累計相談数
91,800
件超
累計サイト訪問数
3,625
万件超
※2024年03月時点
無料法律相談Q&A
ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ) > 交通事故コラム > 弁護士への依頼・相談 > 交通事故の被害を受けた場合の無料相談窓口まとめ|事故から依頼までのフローも解説
キーワードからコラムを探す
更新日:

交通事故の被害を受けた場合の無料相談窓口まとめ|事故から依頼までのフローも解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事

交通事故はとても身近なものです。

しかし、いざ自分の身に降りかかるとどのように対応すべきかわからない方も多いでしょう。

不安に寄り添い、問題を解決してくれる「味方」を得るためには、適切な相談窓口が必要です。

交通事故の相談窓口は「何を相談したいか」によって異なりますが、もし今すぐに自分の代わりに問題解決してくれる味方が必要なら弁護士に相談しましょう。

弁護士事務所の無料相談窓口なら、事故発生直後から保険会社との交渉、事件解決に至るまで、すべてを任せられます。

この記事では、弁護士事務所以外にも交通事故の無料相談ができる窓口の一覧を紹介します。

今すぐ弁護士に無料相談したい方はこちら!

交通事故について、今すぐ弁護士に無料相談したいなら「ベンナビ交通事故」がおすすめです。

ベンナビ交通事故では、以下のような弁護士を探すことができます。

弁護士はあなたの悩みに真摯に向き合います。お気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で
交通事故に強い弁護士を探す

交通事故の無料相談窓口一覧

交通事故にあった際に無料で相談できる窓口について解説していきます。

名称 受付時間
ベンナビ交通事故 電話受付時間は各事務所により異なる
メールでの相談申し込みは24時間可能
加入している保険会社 事故相談は24時間受付
ただし、加入する保険会社によって異なる
日弁連交通事故相談センター 【平日】10:00~16:30
ただし、第1~4水曜日は19:00まで
24時間Web予約可能
交通事故紛争処理センター 【平日】9:00~17:00
(正午~13:00までは休憩時間)
法テラス 【平日】9:00~21:00
【土曜】9:00~17:00
日本損害保険協会 【平日】9:15~17:00
各都道府県の相談窓口 各自治体により異なる

ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)

ベンナビ交通事故

『ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)』には、交通事故問題の解決に注力する弁護士を掲載しています。

都道府県別・相談内容別の検索が可能となっており、「東京都で慰謝料について相談したい」など、相談条件に応じて絞り込み検索できるのが特徴です。

「相談料無料」という事務所なども多くありますので、気軽に利用してください。

また検索結果からは、弁護士費用・解決事例・営業時間などの詳細情報も確認できるほか、気に入った弁護士にはサイト内から連絡を取ることもできるなど、初めての方でも利用しやすいサイトになっている点も特徴的です。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で
交通事故に強い弁護士を探す

ベンナビ交通事故に掲載されている弁護士事務所の解決事例をいくつか紹介します。

掲載弁護士事務所の解決事例3つ

1:弁護士基準で慰謝料請求して30万円から120万円に増額できた事例

信号待ち中に後ろから追突されて頚椎捻挫等の怪我を負った被害者について、相手先保険会社は慰謝料として30万円を提示。

弁護士は慰謝料額を弁護士基準で算定し直し、「訴訟での解決も視野に入れている」という姿勢を示しつつ相手方との交渉を続けた結果、約90万円の増額に成功しました。

2:後遺障害等級の異議申し立てをおこなって55万円から310万円に増額できた事例

被害者は信号無視の車両に追突され、治療後も首や腰に痛みが残ったものの、相手先保険会社に後遺障害等級の申請を任せたところ「非該当」という結果でした。

まず弁護士は、非該当となった理由の詳細を示すよう申立てました。

そのうえで、診断書・レセプト・MRI画像などの診療記録を収集し、MRI画像については専門機関に鑑定を依頼したほか、主治医に医療照会をおこなって「事故発生時からの神経学的所見の推移」についてまとめた書類なども受け取りました。

これらの資料をもとに、認定結果について異議申立てをおこなった結果「併合14級」が認定。

この結果を受けて相手方と交渉したところ、後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料などの請求が認められたほか、依頼前には認められなかった休業損害なども認められ、最終的に約255万円の増額に成功しました。

3:高次脳機能障害のテスト等をおこなって4,400万円から6,600万円に増額できた事例

交差点横断中に一時停止を無視した車両に衝突され、脳挫傷・くも膜下出血・硬膜下血腫などの怪我を負ったという事例です。

事故後、被害者は退院したものの、被害者家族から「退院してから被害者の様子が違う」との相談を受けた弁護士は、まず搬送時の救助記録を取り寄せたところ、被害者は事故直後に重い意識障害を起こしていたことが判明。

