自転車事故の問題解決が得意な弁護士に相談!被害者でも加害者で

~いざという時の備えに~交通事故コラム

 > 
 > 
 > 
自転車事故の問題解決が得意な弁護士に相談!被害者でも加害者でも
キーワードからコラムを探す
交通事故コラム

自転車事故の問題解決が得意な弁護士に相談!被害者でも加害者でも

Aaa
自転車事故の問題は弁護士への相談で解決!

自転車事故の問題を弁護士に相談することで、下記のようなメリットがあります。
 

  • 「弁護士基準」という慰謝料を適正な金額で請求できる基準があること

  • 弁護士が被害者の代わりに加害者側と交渉してくれること

  • 後遺障害の申請を全て任せることができる

  • 過失割合を適切な数字にすることができる
  • 子供が加害者となってしまった場合でも相談できる など


当サイト『厳選 交通事故弁護士ナビ』は交通事故を得意とする弁護士のみを掲載しており、事務所への電話は【通話料無料】、電話相談や面談相談が無料の事務所や、着手金が必要ない事務所もあります。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

 

自転車事故でトラブルになった場合、ある意味交通事故よりも弁護士の力が必要になるのが自転車事故です。

昨今は、スマートフォンの普及によって自転車に乗りながらのスマートフォン操作、そして街中において素人でもスピードが気軽に出せるスポーツ自転車のブームなど、自転車事故が発生する要因はますます増えています。

警察庁のデータ(平成28年)によると、平成28年度だけで自転車関連事故の件数は93,424件に上り、全交通事故499,201件のうち自転車事故の割合は約16%に登ります。

自転車事故の割合
引用元:警視庁|自転車事故の推移(平成28年中)

自転車事故が問題で裁判になり、高額な損害賠償請求に至るという事件も多いため、自転車でも事故が起きた時の被害は大きなものになります。小学生前後からご高齢の方まで老若男女多くの人が乗れて、免許もいらない快適な乗り物ですが、便利だからこそ起きてしまう自転車事故。

ここでは、自転車関連事故に巻き込まれた時(あるいは子供が加害者となってしまった場合)に、弁護士に相談・依頼するメリットや自転車事故の解決が得意な弁護士の選び方などについて紹介していきます。

【目次】
自転車事故の問題を弁護士に相談する5つのメリット
適切な慰謝料の獲得がしやすい
示談交渉を任せることができる
適正な過失割合の算出ができる
後遺障害等級の獲得も容易になる
裁判になった場合の対策も豊富
自転車事故において弁護士が必要になる理由
自賠責保険がない|通常の交通事故との違い
後遺障害の認定機関がないから等級の獲得が難しい
加害者の資金不足で損害賠償請求が難しい
裁判になる可能性が高く個人で戦うのは困難
保険に未加入の場合が多く加害者と揉める
自転車事故を弁護士に依頼した際の費用
相談料
着手金
成功報酬
自転車事故が得意な弁護士の探し方と選び方
弁護士の選び方
弁護士の探し方
まとめ
 

自転車事故の問題を弁護士に相談する5つのメリット

自転車事故の問題に巻き込まれた時に、一人で対処を試みることは大変困難です。ここでは自転車事故を弁護士に相談する5つのメリットを見ていきましょう。
 

適切な慰謝料の獲得がしやすい

通常、自転車事故では保険に入っていないことが多いため、被害者が個人で加害者に損賠賠償請求を行うことになります。しかし、交通事故に関係する法律的な知識はなかなか知られていないものです。そのため、適切な慰謝料が獲得できない可能性が高くなります。

一方、法律的な知識の専門家である弁護士なら、諸所の書類や様々な手続きを弁護士が代わりに作成し、加害者に法的根拠のある請求を行うことで適切な慰謝料の獲得がしやすくなるのです。
 

示談交渉を任せることができる

加害者が慰謝料の請求に応じた場合も、弁護士に示談交渉を任せることで書類の作成や様々な手続きを代わりに行ってもらえます。また、知識が豊富な弁護士ならば、建設的な交渉を進めることができるため、事案の早期決着や少しでも自分たちにとって有利に示談が進められうようになるでしょう。
 

適正な過失割合の算出ができる

一概に自転車事故と言っても、そのシチュエーションによって加害者と被害者の過失割合が変わってしまいます。その判断も交通事故に精通している弁護士に判断を任せることで実況見分から、適正な過失割合の算出ができます。
 

