交通事故弁護士ナビTOP > 交通事故コラム > 損害賠償・慰謝料請求 > 交通事故の裁判費用はいくら?内訳・計算例・費用を抑える3つのポイント
キーワードからコラムを探す
Sidebar writer recruit
公開日:2020.10.7  更新日:2020.10.7

交通事故の裁判費用はいくら?内訳・計算例・費用を抑える3つのポイント

アシロ 社内弁護士
監修記事
交通事故裁判費用

交通事故の加害者と示談が成立しない場合には、訴訟手続きに移行します。しかし、この時に気になるのが「裁判費用」ではないでしょうか。

訴訟についてくわしく知らない方であれば、「訴訟をすると何十万もかかってしまうんじゃないだろうか…」と不安になってしまうかもしれません

そこでこの記事では、交通事故の裁判費用について、どういった内訳になるのか、裁判費用例、また、裁判費用を抑えるポイントはどういったものがあるのかについて解説します。

これから交通事故の裁判を検討している方は参考にしてください。

交通事故が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

交通事故の裁判費用の内訳

交通事故の裁判費用として支払うものの内訳は以下のとおりです。

  • 申立て手数料
  • 郵便切手代
  • 弁護士費用
  • その他費用

ここでは、上記4つの内容とそれぞれどれくらいの費用が発生するかを確認しておきましょう。

申立て手数料

裁判を提起する場合、申立て手数料を裁判所に納めます。金額は請求する損害賠償の金額区分によって異なっており、次の表のとおりです。

100万円までの部分

10万円までごとに1,000円

100万円をこえ500万円までの部分

20万円までごとに1,000円

500万円をこえ1,000万円までの部分

50万円までごとに2,000円

1,000万円をこえ10億円までの部分

100万円までごとに3,000円

参考:民事訴訟費用等に関する規則

注意すべきなのは、区分ごとに区切られているという点です。仮に請求する損害賠償額が400万円だった場合、100万円までの部分の1万円に加え(1,000円×10)、100万円を超え400万円までの部分の1万5,000円(1,000円×15)の合計2万5,000円が申立て手数料になります。

請求する金額別に申立て費用の例をいくつか挙げると次の通りです。

請求する損害賠償金額

申立て手数料

計算

50万円の場合

5,000円

1,000円×5

500万円の場合

3万円

1万円+1,000円×20

1000万円の場合

5万円

1万円+3万円+1,000×10円

5,000万円の場合

17万円

5万円+3,000円×40

1億円の場合

32万円

5万円+3,000円×90

 

なお、控訴の提起には申立て手数料は上記の1.5倍、上告の場合は2倍の金額が必要になります。

申立て手数料は、訴状・申立書に収入印紙を貼付して支払います。

郵便切手代

郵便切手代は、予納郵券として支払います。裁判所からの訴状を加害者などに対して送付するのに使用されます。

郵便切手代は裁判所によってことなりますが、訴訟相手が1名の場合は5,000円程度、1人増えるごとに2,000円程度ずつ増加するのが通常です。

郵便切手代は、訴状や申立書の提出と同時に切手で納めるか、窓口納付や銀行振り込み、電子納付などの現金で納めます。

弁護士費用

訴訟をする際には、申立て手続きや請求する損害賠償額の算出などが必要になります。

これを個人で行うのは困難ですので、弁護士に依頼することが多いと思われます。

弁護士に依頼すると、弁護士費用が発生します。

弁護士の費用体系や料金は事務所によってまちまちですが、2004年以前の弁護士費用が自由化される前の旧日弁連基準が一応の目安になるでしょう。

旧日弁連基準では、弁護士報酬を着手金と報酬金に分けていて、次のようなものとなっています。

経済的利益

着手金

報酬金

300万円以下

経済的利益の8%

経済的利益の16%

300万円超え3,000万円以下

経済的利益の5%+9万円

経済的利益の10%+18万円

3,000万円超え3憶円以下

経済的利益の3%+69万円

経済的利益の6%+138万円

3億円超え

経済的利益の2%+369万円

経済的利益の4%+738万円

 

上記の表にある経済的利益とは、一般に訴訟によって獲得できた損害賠償額の増加分のことをいいます。たとえば、示談で提示されていた損害賠償額が1,000万円で、訴訟で獲得できた損害賠償額が3,000万円だった場合、経済的利益は2,000万円です。

