追突事故で慰謝料に納得がいかない時にとる最も有効な方法

~いざという時の備えに~交通事故コラム

 > 
 > 
 > 
追突事故で慰謝料に納得がいかない時にとる最も有効な方法
キーワードからコラムを探す
交通事故 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


交通事故に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
交通事故コラム

追突事故で慰謝料に納得がいかない時にとる最も有効な方法

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a_3

交通事故が得意な弁護士が悩みを一発解決【▶︎無料相談はこちら

 

追突事故の慰謝料が思ったほど少なく感じるのは、加害者のよそ見運転、居眠り運転などが原因であることが多いため、被害者の過失は0であり、保険会社の言うままに決定していることが主な原因です。

 

追突事故はすべての交通事故の中で、およそ半分の割合を占める、非常に頻繁に起きている事故ですが、被害者側の被害も小さいケースが多く、「良かった」と思う反面、過失割合が0のため、保険会社と被害者がの直接交渉をしないと行けないなり、足元を見られるというケースがあります。

 

今回は、追突事故の慰謝料に納得がいかない場合の対処法や、よくあるトラブルとその対策をご紹介します。

 

追突事故の慰謝料増額なら、弁護士へのご相談がオススメです。

一部ではありますが、弁護士に依頼することで以下のようなメリットがあります。
・追突事故の慰謝料増額が見込める
・加害者側との示談交渉が有利に進む
・弁護士が面倒な手続きなどを代行してくれる

 
依頼するしないは別として、ご自身の場合、弁護士に依頼するとどのようなメリットがあるのかを具体的に相談してみることをオススメします。
 
当サイト『厳選 交通事故弁護士ナビ』は交通事故を得意とする弁護士のみを掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】電話相談や面談相談が無料の事務所や、着手金が必要ない事務所もあります。
 
まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

追突事故が得意な弁護士を地域からを探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄


相談料無料/面談料無料
▶︎追突事故の慰謝料増額が得意な弁護士を探す

 



 

 【目次】
追突事故の慰謝料は通院期間が短いと少なくなるおそれがある
慰謝料の計算式
通院日数が少ないと慰謝料が減額される可能性もある
被害者の過失割合が0だと保険会社は介入してくれない
慰謝料に納得がいかない|そんなときは専門家に相談を!
慰謝料増額の可能性、後遺障害等級認定を忘れずに
追突事故でよくあるトラブルQ&A
Q. 追突事故にあってしまったが、ケガはないので物損事故で処理してしまった。
Q. 工事中の道路だったので、減速、徐行運転をしていたら、後ろから追突された。
Q. ムチ打ちでは後遺障害は取れないだろうと知人に言われた。
交通事故が得意な弁護士を探す
おわりに



 

 

追突事故の慰謝料は通院期間が短いと少なくなるおそれがある

追突事故ではケガをしても軽症であることも多いため、慰謝料が少ないでのは?と思う被害者も多いようです。交通事故の慰謝料は、入通院にかかった期間を参考に、精神的な苦痛を割り出し、計算を行っています。

 

自賠責保険では慰謝料を一日に月4,200円と設定し、完治までかかった日数と実際に入通院した日数×2の日数、どちらか、少ない方に4,200円をかけて算出します。

 

慰謝料の計算式

1:入院期間+通院期間

2:実通院日数(入院期間+通院期間の中で実際に病院に通った日数)×2

 

例えば、交通事故の治療で85日間入院し、通院期間が105日間(実際は55日)だった場合

1:85 + 105 = 190日

2:140 × 2 = 280日

 

190日 × 4,200円 = 798,000円

 

 

通院日数が少ないと慰謝料が減額される可能性もある

例えば、このようなケースで慰謝料の算出をしてみましょう。


Aさんは仕事の帰りの信号待ちで、後ろの車の不注意により追突事故の被害者になった。大きなケガはなかったが、首に痛みが出てしまい、整形外科に週に2日ほど通った。治療期間120日、実際に通院した日数は16日だった。

 

通院期間=120日

実通院日数×2=32日


 

ですから、Aさんの場合、この追突事故の慰謝料は、

4,200×32=134,400円です。

 

軽症なので入院はしていませんが、実際に痛みがあり、完治までには約4ヶ月かかっています。しかし実際の通院期間×2と、完治するまでの治療期間で「短い方の期間で計算する」というのが自賠責基準の計算方法です。

