> 
 > 
 > 
交通事故の問題解決が得意な弁護士の選び方
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

交通事故の問題解決が得意な弁護士の選び方

Jico-bengoshi-erabikata

交通事故の問題を弁護士に依頼するとき、何を基準にすれば良いのか、その選び方で迷う瞬間があると思います。

 

交通事故が起き、損害賠償を請求するにあたって非常に強力な味方になってくれるのが弁護士ですが、弁護士を通じて示談や裁判を行うか行わないかによって得られる賠償金には非常に大きな差が生じます。
 

しかし日常生活では弁護士とあまり縁がないこともまた事実。そこで今回は、交通事故を得意とする弁護士の選び方をご紹介します。

 

慰謝料を増額させる方法は?


慰謝料を増額させる方法、それは『弁護士に請求を依頼すること』です。

・自賠責基準
・弁護士基準

慰謝料には2つの金額基準があり、弁護士基準の方が高額な請求をすることができます。

左→自賠責基準 右→弁護士基準

慰謝料は事故によるケガの程度や、入通院の期間などにより金額が変動します。

あなたの場合はどうなのか』、弁護士に相談してみましょう。

交通事故が得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

交通事故が得意な弁護士を選ぶ前に知っておくべきこと

まず、弁護士の選び方の基本として、あなたが助けを求める分野が得意な弁護士である必要があります。
 

弁護士には得意分野がある

弁護士は法律の専門家ですが、ひとことで「弁護士」と言っても、それぞれ得意分野が違います。例えば離婚問題を得意とする弁護士もいれば、相続問題を得意とする弁護士もいます。
 
そういった様々なジャンルを専門的に扱っている弁護士の中から、交通事故問題を得意とする弁護士を探すのは、昔はとても大変でしたが、いまは比較的簡単に探せるようになったと言えます。
 

弁護士の得意分野はHPに描いてある

今は広告活動を積極的に行っている弁護士が増えてきた関係上、インターネットのHPを見れば、自分の得意分野の問題を前面に押し出しています。つまり、HPを見ればどんなジャンルが得意な弁護士かはほぼ把握できると言えます。
 
ただし注意しておきたいのは、何でも出来ると謳っている弁護士事務所です。大手の法律事務所でジャンルごとに専門の弁護士が在籍しているような場合を除き、あまり何でも引き受ける法律事務所は敬遠すべきです。
 
今回ならば、交通事故問題に特化した知識とキャリアを持つ弁護士を選べるようにするとよいでしょう。
 

交通事故が得意な弁護士を選ぶべき理由

もし交通事故に疎い弁護士に相談してしまった場合、交通事故の慰謝料、示談金、過失割合などを有利に進めることが難しくなります。

 

交通事故の場合、後遺障害という医学の知識や、加害者に対する刑事事件の可能性、慰謝料の算定に必要な要素は何なのかなど、専門分野として扱っていないと対応できない部分が多々あります。
 
同じ弁護士だから大丈夫だろうと思って依頼してしまうと、結果的に損をするのはあなた自身ですから、弁護士選びは慎重に行う必要があります。
 

弁護士にはどのタイミングで相談するのが良いのか?

交通事故が起きた直後で精力的に弱っている時でも、弁護士に依頼することで精神的な支えになってくれますので、できるだけ早いタイミングが良いということは言えますが、相談すべきタイミングとしては、下記の5つのタイミングのどれかであると良いでしょう。
 

  • 死亡事故にあった時
  • ケガをして入院している時
  • 後遺障害などが残るとわかった時
  • 保険会社との示談交渉が始まった時
  • 加害者側と調停や裁判になったタイミング など

 
怪我のない「物損事故」の場合でも弁護士への相談は有効ですので、詳しくは「交通事故の問題解決を弁護士に相談すべき6つのタイミング」を参照して頂ければと思います。

 

 

交通事故を得意とする弁護士の選び方

弁護士にはそれぞれ得意とする分野があります。民事につよい弁護士や刑事を得意とする弁護士、交通事故が得意な弁護士がいれば不動産関係を得意とする弁護士など、一口に「弁護士」と言ってもその得意ジャンルは様々です。
 
その中で交通事故を得意とする弁護士を選ぶには以下の点を心がけるとよいでしょう。
 

説明がわかりやすく理解しやすい

交通事故によるトラブルは、様々な専門用語が飛び交います。そして、その言葉を知っていなければ、納得のいく結果を得ることは難しいでしょう。弁護士に相談する際の最初のポイントとなるのがその知識量とそれをきちんと伝えられるかです。
 
説明がわかりやすいと感じられるならば、それは相手に持っている知識を伝えられているということになります。普通、交通事故に遭う機会など少ないわけですから、知識が少ないことは当然です。
 
わからない点をなくすように質問をし、それにきちんと説明してくれる弁護士を探すことで、その能力と誠意が見えることでしょう。そのような弁護士が見つかれば心強いパートナーとなってくれるはずです。
 

報酬金などの料金体系が明確

交通事故の賠償額は、大きな金額なりがちで、時と場合によっては1億円を超えることもあります。そのような場合には、弁護士費用も大きくなるものです。なぜなら、弁護士の費用とは得られた賠償金にそれぞれの弁護士が設定した割合が掛けられて成功報酬となることが多いからです。
 
