交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > むちうちの対処法 > むちうちで通院する際の通院先の選び方・慰謝料請求のポイント
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
公開日:2020.3.17  更新日:2020.4.3

むちうちで通院する際の通院先の選び方・慰謝料請求のポイント

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事

交通事故でむちうちになったら、病院などの医療機関に通院するケースが多々あります。しかし、ひと言でむちうちといっても、十人十色の症状と、事故の状況や損害賠償の請求などの、外的要因も考えなければなりません。

 

そこで、むちうちになった際の通院の流れについてまとめてみました。身体の痛みは病院で治して、心の不安はこの記事で少しでも解消してくださいね。

 

交通事故むちうちの慰謝料相場

交通事故被害でむちうちを負った際に請求できる慰謝料の相場をご紹介します。通院月数ごとの慰謝料の相場・計算方法や後遺障害認定方法、慰謝料を増額するコツなどを解説します。

交通事故のむちうちの慰謝料相場はいくら?通院3ヶ月・6ヶ月別の計算方法

1:むちうちは自然治癒しない|軽いむちうちでも通院は必要

 

むちうちは、特に軽い症状の場合だと勝手に治るのではと思っている方もいるかもしれません。しかし、多くの整形外科や整骨院で程度に関係なく診察を勧めています。

 

もちろん、それが商売であるとも言えますが、実際にむちうちになった場合、まず難しいこととして異常の発見が挙げられます。むちうちの場合、「首が痛い」「頭痛がする」といった自覚症状はあるものの、異常が見当たらないというケースがとても多いのです。

 

患者は痛がっているが、どこにも異常が見受けられないというとき、通院や湿布などの処方箋を案内しますが、それでもよくならないケースもあります。

 

専門機関がすぐに解決できない症状を知識のない一般人が自力で治すことはまず不可能と思ってよいでしょう。どれだけ軽度でもむちうちは通院して治療することが大切です。

 

 

2:むちうちの通院先で選ぶべきは整形外科のある病院

むちうちでの通院先はいくつかの候補が挙げられます。その中でもまず向かうべき場所が整形外科のある病院です。

 

診断書は病院の医師しか作成できない

交通事故に遭った場合、慰謝料を請求するには病院の診断書が必須となってきます。これは医師にしか作成できません。専門の医師が診断書を作成するということが何よりメリットが大きく、扱う器具や処方箋も医師にしか提供できない物があるため、最優先で通うべき通院先といえます。

 

症状の改善がない場合は整骨院へ

もし、整形外科への通院を続けていても症状が改善されない場合は整骨院へ通うことも視野に入れましょう。

 

整骨院では医師ではなく、柔道整復師が施術を行います。機械ではなく、手技による施術なので、整形外科とはまったく違う治療方法を行うことになります。治療法には大きく整復法・固定法・後療法の3つの種類があります。

 

また、手技以外にも電気などのエネルギーで刺激を与える物理療法、運動による機能回復を促す運動療法などさまざまな施術を用いるので、整形外科で改善しなかったむちうちの症状が整骨院ならよくなったという声も多いです。

 

症状改善を求めるならはり治療も有効

それ以外では、一般的に“はり治療”と呼ばれる、はり灸院での施術も効果が期待できます。人体のツボを『はり』や『お灸』で刺激し、身体のバランスを調整することで症状が改善するといわれています。

 

どれを選ぶかは患者の自由ですが、交通事故によるむちうちの場合は第三者が関わっているため、関係各所への連絡や通達を怠らないようにしましょう。

 

 

3:むちうちによる通院の期間や頻度について

どれくらいの期間を使って、何回くらい通う?

交通事故におけるむちうちの通院期間や通院回数は、非常に重要なポイントです。特に、患者の体力や精神的なものも関わってくるため、ある程度の目安がわからないと不安ですよね。

 

通院期間に関しては、症状によるため一概には言えません。しかし、保険会社からの治療費が出る期間はある程度決まっており、一般的には3ヶ月から長くても6ヶ月と言われています。

 

この項目における重要な点は期間と回数が少なすぎると治療の打ち切りを保険会社から打診される恐れがあるというところです。

 

むちうちの損害賠償では通院日数が著しく少ない場合、慰謝料が相場より減額される可能性があります。詳しくは弁護士などの専門家に相談してみるのもよいでしょう。

 

通院頻度はとても重要

目安としては週に1度以上は通院した方が、後々の補償がスムーズかもしれません。

 

損害賠償との兼ね合いはもちろん、むちうちの痛みを緩和するためにはできるだけ通った方が得策です。
もっとも、通院すればするほど補償されるというものでもありませんし、必要のない通院をすべきではありませんので、適正な範囲での通院を心がけたいですね。

 

リハビリについて

むちうちのリハビリは治療の一環として損害賠償請求が認められています。

 

したがって、積極的にリハビリのために通院することも完治するための手段として有効であるといえます。ほとんどのむちうちでは、リハビリの中でも理学療法という物理・運動療法が用いられ、効果が高いとされています。

 

リハビリの目的はむちうちになる前の状態、つまり元通りの生活ができるようにすることなので、最初は効果が見えなくとも、諦めずに通院することが完治への道です。

 

 

4:むちうちによる通院に対しての請求額は?

