交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 交通事故後の対応 > 交通事故を警察へ届け出ることは法律上の義務|後日であっても届出は可能
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
公開日:2020.3.25  更新日:2020.3.25

交通事故を警察へ届け出ることは法律上の義務|後日であっても届出は可能

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事

交通事故が発生した際、つい『小さな事故だから…。』と、警察への届出を怠ってしまいたくなることもあるかもしれません。

 

しかし、それは法律違反です。また、本来受け取ることができるはずの保険金が受け取れなくなることも。通報を怠るだけでさまざまなリスクが生じます。

 

ぜひこの記事をお読みいただき、警察へ届出をすることの重要性について理解してただければ幸いです。

交通事故後の警察への届出は物損・自損ともに義務

交通事故の発生後にその旨を警察へ届け出ることは、物損事故・人身事故ともに、権利ではなく『義務』です。

 

交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ち に車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合におい て、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、 警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項 において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並 びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなけれ ばならない。

引用元:道路交通法 第72条1項

 

以下でも記載しますが、これに違反することで、道路交通法で処罰される可能性もあります。

 

届出を怠ることで起こるリスク

ではここで、交通事故の発生を警察に届け出なかったことで起こりうるリスクをご紹介します。

 

道路交通法で処罰される

先ほども記載したように、道路交通法第72条には、

 

当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

 

と記載されています。これに違反すると、3ヶ月以下の懲役、または5万円以下の罰金を命じられる可能性があります。

 

相手を巻き込んだ交通事故はもちろん、自損事故であっても、物を破損させている可能性も考えられますので、警察への届出は必ず行うようにしましょう。

 

保険金がもらえない

交通事故が発生し、それを警察に報告すると、警察は後日交通事故が発生したことを証明する資料(交通事故証明書)を交付してくれます。そのため、警察への報告を怠ると、『交通事故証明書』が発行されません。

 

保険会社は交通事故証明書がない場合、保険適用を拒否することがあります。せっかく加害者が任意保険に加入していても、被害者は当該任意保険会社から補償を受けられないおそれがあります。

 

また、被害者が自身のために傷害保険や車両保険に加入していても、やはり事故証明書がないと保険適用が受けられません。

 

これは大きなリスクでしょう。

保険金がいくらもらえるか知りたい方へ

人身事故であれば怪我の状況に応じて慰謝料なども請求できます。あなたの状況でいくらもらえそうか知りたい方は、最短60秒でできる【自動慰謝料計算機】をお試しください。

面倒な登録は一切ナシ!ご自身の状況を選択するだけで慰謝料を計算してくれます

 

慰謝料計算スタート!

 

警察への報告の際に伝えること

では実際に、警察へ報告を行う際は、どのようなことを伝えればいいのでしょうか?

 

事故が起こった場所

まず初めに伝えることは、事故が起こった場所です。

 

もしもその場所に土地勘がない場合は、近くのコンビニやスーパーの表示、あるいは交差点の表示を確認し、住所や地名を把握しましょう。

 

スマートフォンの地図アプリを使ったり、近くの人に聞いてみるのもいいですね。

 

現場・負傷者の状況

次に、現場の状況はどうなっているのかを伝えましょう。壊れたものはあるか、負傷者はいるか、負傷者はどのような状態なのかなどを確認し、警察に伝えてください。

 

負傷者の状況によっては病院へ搬送する必要性も考えられますので、その際は救急車を呼び、場合によっては人工呼吸やAEDを使用するなど、応急手当にあたってください。負傷者の救護が最優先です。救護が済み、落ち着いてから警察に連絡をしましょう。

事故によって損傷した物

物損事故や人身事故の場合、物が壊れたり破損したりすることも考えられますので、何が壊れているのか、どのようにして破損したのかなどを警察に伝えましょう。

 

電話では、警察から質問をしてくれるはずですので、すべてを覚えようとはせず、落ち着いて警察からの質問に応じれば問題ありません。

事故報告は後日でも大丈夫?

交通事故が起きたら、必ずその場で警察を呼びましょう。後日警察に連絡しても受け付けてもらえない可能性もあります。

 

被害者・加害者ともに負傷をして110番通報もできない状態であれば、周囲の人間が110番通報や119番通報するでしょうから、問題ありません。

 

上記のような正当な理由もないのに、その場で110番通報しないという対応は絶対にやめましょう。

 

報告期限

特段の期限は定められていませんが、事故の通報はその場で行う必要があります。それを怠れば上記のような制裁を受ける可能性がありますし、事故証明書が発行されない危険もあります。

 

報告事項

交通事故の届出は、110番通報して事故があった旨を伝え、現場で警察を待つだけです。後は以下のような事項について警察が聴き取りを行い、事故証明書に記載してくれます。

 

  • 事故が発生した場所と時間
  • 損傷は事故によるものか
  • 加害者の身元や連絡先

 

物損事故として提出したものの、後日痛みが出てきて人身事故に切り替えたい人は、こちらの記事【人身事故と物損事故の違い|切り替え方法と申請期限について】をご確認ください。

まとめ

交通事故後に警察への報告は道路交通法上で定められた義務です。

 

これを怠ると制裁を受ける可能性があり、また保険金を受け取れないというリスクもあります。

 

物損事故・人身事故問わず、事故が起きたら必ずただちに警察に通報してください。

 

交通事故の慰謝料は弁護士が交渉する事で増額できる可能性があります

慰謝料には弁護士基準というものがあり、示談交渉で弁護士が介入することで慰謝料額が大幅に増額する可能性があります。

 

一般の方が加害者側に対して弁護士基準で請求をしても、根拠を示すのが難しくなかなか聞き入れてくれないというのが現状ですので、増額請求には弁護士への依頼がおすすめです。

 

弁護士基準による増額事例

 

まずは、弁護士への依頼でどれくらいの増加が見込めるのか、相談されるのをオススメします。

 

慰謝料の増額が得意な弁護士を地域からを探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

出典元一覧

道路交通法 第72条1項

 

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士が費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士が選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

交通事故後の対応に関する新着コラム

交通事故後の対応に関する人気のコラム


交通事故後の対応コラム一覧へ戻る