後遺障害等級の獲得も容易になる

自転車事故には後遺障害等級を判断する第三者機関が存在しないために、被害者は自転車事故で負った後遺障害を自ら証明しなければなりません。しかし、こちらも弁護士にその審査を任せることで後遺障害等級を獲得することが容易になります。
 

裁判になった場合の対策も豊富

仮に加害者が示談に応じなかった場合も、弁護士に相談することで訴訟に発展させることで適切な損害賠償請求を行うことができます。それにより被害者が泣き寝入りすることを防げます。


 

自転車事故において弁護士が必要になる理由

先に自転車事故で弁護士に相談するメリットについて説明しました。ここでは自転車事故において弁護士がなぜ必要になるか、その理由について説明します。
 

自賠責保険がない|通常の交通事故との違い

自賠責保険とは正式名称「自動車損害賠償責任保険」といい、日本国内の全ての自動車保有者はこの保険に加入することを法律で義務付けられています。

 

そのため、自動車事故が発生した場合は、第三者機関の公平な査定の下、被害者、加害者ともに受け取りとったり支払ったりすることになる慰謝料の発生が保証されています。

一方で自転車保有者には自賠責保険に加入する義務がないために加害者となった時に被害者との交渉を進めてくれる第三者機関が存在しないため、被害者は加害者に直接、損害賠償請求を行わなければなりません。

 

しかし、その時、弁護士に相談することで様々な書類の作成や手続きを円滑に進めることができます。
 

後遺障害の認定機関がないから等級の獲得が難しい

自転車事故では後遺障害の認定機関がないために、自動車事故で後遺障害を負った場合、それを被害者側が証明しなければなりません。しかし、弁護士に相談することで、後遺障害等級を獲得することができます。
 

加害者の資金不足で損害賠償請求が難しい

加害者が損害賠償請求に応じる支払い能力を有していない恐れがあります。そうした場合も、弁護士を立てることで採るべき方針について考えていくことが最善です。

 

弁護士の調査によって、実は加害者が掛け捨てでかけていた任意保険で自転車保険も補償されていたことが判明したケースなどが報告されています。そうした場合も弁護士が保険会社との交渉を有利に進めます。
 

裁判になる可能性が高く個人で戦うのは困難

加害者が支払い能力を有していた場合でも、意図的に責任逃れを働こうとする可能性が大きいです。

 

そうした理由から、自転車事故に巻き込まれた場合でも侮らず、信頼できる弁護士を速やかに立て、正当な権利を主張していくことが最善策であると思われます。

そうすることで自転車事故に見合った十分な損害賠償額を勝ち取り、相手が話し合いに応じなくても訴訟に持ち込むことで泣き寝入りすることを防ぐことができます。
 

保険に未加入の場合が多く加害者と揉める

自転車保有者の多くが保険に加入していないことが多いことから、損害賠償請求の支払いを加害者自らの資力で補うこととなります。そのため加害者が損害賠償請求を拒み続けることがあります。

 

そうした場合も、弁護士に相談することで訴訟に持ち込むことで支払いの義務を果たさせることができます。

 

 

加害者となってしまった場合も相談できる

冒頭で、転車事故が裁判まで発展し、高額な損害賠償請求に至るという事件も多いとお伝えしましたが、事故を起こしてしまう人の多くが自転車などに乗るお子さんになります。

 

自転車に保険をかけるケースが少なく、万が一追突事故などで相手に重症を追わせてしまった場合、かなり高額の慰謝料請求をされる場合があります。車の事故であれば保険会社からの賠償金負担や示談交渉をしてもらえますが、自転車の場合はそうもいかず、全て実費で支払うことになる可能性もあるでしょう。

 

弁護士に相談した場合、示談交渉で被害者との間に入ってもらえます。

 

賠償金の減額交渉などを行い、問題の解決をしてもらえる場合も多いので、一度弁護士の無料相談だけでも行ってみることをおすすめします。


 

自転車事故を弁護士に依頼した際の費用

自転車事故を弁護士に相談することで得られるメリットと相談すべき理由について説明してきました。では、自転車事故を弁護士に依頼した際、かかる費用について説明していきます。
 

相談料

相談料とは弁護士と正式な契約を交わす前段階として、担当弁護士に支払うお金のことです。「(旧)日本弁護士連合会報酬等基準」によると、この際の相談料はおよそ1時間5,000円から10,000円と定められています。

しかし近年では、相談料を0円に設定している弁護士事務所も増えています。

 