さらに主治医と面談して、高次脳機能障害に関する記憶テストなどをおこなってもらった結果、被害者は高次脳機能障害を発症していることがわかりました。

これらの事実について診断記録等を準備し、後遺障害申請をしたところ「3級3号」に認定

この結果を受け、弁護士が相手方と交渉したところ、後遺障害慰謝料の請求が認められて約2,200万円の増額に成功しまし。

加入している保険会社

自動車同士の事故が発生した場合、発生した直後には自分が加入している任意保険会社に連絡しましょう。

この場合、事故発生を報告するという意味もあります。

保険会社に連絡することで、次に何をすべきかがわかります。

レッカー車の手配などに対応してくれる場合もあります。

また、弁護士特約のついたプランに加入していれば、事故後の弁護士の手配もおこなってくれるでしょう。

日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターとは、通称「日弁連」と呼ばれる「日本弁護士連合会」が設立する公益財団法人です。

交通事故問題について、弁護士による相談・示談あっせん・審査などのサポートをおこなっており、これらはすべて無料で受けられます。

ただし相談所は全国各地に設置されており、それぞれによって取扱業務は異なります。

相談のみであれば多くの相談所が対応しているものの、示談あっせんなどについては対応していない相談所もあります。

相談以外のサポートもして欲しいという方は、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

相談場所 受付時間・連絡先
日弁連交通事故相談センター 【受付(月〜金)】10:00〜16:30
【電話番号】0570-078325

交通事故紛争処理センター

交通事故紛争処理センターとは、交通事故トラブルの解決をサポートする公益財団法人です。

弁護士による相談・示談あっせん・審査などのサポートをおこなっており、これらはすべて無料で受けられます。

なお、交通事故紛争処理センターの場合、あくまで双方の間に立って中立的な立場からのサポートとなるため、相談者の利益を優先して動いてくれるわけではありません。

寄り添ったサポートをして欲しいという方は、他の窓口のほうがよいかもしれません。

相談場所 受付時間・連絡先
交通事故紛争処理センター 【受付(月〜金)】9:00〜17:00
【電話番号】地域別の連絡先はこちら

法テラス

法テラスとは国営の法律相談所です。

法律トラブルにあった方に対してサポートをおこなっています。

法テラスに弁護士費用を立て替えてもらう場合は、後から分割で返済していくことになりますが、初期費用を抑えたいという方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

ただし注意点として、これらのサポートを受けられるのは、収入基準・資産基準などの利用条件に該当する方に限られます。

収入が基準額を上回っていたり、いやがらせ目的だったりする場合には利用できません。

相談場所 受付時間・連絡先
法テラス 【受付(月〜金)】9:00〜21:00、(土)9:00〜17:00
【電話番号】0570-078374

日本損害保険協会

一般社団法人である日本損害保険協会では、相談窓口として「そんぽADRセンター」という機関を設置しています。

そんぽADRセンターでは、専門の相談員による交通事故や損害保険に関する相談や、保険会社との示談あっせんなどのサポートをおこなっており、これらはすべて無料で受けられます。

ただし注意点として、対応してもらえるのは「日本損害保険協会と契約を結ぶ損害保険会社に関係するケース」に限られます。

詳しくは「日本損害保険協会との間で手続実施基本契約を締結した損害保険会社一覧」を確認してください。

損害保険会社一覧に記載のない保険会社の場合には利用できません。

相談場所 受付時間・連絡先
日本損害保険協会|そんぽADRセンター 【受付(月〜金)】10:00〜15:30
【電話番号】0570-022808

各都道府県の相談窓口

弁護士による市民法律相談を設けている自治体もあります。

通常、自治体が委託している弁護士が、無料で相談を担当しています。

以下のような方には、自治体の法律相談をおすすめします。

  • どこに相談したらいいかわからない
  • 身近な弁護士に相談したい
  • まだ依頼するかは考えていないが、取りあえず話を聞きたい

自治体によって相談日や費用などは異なりますので、自分の住所地を管轄する市役所等に確認してみてください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で
交通事故に強い弁護士を探す

交通事故によるけがの治療・入院に関する相談窓口

交通事故によるけがの治療や入院など、医療や福祉に関する相談がしたい場合には、医療安全支援センターや各自治体の高次脳機能障害支援拠点機関などを利用するのがおすすめです。

