> 
 > 
 > 
むちうちの慰謝料|通院3ヶ月・6ヶ月の相場と計算方法
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

むちうちの慰謝料|通院3ヶ月・6ヶ月の相場と計算方法

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
C9f409302456b1841175db16ce3f7298_m

交通事故被害でむちうちを負った場合、請求できる慰謝料には『入通院慰謝料』『後遺障害慰謝料』の2種類あります(後遺障害慰謝料はむちうちの症状が後遺症として残った場合に請求可)。

 

むちうちの慰謝料

入通院慰謝料

入院や通院が必要になる怪我を負わされた精神的苦痛に対して支払われる慰謝料。入院か通院をした場合に請求可能

後遺障害慰謝料

後遺症を負わされた精神的苦痛に対して支払われる慰謝料。後遺障害等級に該当すると判断された場合に請求可能

 

損害額がハッキリしている病院の治療代や車の修理費などの損害と異なり、慰謝料には目に見える数値がありません。そのため、慰謝料は被害者が請求可能な額を判断しづらい損害だといえるでしょう。

 

そこで、この記事では交通事故被害によるむちうちの慰謝料について解説していきます。ご自身が請求できる慰謝料の相場や、慰謝料の増額方法などを確認したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

むちうちになったら弁護士に相談しましょう

事故でむちうちになり、入通院をした場合には弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談した方が良い理由はいたってシンプル。『慰謝料を高額請求できるから』です。





左→自賠責基準 右→弁護士基準

慰謝料には2つの金額基準があり、『弁護士基準』の方が高額な請求ができるのです。

弁護士基準で請求するには、弁護士への相談が現実的です(理由)。


『あなたの慰謝料がどのくらい増えそうか』弁護士に相談してみましょう。

むちうちが得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

【こちらの記事も読まれています】
交通事故の被害者が弁護士を使うべき理由

 

むちうちで請求できる慰謝料の相場

交通事故被害によるむちうちで請求できる慰謝料の相場は以下のとおりです(3つの基準についての詳細は次の見出しに解説あり)。

 

<表:入通院慰謝料の相場>

通院期間

自賠責基準※

任意保険基準(推定)

弁護士基準

1ヶ月間

8万4,000円

12万6,000円程度

19万円

2ヶ月間

16万8,000円

25万2,000円程度

36万円

3ヶ月間

25万2,000円

37万8,000円程度

53万円

4ヶ月間

33万6,000円

47万8,000円程度

67万円

5ヶ月間

42万円

56万8,000円程度

79万円

6ヶ月間

50万4,000円

64万2,000円程度

89万円

※自賠責基準は月の通院日数を10日間で計算

 

<表:後遺障害慰謝料の相場>

等級

自賠責基準

任意保険基準(推定)

弁護士基準

第12級

93万円

100万円程度

290万円

第14級

32万円

40万円程度

110万円

 

慰謝料の相場に関連する記事

交通事故 慰謝料 いくらもらった

交通事故の慰謝料いくらもらった?事故被害の請求事例

交通事故 慰謝料 3ヶ月

【交通事故の慰謝料】通院を3ヶ月した場合の相場は?

交通事故 慰謝料 6ヶ月

【交通事故の慰謝料】通院を6ヶ月した場合の相場は?

 

慰謝料を決定する3つの基準と計算方法

交通事故の慰謝料には『自賠責基準』『任意保険基準』『弁護士基準』という3つの基準があり、どの基準を適用するかによって、慰謝料の金額が変わってきます。

 

交通事故の慰謝料を決める3つの基準

自賠責基準

交通事故により負傷した被害者に対して、法令で決められた最低限の補償を行うことを目的とした基準

任意保険基準

自動車保険会社が独自に設けている基準。自賠責基準よりも多くの保障が受けられる

弁護士基準

裁判所の判例などを参考にした基準。自賠責基準や任意保険基準よりも高額な慰謝料が設定されることが多い

 

交通事故の処理は多くの場合は保険会社同士の協議で行われています。そのため、任意保険基準で処理されるケースが多いと思われます。

 

しかし、加害者が任意保険未加入の場合は自賠責基準に従って自賠責に請求することになるでしょうし、被害者が弁護士を雇った場合には弁護士基準に基づいて交渉するのが通常です。以下では、各基準の通院慰謝料の算出方法をご紹介します。

