交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 交通事故後の対応 > 交通事故後の整骨院の必要性と通院時の費用について
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2020.7.15  更新日:2020.9.24

交通事故後の整骨院の必要性と通院時の費用について

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事

交通事故に遭ってしまった場合は、まず病院に行くことが重要とよくいわれます。人命が最優先なので当然ではありますが、例えば事故に遭い、重体ではない場合も病院へ行くべきなのでしょうか。

軽い接触事故や低速での追突で、外傷も痛みもなく、身体に異常がない場合はそのまま安静にしていれば問題ないようにも思えます。しかし、その答えはノーです。

どれだけ軽傷でも医師の診断は必要不可欠です。軽傷だと思って病院に行かずに放置していたら、実は脳や内臓に強い衝撃を受けていて後日亡くなってしまった…という最悪のケースもあります。

この記事では、交通事故時に受診が必要な理由と、整骨院での治療についてご紹介します。

慰謝料増額が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

交通事故後に整骨院へ行く必要性は?

交通事故に遭ってしまったら、必ず病院を受診しましょう。深刻なダメージを受けている可能性があるので、自分で軽傷だと判断するのは禁物です。

整骨院よりまずは病院へ

負傷や病気の診断は医師にしかできませんが、整骨院に医師はいません。したがって、まずは病院を受診して、負傷の状況について医学的な診断を受けましょう。医師の診断の結果、整骨院での治療でも足りそうであれば、必要に応じて整骨院で治療するとよいでしょう。

先に向かうべきは病院ですが、病院だけにとどまらず整骨院での施術がどういったものなのかを確認しておくと、より早く完治に近づくでしょう。

整形外科と整骨院との違い

整骨院と病院の違い

交通事故後、病院を選択する場面で整形外科と整骨院の違いに疑問を持たれる方も多いと思います。

整形外科の場合、治療を行うのは整形外科医であり、骨や神経、脊髄などの診断・診察を行いますが、整骨院の場合は柔道整復師がマッサージなどの物理的な方法で施術をするので正確には医師ではなく、医業類似行為の1つと言われています。

このため、整形外科では整体や鍼灸の施術は行っておらず、整骨院では医療行為ができないため一長一短の違いがあると言えるでしょう。

交通事故後の整骨院で起こるトラブルについて

前述したとおり、整骨院では医療行為ができませんし、負傷の診断もできません。

では交通事故後に接骨院で治療する際には、どのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか。

交通事故後の整骨院で起こるトラブル

整骨院へ通院する被害者は保険会社にどう思われるのか

治療行為についてカルテが作成されることはなく、治療経過の記録が残らないというデメリットもあります。そのため、後々補償を求める際に、整骨院での治療しかない場合、治療の必要性について疑問を持たれたり、負傷の有無・程度について疑問を持たれるというリスクがあります。

医師との関係が悪化しないように気を付けよう

医師の中には整骨院での治療を良しとしない人もいます。そのような場合に、医師に無断で整骨院に通院したことで医師との関係がこじれることもあります。損害賠償請求の必要書類に関して、後々やりとりが発生することも考えられるので、医師とは良好な関係を築いておきたいものです。

悪質な整骨院も存在する?

整骨院の大部分はまじめに施術を行っていますが、ごくまれに悪質な整骨院も存在します。

例えば、行っていない施術を行ったことにしたり、施術日数を水増ししたりして、保険会社から過剰な治療費を受給するというケースもあるようです。このような行為は明らかな詐欺行為であるため、これに巻き込まれた場合、適正な補償を受けられなくなるなどのトラブルになる可能性もあります。

患者と結託して実際の施術日数を75倍に水増しし、損保会社から交通事故の保険金をだまし取ったとして、大阪府池田市の整骨院の経営者ら2人が4月、詐欺容疑で大阪府警に逮捕された。5月には再逮捕され、詐取額は少なくとも計約150万円に上る。この整骨院をめぐっては、以前から「施術日数を水増ししてくれるとの噂があった」(捜査関係者)という。

引用:産経WEST

整骨院に通院した場合の費用について

交通事故後に整骨院で施術やリハビリを受ける人も多く、症状が良くなる方もたくさんいます。

整骨院で発生した治療費は請求できる?

接骨院に通院した場合の費用

費用は通院するほどかかってくるため、そのための治療費を請求できるかどうかが気になるところです。結論からいえば、請求は可能です。整骨院での治療費も保険会社から支払ってもらうことができます。

しかし、上記のとおり整骨院は病状の診断ができませんので、整骨院治療だけでは治療の必要性はわかりません。そのため、保険会社とのトラブルを回避するためには、月1~2回程度は病院を受診して怪我の状態を診てもらいましょう。

むちうちなどの慰謝料相場はどれくらい?

交通事故でむちうちなどの症状の場合、治療費がどれくらいかかるのか気になりますよね。

これは治療期間に応じて変動しますので一概には言えません。整形外科に通院したことと、整骨院に通院したことで慰謝料額が変わるということはありませんが、適正な補償を受けるためには定期的な病院の受診が必須と思われます。

まとめ

交通事故による怪我や症状の治療に整骨院を選ぶことは間違いではありません。しかし、損害賠償請求時のデメリットや、医師、保険会社との関係性が悪くなってしまうおそれもあるため、病院での治療と併用するのが賢いですね。

慰謝料増額が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
あらゆる事故に備える!弁護士費用保険メルシー
弁護士費用を補償

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

弁護士費用保険メルシーは、弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補償する保険です。

交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚、相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・165

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

交通事故後の対応に関する新着コラム

交通事故後の対応に関する人気コラム

交通事故後の対応の関連コラム


交通事故後の対応コラム一覧へ戻る