交通事故後の警察との適切な対応|実況見分を有利に進めるには?

~いざという時の備えに~交通事故コラム

 > 
 > 
 > 
交通事故後の警察との適切な対応|実況見分を有利に進めるには?
キーワードからコラムを探す
交通事故コラム
2018.4.2
人身事故 弁護士監修記事

交通事故後の警察との適切な対応|実況見分を有利に進めるには?

Pixta_33747532_s

交通事故に巻き込まれたり、交通事故を起こしたりすると警察への通報が必須となります。警察が現場に来ると、当事者たちは事故時の状況などさまざまなことを聞かれます。

 

今回は、交通事故が発生した際の警察への対応について解説していきます。

 

事故後はパニックになったり、冷静な判断を下すことができないといった状況も考えられますが、ぜひこの記事を参考に、実況見分を有利に進めるための参考にしてください。

 

慰謝料の増額が得意な弁護士を地域からを探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

交通事故が起きたら警察へ通報するのは義務

まず大前提として、交通事故の発生を警察へ報告することは、道路交通法で定められている義務です。これを怠ると罰せられる可能性があります。

 

交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ち に車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合におい て、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、 警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項 において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなけれ ばならない。

引用元:道路交通法第72条1項

 

 

警察が現場に到着するまでにやるべきこと

警察が報告を受けて現場に到着する前にやっておくべきことが3つあります。それについて、ここから解説していきます。

 

具体的な事故の状況を警察へ伝える準備をする

まずは、どのようにして事故が起こったのか、冷静になって思い出します。

 

『自分と相手はどのくらいのスピードを出していたのか』『信号の表示はどうだったのか』『路面はどのような状態だったのか』『相手がどのようにしてぶつかってきたのか』『車は停車していたのか動いていたのか』など、できるだけ具体的に思い出すようにしましょう。

 

警察が来るまでの間、メモをとるなどし、警察へ正確に報告するための準備をするよう努めてください。

 

加害者の連絡先や身元を確認する

その後は、加害者の連絡先や身元を確認しましょう。

 

もちろん、相手が負傷していればその救護にあたったり、病院への搬送を行ったりするべきですが、物損事故などでお互い負傷していない場合には、ここでしっかりと相手の情報を聞いておくことが大切です。

 

警察が現場に到着する前に、相手がその場から立ち去ってしまった際に、身元が分かっていれば対処することができます。

 

聞き方によっては相手の怒りを買うなど、逆効果になってしまう恐れもありますので、無理やり聞き出そうとするのではなく、『相手が話し合いに応じてくれるようであれば聞きだす』くらいの気持ちで対応しましょう。

 

この時点では家族や会社には連絡しない

交通事故が起きてしまったら、その事実を早く家族や会社に報告したいという気持ちになるかと思いますが、警察が到着する前での報告は控えるようにしてください。

 

家族や会社への電話に時間をとられている間に、警察からの電話がかかってきたり、相手がその場から立ち去ってしまったりする可能性もあります。

 

まずは交通事故への対応が先ですので、この時点での家族や会社への連絡はしないようにしましょう。

 

 

警察へ電話をするタイミング

交通事故が発生した後の流れは、以下の通りです。

 

引用元:交通事故の対応で困らないための初期対応まとめ

 

まずはケガ人の救護を行い、車やケガ人を安全な場所へ誘導させた後、警察へ電話をしましょう。

 

この際、ケガ人の負傷具合によっては救急車を呼び、ケガ人の対応にあたってください。数日たってから体に異変をきたす可能性もありますので、たとえ軽傷であったとしても、呼ぶようにしましょう。

 

警察が到着するまでの間は上記に記載したように、

 

  • 具体的な事故の状況を警察へ伝える準備をする
  • 加害者の連絡先や身元を確認する

 

の流れで準備を行ってください。

 

 

警察による実況見分でやるべきことと注意点

人身事故の場合、警察は事故状況を詳細に検証します(これを実況見分といいます)。

 

事故当日に行われることは少なく、通常は捜査状況に応じて事故後に行われます。ここでは警察による実況見分に立ち会う際に注意するべきことについて解説していきます。

 

自分の意見をはっきりと伝える

実況見分では、警察から事故の際の状況を聞かれます。警察は当該供述内容も踏まえて、事故状況を検証し、実況見分調書を作成します。

 

加害者/被害者が立ち会ったことは調書に記録されますので、必ず自分の認識に基づいて事故状況を説明してください。警察の誘導や相手方の意見に流されてしまうことがないよう十分注意してください。

 

警察から人身事故にしない方がよいと言われた場合

軽微な事故の場合、警察から人身事故にはしない方がよいと言われることもよくあるようです。

 

これは、人身事故にすることで、警察は刑事事件として処理する必要が発生し、仕事や手間が増えてしまうからです。警察によっては、人身事故にすることで『被害者にも刑事処罰が下るおそれがある』と脅かしてくる場合もあるようです。

 

確かに、事故態様にほとんど争いがないケース(例えば追突事故)であれば、あえて人身事故扱いにするメリットは少ないかもしれません。しかし、事故態様に争いが生じ得るケースでは人身事故としなかったことで、詳細な警察資料が作成されず、賠償金を受け取れないなどの不利益を受けるということもあります。

 

そのため、人身事故とすべきか、物損事故で済ませるべきかは慎重に検討しましょう。

 

 

交通事故直後は目撃者の証言を集めよう

 

交通事故では目撃者(第三者)の供述が証拠として非常に重要視されます。そのため、事故直後の現場に目撃者となりそうな人がいれば、事故を目撃したかどうかを確認し、連絡先を入手しておきましょう。

 

後日、事故状況について当事者間でもめた際に目撃者供述が決め手となる可能性があります。

 

 

まとめ

交通事故が発生した際、警察へ報告をすることは法律で義務付けられています。いくら被害や状況が軽かったとしても、これは忘れずに行うようにしてください。

 

警察がかかわる実況見分では、気が動転したり、冷静な判断を下すのが困難になることもあるでしょう。

 

ですが、あいまいな対応をすることや、はっきりと意見を言わないことが原因で、納得のいかないまま話が進んでしまう可能性も考えられます。

 

ですので、この記事で解説したように、相手や警察に合わせることなく、自分の意見に自信をもって冷静に対応をするように心がけましょう。

 

交通事故の慰謝料は弁護士が交渉する事で増額できる可能性があります

慰謝料には弁護士基準というものがあり、示談交渉で弁護士が介入することで慰謝料額が大幅に増額する可能性があります。

 

一般の方が加害者側に対して弁護士基準で請求をしても、根拠を示すのが難しくなかなか聞き入れてくれないというのが現状ですので、増額請求には弁護士への依頼がおすすめです。

 

弁護士基準による増額事例

 

まずは、弁護士への依頼でどれくらいの増加が見込めるのか、相談されるのをオススメします。

 

慰謝料の増額が得意な弁護士を地域からを探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

参照元一覧

国土交通省
日弁連交通事故相談センター

 

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

人身事故に関する新着コラム

人身事故に関する人気のコラム


人身事故コラム一覧へ戻る