 

(※後遺障害慰謝料に関しては、各基準計で相場が定められているので省略)

 

自賠責基準の慰謝料

自賠責基準の通院慰謝料の算出方法は以下の両方の式で計算をして金額が少ない方の慰謝料が適用されます。

 

  1. 4,200円×治療期間(病院で通っていた期間)
  2. 4,200円×実通院日数(実際に病院に通った日数)×2

 

<例:月に10日間の通院を3ヶ月間継続した場合>

  1. 4,200円×90日=37万8,000円
  2. 4,200円×30日×2=25万2,000円

 

上記の例では①の式よりも②の式の金額が低いので、被害者が請求できる通院慰謝料の金額は25万2,000円です。

 

任意保険基準の慰謝料

任意保険基準は、保険会社の内部基準であるため加害者が加入する保険会社によって金額が変わってくると思われます。基本的には自賠責基準より少し高めまたは同等くらいであるといわれていますが、公表されていませんので明確にはわかりません。

 

任意保険基準の通院慰謝料の大体の目安は以下のとおりです。

 

<任意保険基準の入通院慰謝料(単位:万円)>

 

入院

1ヶ月

2ヶ月

3ヶ月

4ヶ月

5ヶ月

6ヶ月

7ヶ月

8ヶ月

9ヶ月

10ヶ月

通院

25.2

50.4

75.6

95.8

113.4

113.4

128.6

141.2

152.4

162.6

170.2

1ヶ月

12.6

37.8

63.0

85.6

104.7

120.9

134.9

147.4

157.6

167.6

173.9

2ヶ月

25.2

50.4

73.0

94.6

112.2

127.2

141.2

152.5

162.6

171.4

176.4

3ヶ月

37.8

60.4

82.0

102.0

118.5

133.5

146.3

157.6

166.4

173.9

178.9

4か月

47.8

69.4

89.4

108.4

124.8

138.6

151.3

161.3

168.9

176.4

181.4

5ヶ月

56.8

76.8

95.8

114.6

129.9

143.6

155.1

163.8

171.4

178.9

183.9

6ヶ月

64.2

83.2

102.0

119.8

134.9

147.4

157.6

166.3

173.9

181.4

185.4

7ヶ月

70.6

89.4

107.2

124.3

136.7

149.9

160.1

168.8

176.4

183.9

188.9

8ヶ月

76.8

94.6

112.2

128.6

141.2

152.4

162.6

171.3

178.9

186.4

191.4

9ヶ月

82.0

99.6

116.0

131.1

143.7

154.9

165.1

173.8

181.4

188.9

193.9

10ヶ月

87.0

103.4

118.5

133.6

146.2

157.4

167.6

176.3

183.9

191.4

196.4

 

弁護士基準の慰謝料

3つの基準の中で、弁護士基準の慰謝料が最も高額です。保険会社の基準でなく、過去の判例(裁判結果)を参考に算出されるので、正確には最も適正な額の慰謝料を算出できる基準であるといえるでしょう。

 

弁護士基準の通院慰謝料の相場は以下のとおりです。

 

<弁護士基準の入通院慰謝料表(単位:万円)>

 

入院

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

13月

14月

15月

通院

 

35

66

92

116

135

152

165

176

186

195

204

211

218

223

228

1月

19

52

83

106

128

145

160

171

182

190

199

206

212

219

224

229

2月

36

69

97

118

138

153

166

177

186

194

201

207

213

220

225

230

3月

53

83

109

128

146

159

172

181

190

196

202

208

214

221

226

231

4月

67

95

119

136

152

165

176

185

192

197

203

209

215

222

227

232

5月

79

105

127

142

158

169

180

187

193

198

204

210

216

223

228

233

6月

89

113

133

148

162

173

182

188

194

199

205

211

217

224

229

 

7月

97

119

139

152

166

175

183

189

195

200

206

212

218

225

 

 

8月

103

125

143

156

168

176

184

190

196

201

207

213

219

 

 

 

9月

109

129

147

158

169

177

185

191

197

202

208

214

 

 

 

 

10月

113

133

149

159

170

178

186

192

198

203

209

 

 

 

 

 

11月

117

135

150

160

171

179

187

193

199

204

 

 

 

 

 

 

12月

119

136

151

161

172

180

188

194

200

 

 

 

 

 

 

 

