交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 過失割合 > 横断歩道で交通事故が起きた時の歩行者と自動車の過失割合
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
公開日:2020.3.17  更新日:2020.4.8

横断歩道で交通事故が起きた時の歩行者と自動車の過失割合

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事

横断歩道で歩行者と自動車が交通事故を起こした場合、多くのケースで自動車の過失割合が高くなります。しかし、信号無視しているなどの歩行者に過失があった場合この限りではありません。

 

この記事では、歩行者と自動車の横断歩道における事故に絞り、過失割合について紹介します。

 

弁護士交渉で過失割合が大きく変わる!

加害者側の保険会社が提示する過失割合が必ずしも適正とは限りません。もし過失割合に納得できない場合、弁護士を通して交渉することで適切な割合まで下げられる可能性があります。

過失割合が弁護士の交渉で大きく変わる!慰謝料はどのくらい増えるの?

歩行者と自動車の過失割合|横断歩道上の交通事故

まずは歩行者が横断報道上にいつ場合に自動車と交通事故にあった場合を確認していきましょう。横断歩道上の事故では、信号機がある場合とない場合で過失の割合が大きく異なりますので、注意が必要です。
 
さらに、信号の色も大きなポイントになり、基本的な「青」「黄」「赤」の判断に加えて、「青から黄」「黄から赤」などの状況によっても過失割合は変わってきます。
 

信号機がある場合

砲弾歩道と信号機が片側のみの場合

横断歩道上

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者がで横断開始

 車がで横断歩道を直進

100

0

 車がで交差点に進入右左折

100

0

歩行者がで横断開始

 車がで横断歩道を直進

90

10

 車がで交差点に進入で右左折

70

30

 車がで交差点に進入右左折

80

20

歩行者がで横断、その後赤に変わる

安全地帯のない中央寄り

車がで直進

70

30

安全地帯の通過直後

車がで直進

60

40

歩行者がで横断開始

 車がで横断歩道を直進

30

70

 車がで横断歩道を直進

50

50

 車がで交差点に進入

80

20

歩行者がで横断開始、その後青に変わる

車がで直進

90

10

車がで右左折

90

10

歩行者がで横断開始したが、
途中でに変わる(信号残り)

安全地帯の通過直後

60

40

安全地帯のない道路の中央寄り

80

20

横断終了直前、または安全地帯直前

100

0

車がで横断歩道を通過

100

0

 

横断歩道と信号機が両側にある場合


 

横断歩道の直近

過失割合(%)

自動車

歩行者

直進車が横断歩道を通過した後の衝突

車が

歩行者がで横断開始

95

5

歩行者がで横断開始

85

15

歩行者がで横断開始

75

25

車が

歩行者がで横断開始

30

70

車が

歩行者がで横断開始

50

50

直進車が横断歩道通過する直前の衝突

車が

歩行者がで横断開始

90

10

歩行者がで横断開始

80

20

歩行者がで横断開始

70

30

車が

歩行者がで横断開始

30

70

車が

歩行者がで横断開始

50

50

右左折車が横断歩道を通過した後の衝突

車がで交差点に進入

歩行者がで横断開始

90

10

車がで交差点に進入

歩行者がで横断開始

70

30

参考:歩行者と四輪車の事故
 

信号機がない場合

交差点のない道路

信号機が設置されていない横断歩道

過失割合(%)

自動車

歩行者

通常の横断歩道上

100

0

歩行者からは容易に衝突を回避できるが、車からは歩行者の発見が困難な場合

85

15

横断歩道の付近

70

30

 

交差点のある道路

歩行者:0
自動車:100

 

歩行者と自動車の過失割合|横断歩道外の交通事故

今度は逆に横断歩道がない場合の過失割合をみていきます。
 

信号はあるが横断歩道外を歩行中だった場合

信号機が設置されている横断歩道外

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者が、自動車が

95

5

歩行者が、自動車が

85

15

歩行者が、四輪車が

25

75

歩行者が、四輪車が

50

50

歩行者が、四輪車が

30

70

 

自動車が左折してきた場合

信号機が設置されている横断歩道外

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者が、自動車が

90

10

歩行者が、自動車が

60

40

歩行者が、四輪車が

30

70

歩行者が、四輪車も

70

30

歩行者が、四輪車が

40

60

歩行者が、四輪車も

25

75

 

横断歩道の手前

信号機が設置されている横断歩道外

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者が、自動車が

90

10

歩行者が、自動車が

80

20

歩行者が、四輪車が

70

30

歩行者が、四輪車も

50

50

歩行者が、四輪車が

30

70

 

横断歩道における交通事故データ|横断歩行者妨害違反

近年、横断歩道で人が待っていても一時停止をせずに過ぎ去っていく車が多くいます。これは最近ニュースでも取り上げられるようになってきており、一時停止をしなかった為に事故に発展することが多いです。
 
 

横断歩行者妨害の定義

道路交通法第38上では、横断歩行中の歩行者を優先させる保護規定を設けており、以下の場合で信号機の有無にかかわらず一時停止の義務が課せられています。
 


参考:交通事故分析レポート


この第38条に違反した場合を、横断歩行者妨害違反になります。
 

横断歩行者妨害違反の死者数

平成20年から平成24年までの5年間で歩行中の死者(7,627人)のうち14%にあたる1,064人が横断歩行者妨害違反で亡くなっています。
 


 参考交通事故分析レポート

横断歩行者妨害違反で亡くなる方の特徴

運転手の年齢は20歳〜60歳までと幅広いですが、歩行者の割合は60歳以上の高齢者が多い結果となっています。
 


 参考交通事故分析レポート

 

歩行者と自動車の事故で自動車に100%の過失がつく理由

交通事故の過失割合では、歩行者と自動車の場合は被害者と加害者の境がハッキリしており、自動車と歩行者がぶつかった場合の衝撃や死亡に至る確率は格段に歩行者の方になります。
 
自動車の方はボディが凹んだり、ウィンドガラスにヒビが入る位の事はあっても、普通ドライバー自身はほとんどダメージを負いませんが、歩行者は最悪の場合、命まで落とす可能性も考慮された結果と言えます。
 
 

過失割合について疑問があれば弁護士に相談

今回ご紹介したような過失割合はあくまで基準であり、過去の裁判の判例に基づくものですが、全く同じ事故というものは存在しません。それぞれの状況に応じて少しずつ割合も変わってきます。
 
もしあなたが交通事故に巻き込まれてしまったとき、保険会社の示す過失割合に納得がいかない時には、弁護士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。

 

弁護士交渉で過失割合が大きく変わる!

加害者側の保険会社が提示する過失割合が必ずしも適正とは限りません。もし過失割合に納得できない場合、弁護士を通して交渉することで適切な割合まで下げられる可能性があります。

過失割合が弁護士の交渉で大きく変わる!慰謝料はどのくらい増えるの?

まとめ

横断歩道における歩行者と自動車の事故割合は以上になります。今回は歩行者と自動車の過失割合の算出でしたが、そのほかの割合などを知りたい場合は、下記の記事を参考にしていただければと思います。

 

過失割合の交渉が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士が費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士が選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

過失割合に関する新着コラム

過失割合に関する人気のコラム


過失割合コラム一覧へ戻る