交通事故時に被害者が絶対にしてはいけない5つのこと

~いざという時の備えに~交通事故コラム

 > 
 > 
 > 
交通事故時に被害者が絶対にしてはいけない5つのこと
キーワードからコラムを探す
交通事故コラム
2018.3.12
示談 過失割合 弁護士監修記事

交通事故時に被害者が絶対にしてはいけない5つのこと

Pixta_35588116_s

交通事故の被害に遭った際にやるべきことは分かっていたとしても、絶対にしてはいけないことまでご存知の方は少ないのではないでしょうか?

 

これらを知らなかったことが原因で、

 

1.交通事故後に保険金を受け取れなかった
2.事故から数日後に体の異常に気づいて病院に行ったが治療費が支払われない
3.物損事故で処理していたため、慰謝料の請求ができない など

 

後々大きな問題となって自分に降りかかってくる可能性もあります。

 

それを未然に防ぐために、事故に遭った時に絶対にしてはいけないことをしっかりと理解して、実際の現場でも活用していただければ幸いです。

 

交通事故時に絶対してはいけないこと

それでは早速、交通事故の被害に遭った際に絶対してはいけないことについて、その5つを解説していきます。

 

ケガをしているのに無理して平静を装わない

交通事故で負傷しているのに、相手に気を使って平静を装うのはやめましょう。痛みがあるのであれば「痛い」とはっきり言うべきですし、不安があれば救急車を手配してもらいましょう。

 

交通事故で負傷したことを隠す意味はまったくありませんし、ご自身が思うより深刻なケガをしている可能性もあります。余計な気遣いは無用です。

 

必要以上に謝らない

追突事故を除き、交通事故で責任が100-0になることは少なく、慎重に調べた結果、当事者双方に過失があったといケースがほとんどです。あなた自身にも過失があったのかもしれません。

 

なので、事故が起きたことでお互いに不快な思いや不安な思いをしたことへの謝罪は社会的礼儀でしょう。

 

しかし、「こちらも悪かったのでいいですよ。」などと安易に謝罪したり、相手の謝罪を受け入れたりすることは、トラブルの元になるので避けましょう。また、ご自身に全面的な落ち度があったと感じられる場合(加害者となった場合)でも、過剰な謝罪・過度な低姿勢は事故の相手に「100-0で責任を取ってくれる。」と誤解をさせかねないので、注意してください。

 

警察への報告を怠らない

たとえどれだけ小さな交通事故であっても、必ず警察に報告をしましょう。相手がいる場合はもちろんですが、自分だけの物損事故でも同様です。

 

警察へ報告をすることは、道路交通法でも定められています。

 

交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ち に車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合におい て、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、 警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項 において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並 びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなけれ ばならない。

引用元:道路交通法 第72条1項

 

もしも警察へ報告しなかった場合、『交通事故証明書』が発行されず、本来使えるはずの保険が使えないという事態も起こりえます。

 

たとえ加害者に「通報しないでほしい。」と言われたとしても、必ず警察への報告は怠らないようにしましょう。

 

軽率に示談(金銭の支払い)をしない

示談とは、交通事故の補償についての当事者間の合意であり、トラブルを解決する行為です。

 

加害者側は、会社に知られたくないことや、点数が引かれることを恐れて、その場でただちに示談にしたいと思っている場合もあります。また、被害者側は、加害者からその場で示談を持ちかけられて、面倒に巻き込まれたくないという気持ちで示談に応じるということもあるでしょう。

 

しかし、加害者・被害者ともに、その場で軽々しく示談することはトラブルの元になりますのでやめましょう。

 

特に、加害者側が被害者側から示談を持ちかけられ、言われるままに金銭を支払った場合、被害者から後々「補償は終わっていない!」と繰り返し金銭を要求されることもあります。その場で「なかったことにするから。」と言われても、安易に金銭を支払ってはいけません。

 

病院に行かない

交通事故直後に痛みがなくても、実は体に大きな損傷を受けていたということもあり得ます。事故から相当程度時間が経過したのちに症状が出てくるということも往々にしてあります。

 

しかし、事故直後に病院で受診していないと、その後症状が出てきたとしても事故との因果関係が認められないことがあります。そうなっては十分な補償を受けるのは大変です。

 

そういったお金の問題だけではなく、その場でご自身の症状を判断して病院へ行かず、無理をして帰宅してしまったことにより、後から体が急変してしまうこともあり得ます。

 

交通事故に遭った場合、自覚症状が乏しくても、必ず病院での検査を受けるようにしましょう。

 

実際に起こった事例

このような事例があります。

 

7月末か8月始め、追突事故に遭いました。
相手が携帯の話しに気を取られていて、
私が一時停止場所で止まったのに気付かない為の追突でした。
(バックミラーでチラッと見た時、携帯電話を助手席に置いたのが見えました)

そのまま路肩に車を寄せ、
主人と相手が話した結果、警察は呼ばないで欲しいと頼まれ、
それに応じた様です。(主人の話ではお酒を飲んでたような感じだったとのこと。)
その際、相手の名前・携帯電話の電話番号・住所を聞き出しました。
いい人そうだったので、私もそのままその方を信じていました。
事故の際にいろいろなところに電話をかけ、
修理の手配をお願いしたが、代車がないから後日連絡しますとの事だったのです。

しかし、今でも何の連絡もありません。
携帯にかけても、圏外アナウンスやコール音のみで全く出てくれません。
幸い家族に怪我はなく、
ま、そのせいもあって主人はこのままでもいいかというような感じになっています。

引用元:教えて!goo

 

相手の人柄を信じ、警察を呼ばずに名前や住所を聞くだけでその場を済ませてしまったことが原因で、このようなトラブルに発展してしまった事例です。

 

どれだけ相手が良い人に見えようが、それだけで判断することは絶対にせず、交通事故に遭った際は必ず警察を呼びましょう。

 

交通事故が起きたら必ずやるべきこと

交通事故が起こった際は、こちらの図のような流れで行動していきましょう。

 

引用元:交通事故の対応で困らないための初期対応まとめ

 

なお、赤枠で示しているように、絶対にその場で示談をしないようにしてください。そのときは何もなかったとしても、後々大きなリスクや問題が発生する恐れがありますので、この流れに沿って一つひとつ確実に対応していく必要があります。

 

まとめ

実際にご自身が事故に遭ってしまったら、パニックを起こしてきちんとした対応ができないということも考えられます。

 

そういったことを未然に防ぐためにも、この記事で書いてきたことをしっかりと理解し、いざ交通事故が起きた際の手助けになれば幸いです。

 

交通事故に関連する記事

飲酒運転の罰金

交通事故の対応で困らないための初期対応まとめ

飲酒運転の死亡事故

交通事故の流れを徹底解説|事故発生から解決まで被害者に役立つ知識

 

交通事故が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事を監修した法律事務所

Thum_umezawa
プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

示談に関する新着コラム

示談に関する人気のコラム


示談コラム一覧へ戻る