13月

120

137

152

162

173

181

189

195

 

 

 

 

 

 

 

 

14月

121

138

153

163

174

182

190

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15月

122

139

154

164

175

183

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通院日数が少ない場合

これは各基準に当てはまる注意点なのですが、通院頻度が少ない場合(例えば、通院が週1回未満などの場合)は慰謝料の算出基準が若干変わることもあります。具体的には、このように通院頻度が少ない場合ケースの場合は『通院日数×3』をした数値を通院期間とみなして、慰謝料額を算定するという方法があります。

 

例えば、通院期間が60日だったとしても、通院日数が6日しかなかったというような場合、週1回程度の通院もないため、通院期間は60日ではなく、『6日×3』で18日で計算すべきと主張されることがあります。この場合、通院期間が60日の場合と比較して、慰謝料額は相当低くなってしまいます。

 

上記のような計算方法が常に採用されるわけではありませんが、通院頻度が少ないような場合は、相手から当該計算方法にすべきと主張される可能性は十分にあり得ます。

 

通院は慰謝料請求のためにするわけではないですが、少なくとも痛みなどの症状があるような場合は、通院を我慢することにメリットはありません。そのため、無理することなく、適度な頻度で通院することが重要と言えるでしょう。

 

むちうちが後遺障害に認定される基準

他覚症状のないむちうちは、1~3ヶ月程度で回復する場合が大きため、どんなに重い症状も6ヶ月程度で完治するのが通常と考えられています。そのため、このような期間を過ぎても症状が軽快せず、特に有効な治療方法もないということであれば、治療を終了して後遺障害の認定を受けるステップに進むべきかもしれません。

 

その後の申請手続きで、加害者側自賠責保険から後遺障害等級に該当すると認定されれば、通常は、その等級に応じた後遺障害慰謝料や逸失利益の補償を受けられます。

 

後遺障害には1級から14級までの14段階あります。ただ、基本的にはむちうちの場合だと14級もしくは12級が認定されるケースがほとんどです。以下では、むちうちが後遺障害として認定される基準をご紹介します。

 

後遺障害12級

後遺障害12級のむちうちは、むち打ち症状の原因となるような筋肉や神経の損傷等が画像診断等で認められること(これを他覚症状といいます)が大きなポイントです。

 

このような場合に、むちうちの疼痛やしびれの症状が後遺症として残っていれば、『頑固な神経症状』として12級の等級が認定される可能性があります。ポイントはレントゲン、CT、MRIなどの画像検査で痛みの原因となる損傷がハッキリ見られるかどうかです。

 

後遺障害12級が認定される可能性が高い状態

  • 初診で骨折・脱臼など傷病名の診断を受けている
  • 画像診断により痛みの原因が確認できる

 

この2点を押さえているかどうかが、むちうちが12等級として認定されるかの重要な判断基準となります。

 

後遺障害14級

画像検査ではむちうちの痛みの原因がわかない状態でも、以下のような観点からむちうちの症状(疼痛・しびれ等)が一貫して存在しており、また軽快可能性がないと評価されるような場合は、後遺障害14級認定される可能性があります。

 

後遺障害の認定条件

  1. 事故の状況と、「患者(被害者)が医師に申告する症状」と程度が一致していること
  2. 事故当初から、医療機関への定期的な通院を続けていること
  3. 事故当初から、患者(被害者)の訴える症状が続いており、かつその症状には一貫性がある(痛みの回復、再発ではない)こと
  4. 症状が重たいと認められ、かつ日常生活において継続している(日常で慢性的に症状が出ている)と認められていること

 

画像検査で異常が発見できない分、後遺障害認定を受ける難易度は高くなります。他覚所見のないむちうち症状が後遺障害と認められる可能性は低いですし、認定の基準も明確ではありません。しかし、医師と相談しながらさまざまな神経検査を受けることで障害の存在を証明できて、後遺障害等級の認定を受けられる場合もあります。

 

長期間の治療を続けてもむちうちの症状が治らないという場合、担当医に相談し、後遺障害診断書の作成を依頼してみましょう。

 

むちうちの後遺障害認定を受ける方法

むちうちの後遺障害認定を受けるためには、まずは通院先の担当医から症状固定の診断(これ以上の症状改善は見込めないという診断)を受けた後に、後遺障害診断書を発行してもらい、関係資料とともに損害保険料率算出機構に提出する必要があります。

