどい話です。
 
そういった事が内容に、まずは保険会社がどう言った示談を持ちかけてくるのか、あるいは今後どのよう交渉が行われるのかだけでも、弁護士の無料相談を活用し、知識を得ておく事は大事になります。

弁護士の方はこちら