そのほかの相談先については国土交通省の「相談先にお困りのときは?」に整理されていますので、参考にしてください。

相談窓口 無料相談 電話相談 24時間 備考
NASVA被害者支援 交通事故被害者の総合窓口
医療安全支援センター 医療相談に関する総合窓口
自治体の高次脳機能障害支援拠点機関
東京都心身障害者福祉センターなど)
高次脳機能障害の支援に対応

NASVA被害者支援

NASVAとは、自動車事故対策機構の略称で、全国50カ所に支所を置き、自動車事故の発生防止と事故被害者の支援をおこなう独立行政法人です。

交通事故被害者の支援策として、療養施設の案内、介護料の支援および勝訴判決後も支払いを受けられなかった被害者等に対する生活資金の無利息貸付などを実施しています。

医療安全支援センター

医療安全支援センターは、医療に関する苦情や相談に対応している窓口で、全国各地に設置されています。

主に電話による相談で、カルテの開示を求めたい場合や、服用している薬について聞きたい、また、そもそも何科を受診すればよいのかわからないといった場合にも気軽に相談できます。

自治体の高次脳機能障害支援拠点機関

各自治体の心身障害福祉センターでは、交通事故により高次機能障害を負った方に対する支援機関が設けられている場合があります。

外見上はわかりにくい高次機能障害に関するセミナーや、障害を負った方への相談支援、通所プログラムの案内などをおこなっています。

交通事故トラブルを解決するなら弁護士がオススメ

交通事故に遭ってしまった際は、弁護士に問題解決を依頼することをおすすめします。

弁護士に依頼することには、以下のようなメリットがあります。

  • 治療中に困ったことなども相談できる
  • 適切な後遺障害認定を受けられる
  • 相手方保険会社との交渉を一任できる
  • 訴訟に発展した際も対応してもらえる

ここでは、弁護士に依頼するメリットや費用相場などを解説していきます。

弁護士に依頼するメリット

交通事故問題において、弁護士であれば過失割合の算定や各損害の計算といった、損害賠償請求に関するアドバイスのほか、加害者や相手先保険会社との示談交渉、訴訟発展時の裁判対応などもしてもらえます。

事故後の手続きを一任できますので、とくに事故対応の経験がない方にとっては心強い味方となるでしょう。

さらに慰謝料請求にあたっては、もっとも高額な「弁護士基準」による請求対応が望めます。

弁護士無しで慰謝料請求する場合、自賠責基準や任意保険基準にて請求することになるかと思われますが、弁護士に依頼することで多くの慰謝料を受け取れる可能性があります。

通院期間

自賠責基準(※1)

任意保険基準(推定)

弁護士基準(※2)

1か月間

8万6,000円

(8万4,000円)

12万6,000円

28(19)万円

2か月間

17万2,000円

(16万8,000円)

25万2,000円

52(36)万円

3か月間

25万8,000円

(25万2,000円)

37万8,000円

73(53)万円

4か月間

34万4,000円

(33万6,000円)

47万8,000円

90(67) 万円

5か月間

43万円

(42万円)

56万8,000円

105(79) 万円

6か月間

51万6,000円

(50万4,000円)

64万2,000円

116(89) 万円

※1: 初診から治療終了日を21日とし実際の通入院は10日間だったと仮定し、2020年3月31日までは4,200円、2020年4月1日より後に発生した事故に関しては4,300円で計算しています。
※2:()内はむちうち等の他覚症状がない負傷の慰謝料

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で
交通事故に強い弁護士を探す

依頼時の弁護士費用

交通事故問題の解決を依頼する場合、弁護士費用の相場としては以下のとおりです。

ただし「どの事務所に依頼するか」によっても費用は異なりますし、「示談交渉のみを依頼して解決した」という場合などは、以下の費用より安く抑えられることもあります。

詳しい料金については依頼先に直接確認したほうが確実でしょう。

相手の支払い金額 着手金 報酬金
300万円以下 請求額の8% 回収額の16%
300万~3,000万円 請求額の5% 18万円+回収額の10%
3,000万~3億円 請求額の3% 138万円+回収額の6%
3億円を超える場合 請求額の2% 738万円+回収額の4%

