> 
 > 
 > 
後遺障害の異議申し立て期間の目安|再申請を成功させるコツ
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit
2018.10.26

後遺障害の異議申し立て期間の目安|再申請を成功させるコツ

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_33180695_s

後遺障害の異議申し立ての審査期間に関する統計データは公表されていません。おおよその目安としては、初回の後遺障害申請よりも少し長め程度であるといわれています。

 

交通事故の保険金を受け取れるのは、通常、後遺障害補償を含む示談成立後です。異議申し立てをすると示談が後ろ倒しとなり、受け取り期間も先延ばしになってしまうので、審査が終わるまでの時間が気になる方も多いでしょう。

 

この記事では、異議申し立てにかかる期間の目安についてご紹介します。申請時の注意点や成功率を高めるポイントなども解説しますので、後遺障害の認定結果にお悩みの場合は、参考にしてみてください。

 

後遺障害が得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

 

異議申し立ての手続きにかかる期間

異議申し立てにかかる期間は、以下の2つにかかる時間を足したものになります。まずは、それぞれの手続きにかかる期間の目安を確認していきましょう。

 

  • 提出書類の準備
  • 損害保険料算出機構での審査

 

提出書類の準備

異議申し立ての提出書類は、被害者が自ら準備する必要があります。異議申立書とその内容を裏付けるための添付書類が必要です。

 

異議申し立ての添付書類

  • 新しい後遺障害診断書
  • 担当医の意見書
  • 検査画像(レントゲンなど)
  • カルテ
  • 医療照会の回答書

 

異議申立書は保険会社から取り寄せて記入するだけなので、準備にさほど時間はかかりません。しかし、上記のような関係資料の準備には病院での手続きも必要になるので、その対応に戸惑うと準備が長引いてしまうケースもあり得ます。

 

つまり、提出書類の準備にかかる期間は、被害者の対応次第だといえるでしょう。

 

損害保険料算出機構での審査

損害保険料算出機構での審査にかかる期間は、初回の後遺障害認定にかかった時間より少し長めになるケースが多いようです。申請内容によって期間は変わりますが、おおよそ2〜4ヶ月程度かかるのではないかと思われます。

 

<後遺障害が認定される期間の目安>

認定までにかかる期間

申請件数に占める割合

30日以内

82.6%

31~60日

9.3%

61~90日

4.4%

91日超

3.7%

【参考】自動車保険の概要-2016年度

 

異議申し立ての審査は、提出された書類を慎重に検討して進められます。最初の後遺障害診断よりは、審査期間が長くなると思っておいた方がよいでしょう。

 

異議申し立ての申請時には時効に注意

交通事故の損害賠償請求には3年間の時効があります。この期間を過ぎてしまうと、後遺障害認定を受けても損害賠償が支払われなくなる可能性も否定できませんので注意が必要です。

 

後遺障害の時効開始は症状固定から

後遺障害の損害賠償請求の時効は、担当医から症状固定(治療を続けてもこれ以上の回復が見込めない状態)の診断を受けてからカウントが開始されます。

 

【交通事故の時効開始のタイミング】

被害状況

時効の期間

事故で加害者がわかる場合

交通事故の発生日より3年間

加害者が後からわかった場合

犯人発覚より3年間

ひき逃げで加害者がわからない場合

交通事故の発生より20年間

事故で後遺症が残った場合

症状固定(治療をしても回復の見込みがない状態)の診断より3年間

 

異議申し立てをしても、症状固定から示談まで3年かかるケースは稀です。そのため、そこまで意識する必要はないのかもしれませんが、万が一、後遺障害認定の手続きが2年以上長引いている場合には、注意してください。

 

時効のカウントをリセットする方法

交通事故の時効は以下のいずれかの方法で、リセットすることができます。

 

  • 加害者側からの時効中断の承認
  • 裁判での損害賠償請求

 

まずは加害者側の保険会社に交渉をして、時効の中断を持ちかけてみるとよいでしょう。ただ、交渉に応じてもらえない場合は、個人で対処するのは難しいかと思われます。その場合には、弁護士に相談して早急に対応してもらいましょう。

 

異議申し立てを成功させるポイント

異議申し立てにより、後遺障害の認定結果が見直される確率は1割未満と非常に低いです。そのため、手続きに臨む際には、なぜ最初の申請が納得いかない結果になったのかを把握しておく必要があるでしょう。

 

「自分の症状は本当に後遺障害の等級に該当するのか?」「症状を証明するための証拠資料に不足はなかったか?」担当医や弁護士に相談をしながら申請に臨むことを推奨します。

 

また、認定結果でわかりにくい箇所がある場合は、損害保険料算出機構に問い合わせて確認しておきましょう。異議申し立ての手続きの詳細については、以下の記事をご参考にください。