そのために弁護士に相談する費用面や心理面でのハードルは下がってきており、自転車事故の発生後は速やかに弁護士相談することで早期解決を望めるという点でも被害者にとって有利な値段価格となっています。
 

着手金

着手金とは、交渉や裁判などの結果に関わらず弁護士へ支払うことになるお金のことです。また途中で依頼を解約した場合には返還されないお金となるので相談する段階で、信頼できる弁護士かを見極める必要があるでしょう。

着手金の金額は、依頼された案件の難易度や見込まれる補償金額などから決まることが多いようです。高額ではない請求の場合、着手金は無料で成功報酬のみで請け負ってくれる弁護士事務所も増えています。着手金についても相談すべきでしょう。

着手金が存在する場合は、その最低額が「(旧)日本弁護士連合会報酬等基準」で10万円と決まっています。また交通事故を専門とする交通弁護士に依頼する場合は、おおよそ20万円前後の基準となる傾向があります。
 

成功報酬

成功報酬とは、依頼した案件がすべて終わってから弁護士に支払うお金のことです。成功報酬は一度、補償金額全額が加害者から弁護士に振り込まれ、ここから成功報酬を差し引いた金額が依頼人に届く仕組みになっています。

成功報酬の金額は依頼人が受け取ることができる補償額によって変動します。こちらも相談する段階で担当弁護士に相談するべきでしょう。


 

自転車事故が得意な弁護士の探し方と選び方

弁護士に依頼する際にかかる費用について紹介しました。

 

しかし多くの方が、いざという時に頼れる弁護士が知り合いにおらず、初めて弁護士に相談することに大変不安な思いをされると思います。ここでは自転車事故が得意な弁護士の探し方と選び方について紹介します。
 

弁護士の選び方

弁護士の選び方としては三つの基準があります。
 

1:依頼する事案に最も特化した弁護士を選ぶこと

一概に弁護士と言っても、医者と同じように、それぞれが得意とする分野があります。そうした得意分野は弁護士事務所のホームページでも確認することができます。得意分野のある弁護士は以前に担当した類似の事案から、示談などの解決や訴訟を有利に進めてくれます。
 

2:弁護士費用がわかりやすいこと

二つ目の基準として費用が挙げられます。

 

もちろん、前述したように発生した事案に対して得意分野である弁護士へ依頼することは重要です。しかし同じ事案でも相談する弁護士によっても報酬金の相場が異なることがあるので注意が必要です。自分の経済状況に照らし合わせて、もっとも依頼しやすい弁護士を探すことをおすすめします。
 

3:弁護士の説明がわかりやすいこと

三つ目の基準として、弁護士の説明が分かりやすいかということが挙げられます。弁護士は職務上、法律について豊富な知識と経験を持っています。当然、依頼人と弁護士には知識、経験ともに大きな差があります。そうした中で、依頼人に対して分かりやすい言葉で相談内容について納得する説明をしてくれる弁護士を探すことはとても重要です。

こちらも相談する段階で担当弁護士と話が通じるかを判断する必要があります。
 

弁護士の探し方

弁護士を探す方法としては、二つの方法があります。
 

1:自分で探す

一つの方法としては、直接、弁護士を探すことが挙げられます。現在、ほとんどの事務所がインターネット上に自らの事務所のホームページを持っています。ホームページにはその弁護士が持つ得意分野や費用金額の目安なども書いてあります。事務所によって電話による無料相談を受けているので、まずは相談してみましょう。
 

2:弁護士会などで紹介してもらう

もう一つの方法としては、日本弁護士会や法テラスを通して、弁護士を紹介してもらうこと挙げられます。日本弁護士会や法テラスは、法律相談会を定期的に行っています。どちらもインターネットを用いることで気軽にホームページにアクセスすることが可能です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

普段は気軽に乗っている自転車でも、事故が起きた際の被害の大きさは計り知れません。「自動車は持っていないが自転車は持っている」という方もいらっしゃるかと思いますが、気軽に乗れる分、一層の注意が必要です。

また、交通事故のスポットライトがより被害が大規模になりがちな自動車に当たりがちなため、自転車事故は保険の整備なども少なく、事故が起きた際の負担が大きなものとなってしまいます。

事故でパニックになっている中、少しでも困ったときには弁護士の力を利用してみましょう。きっとあなたの納得する結果が得られるはずです。


 

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

人身事故に関する新着コラム

人身事故に関する人気のコラム


人身事故コラム一覧へ戻る