弁護士費用が払えない場合

「弁護士に依頼したいけどお金がない」という方もいるかもしれません。

そのような方は、弁護士費用特約が利用できないか確認しておきましょう。

弁護士費用特約とは「弁護士費用を保険会社から支払ってもらえる」という、任意(自動車)保険会社が提供する保険サービスです。

自分または同居している家族の保険に弁護士費用特約が付属している場合には、保険会社から一定の範囲で弁護士費用を負担してもらえます。

自分が加入していなくても利用可能なケースもありますので、家族の保険加入状況についても確認しておいたほうがよいでしょう。

また弁護士費用特約が利用できない場合には、支払い対応が柔軟な弁護士事務所を探すのもひとつの手段です。

事務所によっては、依頼時に支払う「着手金」を無料にしていたり、分割払いや後払いに対応していたりするところもありますので、とくに「初期費用を抑えたい」という方にはおすすめです。

交通事故の無料相談を利用したほうがよいケース

ここでは、「どのようなケースで無料相談を利用したほうがよいのか」について解説します。

初めて事故に遭って何をすればよいかわからない

治療を終了するタイミングや示談交渉の進め方など、交通事故問題では対応や手続きの進め方によって、最終的に支払われる賠償金額が変わる可能性があります。

十分な知識・経験がないまま、なんとなくで処理を進めてしまうと、適正な補償が受けられなくなる可能性も否定できません。

そのような事態を防ぐためにも「初めて交通事故に遭って何をすればよいかわからない」という場合は、上記で紹介した相談窓口を利用して、交通事故問題について知識のある方からアドバイスをもらったうえで手続きを進めるのが望ましいでしょう。

相手から提示された金額に納得がいかない

交通事故の相手当事者が任意保険に加入している場合、基本的には相手先保険会社が交渉窓口となります。

相手保険会社との交渉では、たとえば人身事故の場合には治療を終えたタイミングで補償額について何らかの提示がされることが通常です。

しかし、相手保険会社は、立場上、補償されるべき金額を満額で提示してくることはまずありません。

したがって、保険会社から金額提示があっても、その金額の妥当性については慎重な判断を要することが多いでしょう。

場合によっては、相手保険会社が提示額をはるかに上回る金額で賠償請求をおこなうべきというケースもあります。

したがって「提示額に納得がいかない」などの不満点があるのであれば、弁護士に相談することを積極的に検討したほうがよいでしょう。

示談交渉で揉めている

慰謝料の金額や過失割合(事故の責任の割合)など、示談交渉の中で相手先と見解が相違して争いとなることは珍しいことではありません。

相手の窓口が保険会社である場合、個人での対応には一定の交渉格差がありますので、このような見解の対立が生じた場合に自身の主張を相手に認めてもらい、一定の譲歩を引き出すのは難しいのが通常です。

弁護士には相手保険会社以上の知識・経験がありますので、相手保険会社との交渉格差も生じることはありません。

そのため、相手保険会社と補償の考え方について鋭い対立が生じているという場合には、弁護士への相談・依頼について積極的に検討するべきでしょう。

後遺症が残ってしまった

交通事故で負った怪我について治療を尽くしたものの、一定の後遺症が残ってしまったような場合は、後遺障害申請をおこなって「後遺障害」として認定を受けることで、後遺症に関する損害賠償をスムーズに請求できるようになります。

後遺症についての補償の有無によって支払われる賠償金が数百万円変わることもありますので、何らか後遺症があるような場合には、認定を受けることを積極的に検討するべきでしょう。

もっとも、このような申請手続きにあたっては、審査のために必要となる書類を複数準備する必要があります。

加害者側の保険会社に処理を一任することもできますが、この場合は手続のために必要最小限の処理しかおこなわれず、十分な認定資料がないことを理由に後遺障害として認定されないということもあり得ます。

そのため、認定手続は自分でやりたいという被害者も多いですが、知識・経験のない素人がこの処理をおこなうことには一定の困難を伴うことも事実です。

したがって、このような場合も弁護士への相談・依頼を積極的に検討するべきでしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で
交通事故に強い弁護士を探す

交通事故の無料相談を利用するタイミング

法律上では「示談成立=交通事故問題の解決」であり、示談が成立した後に「やっぱり賠償金が少ない気がする」と思っても、一方的に合意内容を覆すことはできません。

そのため、示談成立後に「やっぱり不満である」と弁護士に相談しても、対応できることは少ないです。

したがって、遅くても弁護士への相談は示談が成立する前におこなうべきでしょう。

なお相談するタイミングとして、賠償額を算定できるようになる「怪我の治療を終了したタイミング」が望ましいという意見も多いですが、もっと早い段階(たとえば事故直後)で相談したほうが、弁護士としても今後の賠償請求を見越したアドバイスが可能であり、サポートできる範囲も広がるという意見もあります。

そのため、とくに弁護士相談に抵抗を覚えないのであれば、事故直後に一度相談をしてみてもよいかもしれません。

たとえば、「被害者が重傷を負っており後遺症も見込まれるようなケース」では、事故直後に相談したほうがよいこともあります。

したがって、実際のところはケースに応じて判断する必要があるでしょう。

交通事故の無料相談を利用する際によくある質問

ここでは交通事故問題の相談にあたって、よくある質問を3つ紹介します。

加害者にはどのようなお金を請求できますか?