どういった料金体系なのか、具体的な弁護士費用はいくらなのかについては、弁護士事務所によって異なりますので、直接問い合わせるとよいでしょう。

【関連記事】交通事故の弁護士費用相場とは|弁護士特約やよくある質問をすべて解説

その他費用

裁判では、損害が発生したことを証明するために、書類などを提出しなければなりませんので、それらを取り寄せるための実費が必要になります。

具体的なものとしては、怪我の診断書、後遺障害診断書、休業損害証明書、源泉徴収票などが挙げられます。

交通事故の裁判費用シミュレーション

ここでは、次のようなケースにおける、交通事故の裁判費用をシミュレーションしてみましょう。

請求する損害賠償金額

5,500万円

経済的利益

2,500万円

請求相手

1人

 

上記の場合に、必要になる裁判費用は次のとおりです。

(※あくまでも一例ですので、個別のケースについては弁護士にご相談ください。)

申立て手数料

18万5,000円

郵便切手代

5,000円

弁護士費用

402万円

その他費用

1万円

合計

422万円

交通事故の裁判費用を抑えるポイント

弁護士費用を抑えるポイント

裁判にかかる費用はできるだけ抑えたいですよね。そのためにはどういったポイントがあるのか、ここで見ていきましょう。

弁護士費用特約を利用する

弁護士費用特約とは、自動車保険などに付帯しているオプションで、加入者本人やそのご家族が事故に遭って弁護士に依頼した場合の費用を、保険会社が負担してくれるもののことです。

保険会社によって異なりますが、最大、弁護士費用は300万円まで、法律相談は10万円まで補償を受けられるのが一般的です。

弁護士費用はあなた自身が加入していない場合でも、以下の方が加入していた場合に適用できる可能性がありますので、確認しておきましょう。(保険会社によっても範囲は仮名割りますので注意してください。)

  • 本人
  • 配偶者
  • 同居している親族
  • 別居している未婚の子供
  • 同乗者
  • 契約車を所有している人

弁護士費用特約の詳しい内容は以下の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】弁護士費用特約を利用できる範囲|限度額・利用方法を解説

民事法律扶助を利用する

民事法律扶助とは、法テラスが実施する弁護士費用を立て替える制度のことをいいます。立て替えてくれるのは「相談料」「着手金」「実費」などで、裁判後は月に5,000円~1万円程度の範囲で分割払いを行います。

仮にあなたが生活保護を受けている場合には、裁判が終了しても支払い自体を免除してくれるケースもありますので覚えておきましょう。

民事法律扶助を受けるためには、以下のような条件を満たさなければなりません。

  • 弁護士費用を負担する資力がないこと
  • 勝訴の見込みがないとはいえないこと
  • 訴訟の目的が法律扶助の趣旨に適合すること

利用するには法テラスで審査を受ける必要があり、審査に通れば個別に契約を締結します。

民事法律扶助の詳しい内容や受けるための条件、利用の流れなどは、以下の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】交通事故の弁護士費用が払えない人が使える制度・サービスと費用を抑える為に出来る事

訴訟救助の申立てをする

裁判費用のうち、「申立て費用」「郵便切手代」などの裁判所に納める費用には、支払いを先送りできる「訴訟救助」という制度があります。

訴訟救助が決定されると、裁判後に判決に応じた訴訟費用の負担に応じてあなたか加害者が支払います。後に詳しく解説していますが、裁判では勝訴した場合、加害者が原則的に裁判費用を支払うのです。反対に敗訴した場合には、あなたが支払わなければなりません。

訴訟救助の申立てをするには、訴状に印紙を貼らず、訴状と一緒に訴訟救助申立書を行います。

訴訟救助にも「費用を支払う資力がない」「支払うことが生活に著しい支障を生ずる」「勝訴の見込みがないとはいえない」などの要件がありますので注意してください。

弁護士に依頼する場合には、損害賠償請求の申立てと一緒に、訴訟救助の申立ても代理で行ってもらえますので、その旨を伝えるようにしましょう。

交通事故の裁判費用は加害者の負担になるケースがある

上記で一部説明しましたが、実は、裁判所に支払う「申立て手数料」「郵便切手代」も、弁護士に支払う「弁護士費用」も、加害者負担になるケースがあります。ここではその内容を見てみましょう。