通院期間で慰謝料は大きく変わる

むちうちの通院期間と慰謝料の関係については、『DMK136』という保険会社の担当が目安として使っているらしい単語も、1つの基準として挙げられます。

 

DMKとは、打撲・むちうち・骨折をローマ字読みした際のイニシャルをそれぞれ取っており、136という数字は打撲なら1ヶ月、むちうちなら3ヶ月、骨折なら6ヶ月で治療の打ち切りを検討するというもので、一種の目安と言えるでしょう。

 

通院期間が長ければ長いほど慰謝料は大きくなりますが、保険会社もできれば必要以上の治療費は払いたくありません。この3ヶ月をベースにした場合、慰謝料はどれくらいになるのでしょうか。

 

慰謝料の算出方法とは

交通事故むちうちの慰謝料相場

交通事故被害でむちうちを負った際に請求できる慰謝料の相場をご紹介します。通院月数ごとの慰謝料の相場・計算方法や後遺障害認定方法、慰謝料を増額するコツなどを解説します。

交通事故のむちうちの慰謝料相場はいくら?通院3ヶ月・6ヶ月別の計算方法

仮にむちうちの通院が3ヶ月続いた場合、慰謝料を算出する方法は3つあります。

 

自賠責基準

1つは、自賠責基準と呼ばれる強制加入保険を使った最低限の賠償金額です。3つのうち最も金額が低く設定されており、治療日数の2倍もしくは通院期間のどちらか少ない方に日額4,200円をかけた金額が慰謝料となります。

 

任意保険基準

2つ目は、任意保険基準です。保険会社によって変わってくるため、一概には言えませんが、通院3ヶ月において通院日数30日の場合、およそ37万円前後ではないかと言われています。

 

弁護士基準(裁判所基準)

3つ目は弁護士基準。過去の判例をもとに東京三弁護士会の交通事故処理委員会が公表しているもので、裁判所基準ともいわれています。

金額設定が最も高額です。

 

任意保険基準、弁護士基準は状況や症状により増減があるため、弁護士などの専門家に依頼することで、適切な賠償金の請求が可能になるでしょう。

 

また、先述したとおり、異常所見のないむちうちの場合は慰謝料の算定ルールが多少異なり、骨折などと比べて慰謝料の相場が低く設定されていることも注意が必要です。

 

保険会社との交渉について

むちうちでの通院で保険会社に損害賠償の請求を交渉する際には、とにかく焦らないことが大切です。通院期間に何ヶ月もかかるほど症状が重い場合は別ですが、1ヶ月程度であれば治療費や慰謝料も含めてかなり低い金額の示談を持ちかけられることが多いでしょう。

 

そのため、弁護士費用との兼ね合いもあって被害者本人が直接保険会社との交渉に赴くケースがほとんどです。

 

相手は何百、何千と同じような案件をこなしている交渉のプロ。こちらの主張はなかなか通らないかもしれませんが、決して感情的にならずに受け答えをしていくことが大切です。ポイントは、客観的な証拠や根拠を用いることでしょう。

 

弁護士相談を検討している人へ

弁護士の相談窓口はいくつかあります。あなたの問題を最短で解決できる窓口はどこか、簡単なフローチャートを確認してみてください。

また、交通事故の無料相談前によくある6つの質問や、弁護士費用について確認してみましょう。

 

24時間・交通事故の無料相談ができる相談窓口

 

5:まとめ

交通事故でのむちうちはまずは病院に行って、整形外科医に診てもらうことからはじめましょう。

 

その中で信頼関係を築いていき、保険会社への連絡も怠らず、通院することで心身および金銭的な面でもトラブルを回避することができます。事故の当事者以外にも気を配る必要があるため大変ですが、きっとよい結果になるでしょう。

 

むちうちが得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士が費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士が選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
弁護士費用保険のススメ

今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、弁護士費用保険メルシーへの加入がおすすめです。

Cta_merci

何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。

弁護士費用保険メルシーに加入すると月額2,500円の保険料で、ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲はこちらからご確認下さい。)

ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

むちうちの対処法に関する新着コラム

むちうちの対処法に関する人気のコラム


むちうちの対処法コラム一覧へ戻る