交通事故の加害者に対しては、損害賠償請求として積極損害・消極損害・慰謝料などを請求できます。

各内訳としては以下のとおりで、「怪我を負ったが完治した場合」「後遺症が残った場合」「被害者が死亡した場合」など、ケースに応じて請求内容は異なります。

交通事故の加害者に請求できる賠償金の内訳
積極損害 事故を原因として被害者に発生した金銭的な損害
(治療費・修理代・通院費用・入院雑費・付添看護費・将来の看護費など)
消極損害 事故に遭わなければ将来得られたはずの収入に対して発生した損害
(休業損害・後遺障害逸失利益・死亡逸失利益など)
慰謝料 事故により生じた精神的苦痛に対して請求できる賠償金
(入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料など)

できるだけ多く賠償金を受け取るにはどうすればよいですか?

「相手から1円でも多く賠償金を受け取りたい」という方は、弁護士への依頼を積極的に検討したほうがよいかもしれません。

交通事故で支払われる賠償金に確定的な相場というものはなく、事故状況に応じて妥当額を判断することになります。

賠償金については「被害者に生じた損害の内容」「双方の過失割合の大きさ」「慰謝料請求時に用いる計算基準」「後遺障害等級の認定結果(後遺症が残った場合)」など、さまざまな要素によって変動します。

弁護士に依頼すれば、過失割合の交渉や後遺障害等級の申請手続きなど、依頼者にとって少しでも利益となるよう対応してもらえます。

さらに「弁護士基準」での慰謝料請求も依頼できますので、慰謝料の増額も期待できます。

このように損害賠償請求にあたっては、弁護士に依頼することで有効なサポートが望めます。

弁護士に相談した場合、必ず依頼しなければいけませんか?

そのようなことはありません。

必ずしも依頼する必要はありませんので、「複数の事務所で相談して、その中から自分に合ったところに依頼する」ということももちろん可能です。

ちなみに依頼時にかかる弁護士費用は事務所によって異なりますので、あらかじめ相談時に「弁護士費用はいくらかかりそうか」確認しておくことをおすすめします。

まとめ

交通事故に遭って悩みや不安がある方は、記事内で紹介した中から、自分に合った窓口を選んで相談してみることをおすすめします。

また「アドバイスを受けただけでは自力で対応できる自信がない」というような方は、弁護士に問題解決を依頼するのがよいでしょう。

弁護士に依頼すれば事故後の手続きを代行してもらえますので、自力で対応するよりもスムーズな問題解決が望めるほか、加害者から支払われる賠償金も増額する可能性があります。

ただし依頼時は弁護士費用がかかりますので、あらかじめ相談時に「依頼するといくらかかるのか」確認しておいたほうが安心でしょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で
交通事故に強い弁護士を探す

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
東京
神奈川
福岡
大阪
京都
愛知
Office info 202206101522 4521 w220 【被害者専門/全国対応】立川支店 アディーレ法律事務所

【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績63,000人以上】提示された賠償金に納得がいかない方は、アディーレへご相談を!適正な賠償金を受け取るためにサポートします◆自転車・バイク事故にも対応◆

事務所詳細を見る
Office info 202302061637 4501 w220 【被害者専門の相談窓口】新宿支店 アディーレ法律事務所

【提示された賠償金に納得がいかない方必見!】弁護士に依頼することで増額できる可能性があります。交通事故被害のご相談は、初期費用0円/何度でも相談無料/土日祝&全国対応のアディーレへ。

事務所詳細を見る
Office info 202206101522 4521 w220 【被害者専門/全国対応】町田支店 アディーレ法律事務所

【初期費用0円】【何度でも相談無料】【相談実績63,000人以上】提示された賠償金に納得がいかない方は、アディーレへご相談を!適正な賠償金を受け取るためにサポートします◆自転車・バイク事故にも対応◆

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事はベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

弁護士への依頼・相談に関する新着コラム

弁護士への依頼・相談に関する人気コラム

弁護士への依頼・相談の関連コラム


弁護士への依頼・相談コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら