交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 過失割合 > 横断歩道で交通事故が起きた時の歩行者と自動車の過失割合
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2020.7.3  更新日:2020.9.15

横断歩道で交通事故が起きた時の歩行者と自動車の過失割合

この記事を監修した弁護士
梅澤康二 弁護士

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

横断歩道で歩行者と自動車が交通事故を起こした場合、多くのケースで自動車の過失割合が高くなります。しかし、信号無視しているなどの歩行者に過失があった場合この限りではありません。

この記事では、歩行者と自動車の横断歩道における事故に絞り、過失割合について紹介します。

過失割合が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

歩行者と自動車の過失割合|横断歩道上の交通事故

まずは歩行者が横断報道上にいつ場合に自動車と交通事故にあった場合を確認していきましょう。横断歩道上の事故では、信号機がある場合とない場合で過失の割合が大きく異なりますので、注意が必要です。
さらに、信号の色も大きなポイントになり、基本的な「青」「黄」「赤」の判断に加えて、「青から黄」「黄から赤」などの状況によっても過失割合は変わってきます。

信号機がある場合

砲弾歩道と信号機が片側のみの場合

横断歩道上

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者がで横断開始

 車がで横断歩道を直進

100

0

 車がで交差点に進入右左折

100

0

歩行者がで横断開始

 車がで横断歩道を直進

90

10

 車がで交差点に進入で右左折

70

30

 車がで交差点に進入右左折

80

20

歩行者がで横断、その後赤に変わる

安全地帯のない中央寄り

車がで直進

70

30

安全地帯の通過直後

車がで直進

60

40

歩行者がで横断開始

 車がで横断歩道を直進

30

70

 車がで横断歩道を直進

50

50

 車がで交差点に進入

80

20

歩行者がで横断開始、その後青に変わる

車がで直進

90

10

車がで右左折

90

10

歩行者がで横断開始したが、
途中でに変わる(信号残り)

安全地帯の通過直後

60

40

安全地帯のない道路の中央寄り

80

20

横断終了直前、または安全地帯直前

100

0

車がで横断歩道を通過

100

0

横断歩道と信号機が両側にある場合

横断歩道の直近

過失割合(%)

自動車

歩行者

直進車が横断歩道を通過した後の衝突

車が

歩行者がで横断開始

95

5

歩行者がで横断開始

85

15

歩行者がで横断開始

75

25

車が

歩行者がで横断開始

30

70

車が

歩行者がで横断開始

50

50

直進車が横断歩道通過する直前の衝突

車が

歩行者がで横断開始

90

10

歩行者がで横断開始

80

20

歩行者がで横断開始

70

30

車が

歩行者がで横断開始

30

70

車が

歩行者がで横断開始

50

50

右左折車が横断歩道を通過した後の衝突

車がで交差点に進入

歩行者がで横断開始

90

10

車がで交差点に進入

歩行者がで横断開始

70

30

参考:歩行者と四輪車の事故

信号機がない場合

交差点のない道路

信号機が設置されていない横断歩道

過失割合(%)

自動車

歩行者

通常の横断歩道上

100

0

歩行者からは容易に衝突を回避できるが、車からは歩行者の発見が困難な場合

85

15

横断歩道の付近

70

30

交差点のある道路

歩行者:0
自動車:100

歩行者と自動車の過失割合|横断歩道外の交通事故

今度は逆に横断歩道がない場合の過失割合をみていきます。

信号はあるが横断歩道外を歩行中だった場合

信号機が設置されている横断歩道外

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者が、自動車が

95

5

歩行者が、自動車が

85

15

歩行者が、四輪車が

25

75

歩行者が、四輪車が

50

50

歩行者が、四輪車が

30

70

自動車が左折してきた場合

信号機が設置されている横断歩道外

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者が、自動車が

90

10

歩行者が、自動車が

60

40

歩行者が、四輪車が

30

70

歩行者が、四輪車も

70

30

歩行者が、四輪車が

40

60

歩行者が、四輪車も

25

75

横断歩道の手前

信号機が設置されている横断歩道外

過失割合(%)