 

損害保険料率算出機構の審査の結果、後遺障害等級に該当するとの判断が得られれば、後遺障害があることを前提とする補償の請求が容易となります。

 

なお、後遺障害の申請方法は、加害者の保険会社に手続きを一任する『事前認定』と、被害者自らが手続きを進める『被害請求』の2通りです。

 

事前認定は加害者側保険会社にすべてお任せできるので手間がかかない点がメリットです。しかし、被害者請求の方がご自身で症状に対する証拠を集められる分、後遺障害が認定されやすくなると言われています。ですから、後遺障害の認定が難しいといわれるむちうちの場合は、被害者請求での申請を検討した方がよいでしょう。

 

 

むちうちの慰謝料請求は弁護士への依頼がおすすめ

治療期間が長期にわたるむちうちの場合は、弁護士に慰謝料請求を依頼することをおすすめします。通常、弁護士への依頼は【弁護士により増額できる慰謝料>弁護士費用】になる必要がありますが、治療期間が半年近く長引いていたり、後遺障害認定を受けられたりする場合は、弁護士を雇うことで収支がプラスになる可能性が高いです。

 

また、先ほど紹介した後遺障害認定の手続きも弁護士に一任することができるので、後遺障害認定の可能性がある状態であれば、特に弁護士への依頼を積極的に検討された方がよいでしょう。

 

ただ、弁護士を雇うべきかどうか判断するのを悩んでいる方もいるでしょう。その場合には、法律相談を利用して増額できる慰謝料の見積もりを出してもらい、アドバイスを受けてから判断されることをおすすめします。法律相談をしたからといって、必ずしも依頼する必要はありません。まずは、自分はどう対処するのが最善かを確認しておきましょう。

 

また、弁護士に依頼しても他覚症状のないむちうち症状で後遺障害等級を受けるのは至難ですので、その点は留意して依頼してください。

 

まとめ

むちうちの慰謝料は、通院日数・後遺障害の有無・3種類の慰謝料算出基準によって決定するのが通常です。基本的には、通院期間が長いほど慰謝料の金額は高額になりますが、青天井というわけでもありません。

 

また、むちうちが後遺障害として認定されれば、入院通院慰謝料だけでなく後遺障害慰謝料の請求も認められるので、保険会社から支払われる保険金の大幅な増額を見込めます。

 

交通事故の慰謝料は請求方法や治療の受け方によって金額が大きく変わります。わからないことがある場合はご自身だけで判断せず、担当医や弁護士に、必ず相談するようにしましょう。

 

交通事故の慰謝料は弁護士が交渉する事で増額する可能性があります


慰謝料には弁護士基準というものがあり、示談交渉に弁護士が介入することで慰謝料額が大幅に増額する可能性があります。一般の方が加害者側に弁護士基準の請求をしても、根拠を示すのが難しく、なかなか聞き入れてくれないというのが現状です。そのため、増額請求には弁護士への依頼がおすすめです。



まずは、弁護士への依頼でどれくらいの増額が見込めるのか、相談されることをおすすめします。

慰謝料の増額が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

出典元一覧

一般社団法人むち打ち治療協会

後遺障害等級 – 国土交通省

慰謝料算定の実務 第2版|千葉県弁護士会/編集 ぎょうせい

損害保険料算出機構(損保保険料機構)

『交通事故の法律知識[第3版] 弁護士 有吉 春代 他(自由国民社)』

『交通事故民事裁判例集[第48巻第4号] 不法行為法研究会/編(ぎょうせい)』

 

むちうちの関連記事一覧

むちうちの症状まとめ|痛みが治る目安や治療法について

むちうちの慰謝料|通院3ヶ月・6ヶ月の相場と計算方法

むちうちで通院する際の通院先の選び方・慰謝料請求のポイント

交通事故のむちうち|頭痛などの自覚症状で後遺障害認定は可能?

むちうちの痛みはいつ治まる?治療期間の目安と痛みの特長

むちうちに詳しい弁護士に相談するメリットと慰謝料が増額する理由

むちうちの後遺症(後遺障害)認定と慰謝料増額ガイド

追突事故でむちうちとなった際の示談交渉や慰謝料請求の手順

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

むちうちに関する新着コラム

むちうちに関する人気のコラム


むちうちコラム一覧へ戻る