 

このように軽症の追突事故では通院期間に比して実通院日数が少なくなりやすいことから、慰謝料は安くなっていまいがちです。

 

 

被害者の過失割合が0だと保険会社は介入してくれない

追突事故にはもうひとつ、大きな特徴があります。ほどんどのケースで、被害者の過失割合が0であることです。過失割合が0である場合、法律上の問題から被害者の加入している自動車保険の担当者が間に入ることはできません。

 

特に信号待ちで止まっていた場合に追突された場合には、明らかに加害者の運転手の居眠りや、脇見運転である可能性が高いそうです。この場合、軽症といえ被害者は警察に届けを出し、病院へ通院しながら、加害者の保険会社との交渉も全て自分で行わなくてはなりません。

 

保険とは、事故を起こしてしまった方がお金の援助を受けるために入るものですので、過失がない場合、被害者側の保険会社には関係のない話なのです。

 

では、加害者側の保険会社が提示してきた金額で納得するしかなのかと言えば、その金額が妥当なら問題ないと思います。しかしもし低いと感じるのであれば、その代理交渉を行えるのは、司法書士、弁護士などの法律の専門家のみとなります

 


相談料無料/面談料無料
▶︎追突事故の慰謝料増額が得意な弁護士を探す

 

 

 

慰謝料に納得がいかない|そんなときは専門家に相談を!

慰謝料は軽症の場合、非常に低くなってしまう可能性があり、更に追突事故では、被害者は保険会社と直接、補償金の交渉を行わなくてはなりません。そのため相手保険会社から提示される慰謝料が少ないと思っても、「本来、もらうべき妥当な慰謝料の請求」を行えないことも多いようです。

 

このような場合、弁護士や司法書士など、交通事故の法律に詳しい専門家への相談をおすすめします。慰謝料の計算は、多くの場合「自賠責基準」というもっとも安い基準で計算が行われています。

弁護士や専門家は、追突事故で負ってしまったケガに対して、「裁判基準」という過去の交通事故の判例から算出した、妥当な慰謝料の計算、請求などをすべて代行してくれます。

 


相談料無料/面談料無料
▶︎追突事故の慰謝料増額が得意な弁護士を探す

 



交通事故の慰謝料を弁護士に依頼するたった1つの理由」で、弁護士や専門家へ相談するメリットをご紹介しています。また、この際に入っておくと便利なのが「弁護士費用特約」です。この特約に入っておくと、過失割合が0でも、弁護士費用を無料に抑えて、保険会社との交渉を行ってくれます。

 

詳しくは、「弁護士費用特約が万が一の交通事故で役立つ理由とは?」をごらんください。

 

 

慰謝料増額の可能性、後遺障害等級認定を忘れずに

また、治療をしても残ってしまった痛みがある場合、後遺障害等級認定という認定を取ることができれば、慰謝料の増額は可能です。

 

後遺障害等級認定とは、「これ以上の治療をしても、痛みや違和感が取れることはない」と医師が判断した後、診断書などを自賠責調査事務所に提出し、後遺障害に該当するかを判断してもらうものです。ここで等級認定が行われた場合、後遺障害に対する慰謝料の請求が可能となります。

 

最低等級である14級であっても、後遺障害の慰謝料は事故の慰謝料と別に、自賠責保険が定めた金額で32万円を受け取ることができます。詳しくは「交通事故の後遺障害|認定される5つの条件と等級別の慰謝料」でご紹介しています。

 

 

追突事故でよくあるトラブルQ&A

 

Q. 追突事故にあってしまったが、ケガはないので物損事故で処理してしまった。事故後、首に痛みが出てきた場合、慰謝料はもらえないの?


A. 事故当時に痛みがなく、物損事故として警察に処理されていたとしても、速やかに診断書を提出するなどすればあとから人身事故へ切り替えることが可能です。

 

ただし、事故から10日以上過ぎてしまってから病院へ行った場合、事故との関連性が不明確として人身事故へ切り替えることが難しくなることもあります。そのため、痛みを感じたらすぐに病院へ行き診断書を取得したうえで、担当警察に人身事故処理への切り替えを求めましょう。

 

