交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 過失割合 > 過失割合が弁護士の交渉で大きく変わる!慰謝料はどのくらい増えるの?
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2020.7.27  更新日:2020.7.27

過失割合が弁護士の交渉で大きく変わる!慰謝料はどのくらい増えるの?

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
交通事故のトラブルは弁護士に相談して解決!

加害者側の保険会社が提示する過失割合が必ずしも適正とは限りません。

もし「自分は停車していたのに」などと過失割合に納得できない場合、弁護士を通して交渉することで適切な割合まで下げられる可能性があります

 

過失割合が1下がると、慰謝料が増額します。この記事では、弁護士を通して過失割合の交渉をしたとき大きく変わる理由や、弁護士相談でよくある質問などについて紹介します。

 

過失割合の交渉を得意とする弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

過失割合は弁護士の交渉で大きく変わるのはなぜ?

交通事故の過失割合は、弁護士が加害者側の保険会社と交渉することによって、当初に提示された割合から見直される可能性があります。

 

弁護士への依頼により、過失割合が変更される理由は、主に以下の2点です。

 

過失割合が変更される理由

  1. 保険会社が主張する過失割合が適切とは限らない
  2. 事故の状況に応じて修正される場合もある

①保険会社が主張する過失割合が適切とは限らない

基本的に、交通事故の過失割合は事故態様から客観的に決まります。このとき重視されるのは過去の裁判結果(判例)です。すなわち、事故態様を確定させたうえで、過去に起きた状況の似ている事故を参照しつつ、過失割合を決定するのが一般的です。

 

しかし、保険会社が参考にした判例が必ずしも適切だとは限りません。まったく同じ状況の事故というのは存在しないので、保険会社が参考にした判例よりも、事故状況がもっと似た判例がある可能性があります。

 

保険会社は支払う保険金を抑える目的で、会社に都合のいい判例を参考にする傾向が強いです。そのため、弁護士により適切な判例がないか確認してもらうことで、過失割合の見直しを期待できるでしょう。

 

②事故の状況に応じて修正される場合もある

『被害者が高齢者(65歳以上)だった』『加害者側が速度違反をしていた』など、事故の状況によっては、過失割合が減算・加算されるケース(修正要素)があります。

 

保険会社が提示してくる過失割合では、この修正要素が見落とされている場合もあります。そのため、弁護士に事故の状況を確認してもらうことで、ご自身の過失割合が減算される可能性もあるかもしれません。

 

弁護士であれば、どの状況でどんな修正要素が適用されるかを熟知しています。過失割合に納得がいかない場合は、弁護士に相談してみるとよいでしょう。

 

過失割合が1割違うだけで保険金の額も大きく変わる

過失割合と費用負担の関係

過失割合が『被害者2:加害者8』の事故では、被害者は事故で生じた損害を2割自己負担しなければいけません。これを過失相殺といいます。

 

例えば、事故被害で生じた損害が100万円であれば、過失割合が1割違うだけで、保険会社から受け取れる保険金は10万円も変わります。基本的には、事故の損害が大きいほど、過失相殺による保険金の増減も大きくなるでしょう。

 

過失割合は、交通事故の損害賠償請求において重要な要素です。保険会社が提示してきた割合に納得がいかないのであれば、安易に諦めてはいけません。示談に応じる前に一度、弁護士のアドバイスを参考にしてみてください。

相手の保険会社に言われるままにするのは楽ですが、そのぶん後で後悔します

相手の保険会社は何かと言い分をつけて、過失割合を加害者に有利な方にもっていきます。

「ああ、そんなもんなのね。」まっとうにみえる保険会社の言い分に言いなりになったら最後、あなたは数十万円損をすることになるでしょう。

保険会社の過失割合に関する言い分は弁護士の目からみると全く真っ当ではない理由である場合が多いのです。

とはいえ、弁護士も万能かというとそうではありません。一度弁護士に相談することでどれくらい、損をしなくて済む確率があるのか診断してみましょう。

弁護士が必要か診断する▶
 

過失割合に納得できない時に弁護士へ相談する3つのメリット

交通事故問題で弁護士を雇った場合、事故の被害者にとっては過失割合の見直し以外にもさまざまなメリットがあります。

 

交通事故問題の解決を弁護士に依頼する主なメリットは、以下の3点です。

 

弁護士を雇うメリット

  1. 慰謝料の増額が見込める
  2. 保険会社への対応や手続きを一任できる
  3. 事故解決(保険金を受け取る)までの期間が短くなる

 

①慰謝料の増額が見込める

基本的に交通事故の慰謝料は、保険会社が定める独自の基準で算出されます。しかし、保険会社が提示する慰謝料は、本来、裁判で請求できるはずの慰謝料よりも少なく見積もられているケースがほとんどです。

 

そのため、弁護士に損害賠償請求を任せることで、高確率で慰謝料の増額が見込められます。実際にどのくらい増額するのか、解決例を紹介します。

過失割合25%を0%にして690万円増額できた事例

過失割合を25%から0%にして示談金を690万円増額出来た事例

横断歩道を歩行横断中に軽自動車に追突された事例です。保険会社は被害者の過失割合を25%、示談金1,100万円と提示しましたが、弁護士が介入したことにより被害者の過失を0%、示談金を1,800万まで増額できました。