 

被害者請求での再申請も有力な選択肢

後遺障害申請には回数制限が定められていません。損害賠償請求の請求期限内であれば、何度でもやり直すことが可能です。

 

後遺障害の認定結果に納得いかない場合には、異議申し立てでなく、ご自身で再申請するのも、選択肢の一つです。

 

事前認定での申請は不備が生じやすい

加害者が任意保険に加入している場合には、後遺障害申請の手続きは加害者側の保険会社に任せるケースが多いといえます。この申請方法を事前認定といいます。

 

しかし、加害者側の保険会社は必要最低限の書類をそろえて申請をするだけなので、症状を証明する証拠が不足してしまい、適切な後遺障害が認定されないケースも多々あります。

 

もしも、後遺障害申請の手続きを事前認定で行なっていた場合には、成功率の低い異議申し立てではなく、ご自身での再申請(被害者請求)を検討してみてください。

 

被害者請求での申請方法

基本的には、被害者請求は以下の流れで手続きが進められます。

 

被害者請求の流れ

  1. 必要書類の準備
  2. 自賠責保険会社への提出
  3. 自賠責損害調査事務所による審査
  4. 保険金の支払い

 

必要書類や認定率を高めるコツについては、以下の記事で解説しています。申請方法の詳細については、以下の記事をご確認ください。

 

後遺障害の再申請は弁護士への依頼がおすすめ

被害者請求の手続きは弁護士に代行を依頼することが可能です。交通事故分野に精通した弁護士であれば、後遺障害を証明するために必要な書類や診断書の書き方を熟知しているので、適切な認定結果が得られる確率を高めることができるかもしれません。

 

なお、後遺障害慰謝料は弁護士を雇うことで、大幅な増額が見込めます。後遺障害が関わる事故では、弁護士費用よりも慰謝料の増額分が大きくなる可能性が高いので、金銭面でのメリットも大きいといえます。

 

 

後遺障害申請をするには、後遺障害や交通事故分野の知識が必要不可欠です。ご自身だけでの手続きに不安を感じる場合は、弁護士に相談されることを強くおすすめします。

 

まとめ

異議申し立ての申請から審査が終わるまでの期間の目安は2〜4ヶ月です。ただし、後遺障害の手続きの期間は、被害者の症状や事故の状況によって変わってきます。あくまで目安としてご参考にください。

 

後遺障害の認定率を高めたいのであれば、弁護士に手続きを任せるのが最善かと思われます。後遺障害についてわからないことがある場合には、弁護士事務所の法律相談をお気軽にご利用ください。

 

後遺障害が得意な弁護士を地域から探す

※相談料無料・着手金無料完全成功報酬

の事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

交通事故のトラブル解決の為に、何をどうすれば良いかわからない方へ


交通事故の9割は示談交渉で決着がつくと言われていますが、実際に自分が示談を進める際に出てくる交渉相手は、相手側保険会社の示談担当員です。

被害者自身やその家族が示談交渉に応じるのが一般的ですが、実際に何年も交通事故の示談交渉を続けてきたプロ相手に、実際の相場よりも低い金額で応じてしまい泣き寝入りをする方も多いのが実情です。

その結果、示談交渉では話し合いが進まず訴訟に発展するケースが増えています。2005年には6,035件だった訴訟件数が、2015年までの10年間で約3.24倍の19,559件に増加しているというデータがあります。

交通事故で被害に遭ったのは自分達の方なのに、適正な保障がされず、大きな後遺症が残った場合は今後の生活への不安も大きくなるでしょう。

もし、『できるだけ損をしたくない』『適正な保障をしてほしい』とお困りの方は、交通事故の問題に長年取り組んできた弁護士に相談してみましょう。

2015年現在、弁護士に依頼する割合は93.6%(訴訟時)という高い割合で利用されており、交通事故に関する専門知識もつ弁護士に相談することで、以下のメリットが望めます。

・保険会社との示談交渉を任せられる
・弁護士基準という慰謝料や示談金を増額できる基準が使える
・事故の過失を適正な割合で計算してくれる
・後遺障害(後遺症)の正しい等級を認定しやすくなる など

弁護士に依頼するのは費用がかかると思われるかもしれませんが、自動車保険の特約(弁護士費用特約)が付いていれば、弁護士費用は300万円まで保険会社が負担してくれます。

交通事故に関わる問題でお困りの事を、【交通事故を得意とする弁護士】に相談することで、有利な結果となる可能性が高まりますので、お一人で悩まず、まずは『無料相談』をご相談ください。

あなたのお悩みに、必ず役立つことをお約束します。

Prevent_banner
編集部

本記事は交通事故弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※交通事故弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

後遺障害に関する新着コラム

後遺障害に関する人気のコラム


後遺障害コラム一覧へ戻る