自動車

歩行者

歩行者が、自動車が

90

10

歩行者が、自動車が

80

20

歩行者が、四輪車が

70

30

歩行者が、四輪車も

50

50

歩行者が、四輪車が

30

70

横断歩道における交通事故データ|横断歩行者妨害違反

近年、横断歩道で人が待っていても一時停止をせずに過ぎ去っていく車が多くいます。これは最近ニュースでも取り上げられるようになってきており、一時停止をしなかった為に事故に発展することが多いです。
 

横断歩行者妨害の定義

道路交通法第38上では、横断歩行中の歩行者を優先させる保護規定を設けており、以下の場合で信号機の有無にかかわらず一時停止の義務が課せられています。

この第38条に違反した場合を、横断歩行者妨害違反になります。

歩行者が横断歩道上で事故に遭う割合

令和元年では、歩行者の事故発生件数は5,264件で死傷者は5,359件に上ります。その中でも、交差点での事故は全体の約45%を占めます。

(参考:歩⾏者の交通⼈⾝事故発⽣状況(令和元年中))

交差点付近も合わせると50%を超える結果となります。

歩行者の違反により事故が起こるケースも…

横断歩行者妨害により事故に至るケースもありますが、逆に歩行者が無茶な横断をしたり、違法な横断をしたりすることで事故に至るケースもあります。

具体的に以下のような違反が事故を招いているようです。

(参考:歩⾏者の交通⼈⾝事故発⽣状況(令和元年中))

歩行者の違反による事故でも車両に過失が発生する理由

歩行者の信号無視や違法な横断によって事故が発生した場合でも、車両の過失割合が0になることは基本的にないでしょう

車両と歩行者がぶつかった場合の衝撃や死亡に至る確率は格段に歩行者の方になります。そのため「車両の慎重な運転・確認で事故が避けられたのではないか」と考えられてしまうからです。

ただし、歩行者の違反や事故状況によっては、車両より歩行者の過失割合が高くなることもあり得ます。

過失割合について疑問があれば弁護士に相談

今回ご紹介したような過失割合はあくまで基準であり、過去の裁判の判例に基づくものですが、全く同じ事故というものは存在しません。それぞれの状況に応じて少しずつ割合も変わってきます。
もしあなたが交通事故に巻き込まれてしまったとき、保険会社の示す過失割合に納得がいかない時には、弁護士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。

まとめ

横断歩道における歩行者と自動車の事故割合は以上になります。今回は歩行者と自動車の過失割合の算出でしたが、そのほかの割合などを知りたい場合は、下記の記事を参考にしていただければと思います。

過失割合が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
東京
神奈川
福岡
大阪
京都
愛知
Office info 202104191854 25221 w220 弁護士法人ガーディアン法律事務所

初期費用0円・電話相談可●国分寺・八王子支店有/山梨・静岡対応●累計相談2000件以上/賠償金約3000万円増額実績有●保険会社との交渉に自信!事故直後・通院中・後遺障害・死亡事故等《問合せは写真をクリック》

事務所詳細を見る
Office info 201907102009 25161 w220 【赤羽オフィス】弁護士法人アクロピース

●無料診断●交通事故の取り扱いは500件以上!●解決事例掲載中●損害賠償請求/休業損害/慰謝料請求など粘り強く交渉します●親身・丁寧に対応しますので、ケガの軽重を問わずお気軽にご相談ください●休日対応可

事務所詳細を見る
Office info 202106081741 3901 w220 【町田】ベリーベスト法律事務所

相談料初回60分無料、着手金0円!治療費交渉/示談までサポート※弁護士費用特約利用の場合は、特約から相談料・着手金を頂戴しますので、お客様のご負担はございません。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
あらゆる事故に備える!弁護士費用保険メルシー
弁護士費用を補償

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

弁護士費用保険メルシーは、弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補償する保険です。

交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚、相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・165

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

過失割合に関する新着コラム

過失割合に関する人気コラム

過失割合の関連コラム


過失割合コラム一覧へ戻る