> 
 > 
 > 
人身事故証明書入手不能理由書の書き方と知るべき注意点
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2015.12.2

人身事故証明書入手不能理由書の書き方と知るべき注意点

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Syoumeisyo

人身事故証明書入手不能理由書(じんしんじこしょうめいしょにゅうしゅふのうりゆうしょ)とは、交通事故に遭った際、何らかの理由で警察へ人身事故の届出ができなかった場合に、“人身事故の証明書”を“入手できなかった理由”を書いた書類のことです。
 
人身事故証明書入手不能理由書は物損事故として届け出たものを人身事故にするための書類ですので、物損事故として警察に届け出ていない事故については、「人身事故証明書入手不能理由書」を提出することはできません。
 
今回はこの人身事故証明書入手不能理由書が必要になる場合や、その書き方などをご紹介します。

 

ケガをしたのに物損事故で処理された方へ

物損事故のままだと実況見分調書が作成されず、慰謝料請求が難しくなります
しかし、弁護士に依頼して適切な証拠を揃えれば
人身事故の場合と同様、慰謝料を獲得できる場合があります。

交通事故が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

人身事故証明書入手不能理由書の提出が認められる「理由」とは

人身事故証明書入手不能理由書の提出で認められる、届け出ができなかった正当な理由は、主に時間が経ってからケガの症状が出た場合です。人身事故だと分かっていたのに、故意に物損事故として届け出たような例は認められませんので、注意が必要です。
 

人身事故証明書入手不能理由書の書き方

基本的には保険会社の担当者が記入し、送付されてくるものですので、自分で書く機会はそう多くはありませんが、場合によっては自分で記入するケースもあるかもしれませんので、書き方をご紹介しておきます。
 
この書類は一般的には2枚に分かれており、以下のように分類されています。
・1枚目:証明書の入手が出来なかった具体的な理由などを書く。
・2枚目:保険会社が記入するので気にしなくて良い。

 

証明書が入手出来なかった理由を記入

図1
引用元:人身事故証明書入手不能理由書


図をご覧の通り、いくつかの選択肢があるので最も近い理由を選びましょう。
 
・受傷が軽微で検査通院のみ(予定を含む)であったため
・受傷が軽微で短期間で治療を終了した(もしくは終了予定の)ため
・公道以外の場所(駐車場、私有地)で発生した事故のため
・事故当事者の事情(理由を詳しく書く)
・その他(理由を詳しく書く)

警察へ「物損事故」の届け出を行っている場合にする記入事項

図2
引用元:人身事故証明書入手不能理由書 


・【届け出警察】:○○警察/○○担当官
・【届け出年月日】:平成△△年△月△△日

署名・押印

図3
引用元:人身事故証明書入手不能理由書


人身事故の事実を確認するため、関係者の記名・押印しましょう。

・住所
・氏名
・電話番号
・印鑑(シャチハタなどでも可能)

交通事故概要記入欄

2枚目は保険会社に記入をお願いしましょう。

図4
引用元:人身事故証明書入手不能理由書 


・事故発生年月日日時
・当事者の情報(人数分)甲・乙・丙・丁・戊(それ以上は別紙)

・住所
・氏名
・電話番号
・生年月日、歳
・自賠責保険契約先
・自賠責保険証明書番号
・登録番号
・事故時の状況:運転・同乗(甲・乙)・歩行・その他

 

人身事故証明書入手不能理由書は証明書ではないことに注意

人身事故証明書入手不能理由書は人身事故による交通事故証明書を入手できなかった理由を書く、自己申告制の書類ですので、人身事故証明書入手不能理由書を書いたからと言って、必ず保険会社がそれ信用してくれる訳ではありません。
 
人身事故が間違いなく起こった事を「証明する」書類は、交通事故証明書になります。交通事故証明書があれば、それ自体が「人身事故があったという証明」になるため、自賠責保険からの保険金が支払われます。
 

可能な限り人身事故へ切り替える

交通事故の発生から約10日以内であれば、物損事故から人身事故に切り替えることができます。この期間を過ぎてしまうと、人身事故として扱われないケースも考えられますので、できるだけ早めに行動して頂くことをおすすめします。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
人身事故への切り替えは、保険金の受け取りに直結する大事な対応ですので、人身事故証明書入手不能理由書が必要な際は、速やかに書くようにしましょう。

 

交通事故が得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

人身事故に関する新着コラム

人身事故に関する人気のコラム


人身事故コラム一覧へ戻る