そのうえで、相手保険会社の指示に従い「人身事故証明書入手不可能理由書」の届け出を行いましょう。人身事故への切り替えが済めば、治療費や慰謝料など人的損害の補償を加害者に請求することが可能です。

 

Q. 工事中の道路だったので、減速、徐行運転をしていたら、後ろから追突された。保険会社から、走っている車同士に過失がないとはありえないと言われたが、本当なの?

A.   走っている車同士だから、過失割合がないと言い切ることはできません。これはケースバイケースとなりますが、車同士の事故では、

 

1.    相手の著しい過失(前方不注意や速度違反)

2.    相手の重過失(居眠り運転、酒酔い運転)

3.    大型車(トラックなど、事故を起こしたら大事故になりかねない車の運転)

4.    道交法違反(一時停止の無視や徐行運転の無視)

 

がある場合、加害者の過失割合は加算されることになっています。過失がないと判断されるには
  
1. 被害者は道交法違反などをせず運転していた

2.    被害者が事故を予見(事故が起きるかもしれないと推測)できなかった

3.    被害者は事故の予見ができなかったため、事故を回避できなかった

 

以上の3つの条件を満たしていれば、過失割合は0と判断されます。しかし、3つの条件を、被害者だけの力で第三者に証明するのは非常に難しいのも事実です。弁護士や行政書士などの専門家に相談することをおすすめします。

 

※過失割合についての詳しい解説は「交通事故の過失割合|損をしないために知っておくべき全情報」をご確認ください。

 

Q. ムチ打ちでは後遺障害は取れないだろうと知人に言われた。強く痛みは残っているが、ムチ打ち症状で慰謝料の増額は可能?

A.   むち打ちでも後遺障害認定を取ることは可能です。

しかし後遺障害等級認定は、画像診断の結果や診断書などから、自賠責調査事務所が「提出された書類のみで審査」を行います。そのため、ムチ打ちでも本来認定される症状であっても、書類に不足や不備があると後遺障害等級認定を得ることができません。

 

神経症状は目に見えにくいこと、第三者が明確に症状の変化を見ることができないため、「むち打ち程度では後遺障害等級認定は取れない」と言われることが多いようです。

また忙しくて通院できなかったなどの理由があっても、通院実績そのものが乏しい場合、自賠責調査事務所では「通院する必要がない症状だった」と判断され、等級認定を得られないこともあります。


詳しくは「後遺障害14級の認定を取るための条件と14級慰謝料相場」で説明しています。
 

 

交通事故が得意な弁護士を探す

北海道・東北で交通事故が得意な弁護士

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東地方で交通事故が得意な弁護士

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越の交通事故弁護士

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海地方の交通事故が得意な弁護士

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西で交通事故が得意な弁護士

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国で交通事故が得意な弁護士

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄で交通事故が得意な弁護士

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄
 


相談料無料/面談料無料
▶︎追突事故の慰謝料増額が得意な弁護士を探す

 



 

おわりに

交通事故の半分近くをしめる、追突事故に関する慰謝料や後遺障害に関してご紹介しました。追突事故は軽微な事故も多い反面、むち打ちなど第三者にはなかなか分かってもらえない痛みが持続することもあります。

 

大したことないだろうと被害者も、つい自分の症状を甘く見てしまうことが多いようです。痛みを感じたらすぐに病院へ行くこと、慰謝料に納得が行かない場合には、なるべく早く専門家へ相談するようにしましょう。

 

後遺障害等級認定は、むち打ちだから得られないわけではありません。認定に必要な書類が不足しているために、等級認定が得られないこともあります。後遺障害等級認定は何度でも、再審査の申し込みが可能です。

 

現在は無料で相談ができる弁護士事務所も多くなっています。おかしいな?と思ったら、まずは気軽に相談してみましょう
 


相談料無料/面談料無料
▶︎追突事故の慰謝料増額が得意な弁護士を探す

 



 

弁護士へのご相談で賠償金などの増額が見込めます


交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。

・慰謝料の増額をしたい
・保険会社との示談を有利に進めたい
・後遺障害の認定がされなかった

など、交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まります。

お一人で悩まず、まずはご相談ください。あなたの相談に、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

人身事故に関する新着コラム

人身事故に関する人気のコラム

交通事故相談の「質問と回答」から検索/交通事故に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された交通事故相談の「質問と回答」から検索する


交通事故に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

人身事故コラム一覧へ戻る