交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 過失割合 > 無過失責任とは | 交通事故で過失0の被害者も知るべき責任
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2015.12.21  更新日:2020.9.24

無過失責任とは | 交通事故で過失0の被害者も知るべき責任

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事

無過失責任(むかしつせきにん)とは、故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負うという民法第709条に抵触し、加害者がその行為について故意・過失が無くても、損害賠償の責任を負うことです。
2015年の4月13日、福井地方裁判所で「居眠り運転によって突っ込まれた運転手の無過失が証明できないとして4,000万円の賠償を負う義務がある」とした判決があります(参考:文献番号 2015WLJPCA04139005)。

この判決の争点は加害者に過失が「ある」か「ない」か、これを証明できるかが鍵になりました。

今回は、ただぶつけられただけの「もらい事故」なのに責任が生じる無過失責任とはどういうものなのか、ご紹介します。

過失割合が得意な弁護士を探す

無料相談・着手金無料・完全成功報酬

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

無過失責任の原則

元来は、不法行為によって被害をうけた被害者は加害者の故意・過失を立証しなければならないのが原則でした。
しかし、交通機関の発達により交通事故事案が増加し、被害者救済の必要性が高まったことから、交通事故では当該原則が変容し、過失の立証責任が転換されています。

望まぬ加害者となった場合に知っておくべき立証責任の転化

詳しい概要」は省き、過失立証が転換される根拠規定についてご紹介します。

民法第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

この一文を読む限り、「故意又は過失があった場合」には、加害者は当然損害賠償の責任を追い、被害者に対して賠償をする義務があるということです。
故意の場合に損害賠償責任が生じるのは当然ですが、故意や過失でなければ、賠償責任を負わなくても情状酌量の余地、つまり、責任を負われることはないはずです。

しかし、自動車損害賠償保障法の第3条では交通事故の加害者は原則として賠償責任を負うものとされ、自身が無過失であること等を立証して初めて責任を免れることとされました。

立証責任の転化とは

同条項は以下のように規定されています。

(自動車損害賠償責任)
第三条  自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によって他人の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。

ご覧の通り、民法709条のように【故意又は過失によって】という文言が自動車損害賠償責任にはありません。つまり、これだけを見た場合、自動車を運転していた人はどんな場合でも損害賠償の責任を追うことになります。すなわち、原則として加害者は責任を負うのです。

しかし、この自賠責法をそのまま利用していては、理不尽な交通事故が乱発することになるので、自賠法の第3条には3つの但し書きがあり、この3つを加害者側が立証出来れば、損害賠償の責任を免れることができます。

損害賠償責任から逃れる為の3つの主張

それぞれ以下のような主張をして、認められなくてはいけません。

①自己及び運転者が車の運行に関して注意を怠らなかったこと

自分が運転者の場合、一切の過失が自分には無いことを証明しなければなりません。一旦停止やスピード規定などの小さなことから、運行者として道交法等で定められている注意義務を全て順守していることが求められます。

②被害者又は運転者以外の第3者に故意又は過失があったこと

被害者が歩行者の場合、赤信号横断や横断歩道以外の横断など、交通事故に合う可能性がある行為をしていたことを証明する必要があります。裁判の場合、赤信号横断の被害者側の過失認定は60%~80%認められるのが通例です。
なお、被害者に過失がある場合、加害者の責任が認められても過失相殺が認められます。

③自動車に構造上の欠陥又は機能の障害が無かったこと

車検を受けて修理を促されたのに、車の修理をしていなかった場合はもちろん、車検を受けていないのもNGです。以上の3要件を満たせば加害者側の責任は否定されますが、なかなか難しいのが現実です。

無過失責任のトラブルは弁護士に相談

福井の交通事故のように、被害者が高額な損害賠償請求ができる場合でも、被害者に過失がないときには契約保険会社が示談代行を行うことができません。
そうなった場合、弁護士に依頼するのがもっとも有効な方法でしょう。もし弁護士費用特約に加入していれば、弁護士費用は300万円までは保障してくれますので、理不尽な過失割合に対応するには一度検討されてみると良いでしょう。

まとめ

このような立証責任の転換は、加害者側で過失のない事を明らかにする、「悪魔の証明」のような難しい案件です。
法律的な知識も多く関わって来る為、お一人で悩まず、専門家の意見を取り入れ、早期解決を図っていただければ幸いです。

過失割合が得意な弁護士を探す

無料相談・着手金無料・完全成功報酬

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
東京
神奈川
福岡
大阪
京都
愛知
Office info 201810261454 7691 w220 弁護士 飛田 貴史 弁護士 山下 南望

●立川駅徒歩5分●着手金0円●初回面談0円●外出なしで依頼可能●交通事故解決実績多数!適切な後遺障害の獲得を目指しサポート!ご依頼後も面談・お電話などによる細やかな対応を心がけております。

事務所詳細を見る
Office info 202201241429 22021 w220 【新宿】ベリーベスト法律事務所

【新宿エリア対応】都内で弁護士をお探しの方◆好アクセス!◆お仕事帰りの方も◆迅速対応◆豊富な解決実績◆交通事故専門チームが丁寧に対応いたしますので、安心してご相談ください【メール問い合わせ24H受付】

事務所詳細を見る
Office info 202110111533 4681 w220 【被害者専門/全国対応】町田支店 アディーレ法律事務所

【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績54,000人以上】提示された賠償金に納得がいっていない方は、アディーレへご相談を!適正な賠償金を受け取るためにサポートします◆自転車・バイク事故にも対応◆

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
あらゆる事故に備える!弁護士費用保険メルシー
弁護士費用を補償

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

弁護士費用保険メルシーは、弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補償する保険です。

交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚、相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・165

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

過失割合に関する新着コラム

過失割合に関する人気コラム

過失割合の関連コラム


過失割合コラム一覧へ戻る