成功報酬の参考例としては以下のものがあげられます。
 

経済的利益の額によって変動

・300万円未満の場合:16%
・300万円〜3000万円の場合:18万円+その10%
・3000万円〜3億の場合:138万円+その6%
・3億円以上の場合:738万円+その4%
 
成功報酬の他にも着手金や弁護士が現場検証や裁判所に出向くための日当、示談交渉に必要な経費など、弁護士に依頼するために必要な資金はいくつか存在します。それらを事前に明確に提示してくれる弁護士を選ぶことで安心して依頼することができるでしょう。
参考:交通事故を弁護士に依頼する時の費用と費用を抑えるポイント
 

交通事故案件の訴訟経験が豊富にある

弁護士のジャンルには様々な分野があり、単に弁護士としての経験が長いだけでも交通事故案件を担当したことがない弁護士もいます。そういった方の場合、法律的な知識はあっても付随する知識を持っておらず、適正な損害賠償を得られないこともあり得ます。
 
例えば、後遺障害がある場合、適正な賠償を得るためには適正な後遺障害等級の認定を得る必要があります。しかし、そのためには法律的な知識だけでなく、医学的な知識を持っていることや認定のポイントを知っている必要があるのです。
 
こういった周辺知識を持っているかいないかで損害賠償は大きく変わります。そのため、交通事故案件の経験が豊富な弁護士を見つけることが望ましいでしょう。
 

過去の解決事例をチェックする

経験の豊富さを調べるためには、それぞれの弁護士が提示している解決事例をチェックしてみるとよいでしょう。そうすることで交通事故の中でも死亡事故の経験が豊富であったり、後遺障害に対して数多くの案件をこなしているなどの傾向が見えてきます。
 
過去の解決事例を確認することでその弁護士の得意ジャンルが見えてきますのでぜひチェックしてみてください。
 

過去に懲戒処分を受けていないこと

弁護士でも、過去に何らかの理由で懲戒され、業務停止等の重い処分を受けている場合もあります。

そういった弁護士にはできれば当たりたくないという気持ちもあるでしょうから、そのような場合は、「弁護士懲戒処分検索センター」で懲戒処分された弁護士かどうかを確認することができますので、確認してみると良いでしょう。

 

もし弁護士費用を気にして依頼を迷われている場合

弁護士の費用は交通事故の大きさにもよりますが、かなりの金額になることが多いですが、その金額の一部は弁護士特約を利用することによって賄うことが可能です。無過失の場合、自分の加入する保険会社は示談交渉などの担当を行うことできません。
 
弁護士特約」は弁護士にかかる費用の一部を自分が加入している自動車保険で賄うことができる制度です。その利用できるタイミングや金額は各保険会社によって異なりますので、ご自身が加入している保険をチェックしてみましょう。
 
また弁護士事務所によって相談を無料で行ってくれるところと5,000円/30分などの有料のところとがありますので、相談の際は意識してみるとよいでしょう。
参考:交通事故を弁護士に依頼する時の費用と費用を抑えるポイント
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。交通事故を得意とする弁護士を見つけ出すことで正当な損害賠償を得ることができるのです。そのためにも交通事故を得意とする弁護士を選ぶことが重要ですので、本日あげたポイントを参考にしてくださると幸いです。

 

すぐに交通事故が得意な弁護士に相談したいなら
交通事故弁護士ナビのご利用をオススメします。

日弁連の交通事故相談センターには、相談が受け付けられないケースも存在し、相談時間も1回30分までという制限がありますので、もし相談時間を気にせず今の現状について弁護士からアドバイスを受けたいなら、交通事故弁護士ナビをご利用いただく事をオススメしています。
 
当サイト『交通事故弁護士ナビ』は交通事故を得意とする弁護士を掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】電話相談や面談相談が無料の事務所や、着手金が必要ない事務所もあります。
 
まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

 

交通事故が得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

交通事故弁護士に関するオススメの記事

>>弁護士を途中変更する際の注意点|交通事故は示談の成立前なら挽回可

弁護士を変更する際の注意点と依頼先の選ぶポイントなどをご紹介します。

 

>>交通事故の慰謝料相場と計算手順|弁護士基準で増額請求する方法

交通事故の慰謝料の相場と実際に起きた交通事故の事例を参照ながら、どうやったら交通事故の慰謝料を引き上げる事ができるのか、その具体的な手順をご紹介します。

 

>>交通事故の問題を弁護士に相談する前に確認してほしい5つの知識

弁護士は100%あなたの「味方」です。しかし、交通事故が得意な弁護士であっても、あなたの悩んでいることを必ず解決してくれるとは言い切れませんし、どんな場合でも弁護士に相談すれば解決できるわけでもありません。

 

>>交通事故について弁護士に相談するベストタイミングと相談するメリット

事故が起きてから弁護士に相談するタイミングを見ることで、弁護士を雇うメリットを増やす方法をお教えします。

 

 

参照元一覧

『交通事故の法律知識[第3版] 弁護士 有吉 春代 他(自由国民社)』

『交通事故民事裁判例集[第48巻第4号] 不法行為法研究会/編(ぎょうせい)』

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

示談に関する新着コラム

示談に関する人気のコラム


示談コラム一覧へ戻る