勝訴した場合の裁判費用は加害者に請求できる

裁判所に払う「申立て手数料」と「郵便切手代」は、民事訴訟の場合、必ず判決書で費用負担について決めています。このとき、認められた訴えの程度に応じて原告(あなた)と被告(事故の加害者)が裁判費用を支払うのです。

仮に全面勝訴となった場合には被告が裁判費用の全額を支払います。一方全面敗訴となると原告が全額を支払います。訴えの一部が認めらえた場合には「原告5分の1、被告5分の4」などとなり、この場合にはあなたは裁判費用の1/5を支払うことになります。

ただし、実務的には訴えを提起した段階でまずはあなたが一旦全額を立て替えます。仮に勝訴した場合には、損害賠償金に加え、裁判費用も加害者に支払ってもらうというのが流れです。

弁護士費用も損害賠償請求の一部として加害者に請求できる

弁護士費用についても、実は、損害賠償金の一部として加害者に支払ってもらうことが可能です。

訴状には損害賠償金の項目を一覧で記載しますが、この時に弁護士費用についても記載することが可能です。ただし、弁護士費用をそのまま負担してもらえるということではありません。

認められた損害賠償請求の10%程度が弁護士費用として請求できることが通常です。例えば(弁護士費用を除く)損害賠償請求額が3,000万円だった場合、10%の300万円を「弁護士費用」として損害に加えて請求し、判決で全額認められれば、加害者から合計の3,300万円の損害賠償金が支払われることになります。

ただし、弁護士費用として請求できるパーセンテージは事案によって異なるので注意してください。ケースによっては10%よりも低いこともあります。

交通事故で裁判を検討しているなら弁護士へ相談を

交通事故の損害賠償請求で加害者と示談が難航しており、裁判を検討しているのであれば弁護士に依頼することをおすすめします。裁判をするには訴状を作成しなければなりませんし、損害が発生したことを証明する必要があり、あなた個人では困難なケースがほとんどだからです。

弁護士に依頼すれば、訴状もあなたに代わって作成してもらえますし、交通事故証明書、怪我の診断書、後遺障害診断書、休業損害証明書、源泉徴収票といった、損害の証明に必要な書類も代わりに収集してもらえます。

受けた被害から適切な損害賠償金額も算出してもらえますので、あなた自身で訴訟するよりも手間も省けますし、獲得できる損害賠償金も多くなる可能性が高まります。

交通事故弁護士ナビでは、交通事故問題に注力している弁護士のみを掲載しています。ぜひお近くの弁護士事務所に連絡し、まずは相談から始めてみてください。

交通事故が得意な弁護士を探す

※相談料無料・着手金無料・完全成功報酬
の事務所も多数掲載!

北海道・東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
関東 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木
北陸・甲信越 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井
東海 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重
関西 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

まとめ

交通事故の裁判費用について紹介しました。裁判所に支払う「申立て手数料」「郵便切手代」と、弁護士に支払う「弁護士費用」が主な裁判費用です。

弁護士費用の支払いは、弁護士費用特約や民事法律扶助を利用すると抑えられます。訴訟提起段階の裁判費用を抑えるには、訴訟救助の利用を検討しましょう。

なお、裁判所に支払う費用も弁護士に支払う費用も、裁判に勝訴した場合には加害者に支払ってもらえるケースもありますので、最終的にあなたの財布を痛めることなく裁判ができるということも可能です。

訴訟はご自身でもできますが、適切な損害賠償額を請求するには弁護士への依頼が一番です。ぜひお気軽にご相談から始めてみてください。

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
あらゆる事故に備える!弁護士費用保険メルシー

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci

弁護士費用保険メルシーは、弁護士依頼で発生する着手金・報酬金を補填する保険です。交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚/相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

保険料は月額2,500円。追加保険料0円で子供や両親も補償対象になります。

補償対象となるトラブルや付帯サービスなど、より詳しい内容について知りたい方は資料を取り寄せてみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
アシロ 社内弁護士
株式会社アシロの社内弁護士が監修しました。
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

損害賠償・慰謝料請求に関する新着コラム

損害賠償・慰謝料請求に関する人気のコラム


損害賠償・慰謝料請求コラム一覧へ戻る