 

過失割合を20%から5%へ引き下げ590万円の増額が成功した事例

過失割合を20%から5%まで引き下げて示談金を590万増額した事例

乗車したタクシーが事故を起こした事例です。保険会社は、被害者の過失割合を20%とし460万円の示談金を提示しました。しかし、弁護士が介入したことで過失割合を5%までの引き下げに成功し、590万円増額した1,000万円以上の示談金獲得できました。

 

弁護士の介入によって、慰謝料の金額が2倍以上に増額する事例もあります。

②保険会社への対応や手続きを一任できる

弁護士が代行してくれるのは、損害賠償(慰謝料)請求や過失割合の見直しだけではありません。

 

保険会社からの電話への対応や示談交渉の代理から、治療費請求や後遺障害申請まで、交通事故の対応・手続き全般を一任することができます。

 

弁護士を雇った場合は、弁護士から経過報告を受けながら手続きが進められていく流れになります。被害者は事故で負った怪我の治療だけに専念できるでしょう。

 

③事故解決(保険金を受け取る)の期間が短くなる

交通事故被害者の大半が、事故に遭ったのは初めてなのではないかと思います。交通事故対応の手続きは複雑で手間のかかるものが多いです。事故に遭って慌ただしい中、それらをスムーズに進めていくのは難しいでしょう…。

 

しかし、交通事故問題の解決を得意としている弁護士であれば、それらの手続き・対応を熟知しています。

 

ご自身で不慣れな手続きに対応していくよりも、示談(保険金の支払い)までの期間の短縮を見込めるでしょう。

 

過失割合の交渉を得意とする弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士への相談でよくあるQ&A

弁護士費用が不安です…相場はいくらですか?

一般的に、「弁護士は高い」というイメージが強いと思います。弁護士費用は確かに気軽に支払える料金ではありません。依頼先によって料金は変わりますが、少なくとも20万円は必要になるかと思われます。

 

<弁護士費用の相場>

料金体系

着手金

報酬金

着手金あり

10〜20万円

経済利益の10〜20%

着手金なし

無料

経済利益の20〜30%

 

弁護士費用特約に加入していれば実質無料で依頼できる!

ただ、弁護士費用特約に加入していれば、最大300万円まで保険会社が支払ってくれるため実質無料で依頼できることもあり得ます。

 

 

 

弁護士にはどのタイミングで相談すればいいの?

示談が成立する前であれば、相談と依頼はいつでも可能です。ただ、タイミングが早い方が、弁護士に早くから手続きを代行してもらえるため、その分、受けられる恩恵も増えるかと思われます。

 

なお、示談が成立した後では、慰謝料や過失割合を見直すことはできません。依頼を検討している場合は、必ず示談書にサインをする前にご相談ください。

 

依頼先はどうやって選べばいいの?

弁護士はすべての法律を熟知していますが、すべての法律問題を解決した経験があるとは限りません。受任分野の偏りにより、どうしても得意・不得意の分野が出てきてしまいます。

 

そのため、弁護士に依頼する際には、その弁護士が注力している分野を見極めることが重要です。過失割合の見直しを依頼する場合は、交通事故問題に注力している弁護士から選ぶべきでしょう。

 

当サイトでは、交通事故問題を得意とする弁護士だけを掲載しています。これまでに累計3万5,000件以上の問い合わせ実績がありますので、交通事故に関してお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

 

弁護士費用特約が利用できる場合はすぐ依頼するべき

弁護士費用特約とは、任意(自動車)保険会社が提供する保険サービスです。ご自身または同居している家族の保険にこの特約が付帯している場合には、保険会社に弁護士費用を負担してもらえます。

 

弁護士費用特約が利用できるのであれば、弁護士を雇う唯一のデメリットといえる、弁護士費用を気にする必要がありません。その場合は、弁護士への依頼を積極的に検討した方がよいでしょう。

 

なお、弁護士費用特約は加入率が高い割に、利用率が低いといわれています。契約していることが忘れられやすい保険ですので、使い忘れのないようにご注意ください。

 

まずは法律相談で適切な過失割合を確認してみよう

法律相談で弁護士に事故の状況を確認してもらえば、過失割合を見直せる可能性があるかどうかを判断してもらえます。弁護士への依頼を躊躇している場合は、まず法律相談で弁護士からアドバイスを受けることをおすすめします。

 

法律相談をしたとしても、必ずしも依頼をする必要はありません。無理に契約を迫られることもないので、ご安心ください。

 

抱えている問題によっては、弁護士から対処法を教えてもらうだけで解決できる場合もあります。最近では、初回相談が無料の事務所も増えてきていますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

過失割合の交渉を得意とする弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士に相談するか迷っている方へ

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
あらゆる事故に備える!弁護士費用保険メルシー

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci

弁護士費用保険メルシーは、弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補填する保険です。交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚/相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

補償対象となるトラブルや付帯サービスなど、より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

過失割合に関する新着コラム

過失割合に関する人気のコラム


過失割合コラム一覧へ戻る