累計相談数
91,800
件超
累計サイト訪問数
3,625
万件超
※2024年03月時点
無料法律相談Q&A
ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ) > 交通事故コラム > 損害賠償・慰謝料請求 > 交通事故による骨折の慰謝料|金額を決定する要素と相場額について
キーワードからコラムを探す
更新日:

交通事故による骨折の慰謝料|金額を決定する要素と相場額について

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
交通事故による骨折の慰謝料|金額を決定する要素と相場額について
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

骨折は、交通事故による怪我の代表例の1つです。症状によりけりですが、基本的には治療が長期化しやすいため、慰謝料が高額になりやすい怪我ともいえます。

ただ、交通事故の慰謝料は、どのように計算するかによって金額が変わる場合があります。そのため、被害者は示談前に慰謝料の算出方法について把握しておいたほうが良いでしょう。

この記事では、交通事故による骨折の慰謝料についてご紹介します。慰謝料を決定する要素や増額するコツなどを解説していますので、請求できる慰謝料の目安を確認したい場合は、参考にしてみてください。

【関連記事】損害賠償と慰謝料の違い|示談に役立つ損害賠償請求の知識

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で
交通事故に強い弁護士を探す

交通事故慰謝料を決定する要素

交通事故慰謝料の額は、以下の3つの要素によって決まります。

慰謝料を決定する要素
  • どの算出基準を参考にするか
  • 通院日数・期間はどのくらいか
  • 後遺症は残っているか

どの算出基準を参考にするか

交通事故の慰謝料には3種類の算出基準があり、どの基準を適用するかによって、慰謝料の計算方法・相場が変わります。

慰謝料を算出する3つの基準

自賠責基準

交通事故により負傷した被害者に対して、法令で決められた最低限の補償を行うことを目的とした基準。

任意保険基準

自動車保険会社が独自に設けている基準。自賠責基準よりも多くの保障が受けられる。

弁護士基準

裁判所の判例などを参考にした基準。自賠責基準や任意保険基準よりも高額な慰謝料が設定されることが多い。

加害者が任意保険に加入している場合は任意保険基準が適用されるケースが一般的ですが、弁護士を雇った場合は弁護士基準が適用されるケースが多いです。

なお、慰謝料の相場は『弁護士基準>任意保険基準>自賠責基準』で弁護士基準が最も高額です。詳細は下記で解説しますが、少しでも慰謝料を増額したいのであれば、弁護士への依頼を検討したほうが良いでしょう。

通院日数・期間はどのくらいか

交通事故の慰謝料は、通院日数・期間を参考に算出されます。例えば、骨折が完治するまで1〜6ヶ月かかった場合、慰謝料の相場は以下の通りです。

<通院慰謝料の相場>

通院期間

自賠責基準※1

任意保険基準(推定)

弁護士基準※2

1ヶ月間

8万6,000円

(8万4,000円)

12万6,000円

28(19)万円

2ヶ月間

17万2,000円

(16万8,000円)

25万2,000円

52(36)万円

3ヶ月間

25万8,000円

(25万2,000円)

37万8,000円

73(53)万円

4ヶ月間

34万4,000円

(33万6,000円)

47万8,000円

90(67) 万円

5ヶ月間

43万円

(42万円)

56万8,000円

105(79) 万円

6ヶ月間

51万6,000円

(50万4,000円)

64万2,000円

116(89) 万円

※1 初診から治療終了日を21日とし実際の通入院は10日間だったと仮定し、2020年3月31日までは4,200円、2020年4月1日より後に発生した事故に関しては4,300円で計算しています。

※2 ()内はむちうち等の他覚症状がない負傷の慰謝料

基本的には、病院での治療期間が長くなるほど、慰謝料の額は高額になるでしょう。通院慰謝料の算出方法の詳細については、以下の記事をご参照ください。

後遺症は残っているか

交通事故による骨折が原因で後遺症が残ってしまった場合、損害保険料算出機構から後遺障害認定を受けることで、後遺障害慰謝料(後遺症を負わされた精神的苦痛に対する慰謝料)の請求が可能です。

後遺障害申請では、後遺症の種類やその状況の度合いによって、14段階(1級が最も重い症状)の等級が認定されます。後遺障害慰謝料の金額は、認定された等級を参考に判断されることになるでしょう。

<後遺障害慰謝料の相場>

等級

自賠責基準

(2020年3月31日までに発生した事故)

任意基準(推定)

弁護士基準

第1級

1,150万円

(1,100万円)

1,600万円程度

2,800万円

第2級

998万円

(958万円)

1,300万円程度

2,370万円

第3級

861万円

(829万円)

1,100万円程度

1,990万円

第4級

737万円

(712万円)

900万円程度

1,670万円

第5級

618万円

(599万円)

750万円程度

1,400万円

第6級

512万円

(498万円)

600万円程度

1,180万円

第7級

419万円

(409万円)

500万円程度

1,000万円

第8級

331万円

(324万円)

400万円程度

830万円

第9級

249万円

(245万円)

300万円程度

690万円

第10級

190万円

(187万円)

200万円程度

550万円

第11級

136万円

(135万円)

150万円程度

420万円

第12級

94万円

(93万円)

100万円程度

290万円

第13級

57万円

60万円程度

180万円

第14級

32万円

40万円程度

110万円

被害者が請求できるのは慰謝料だけではない

交通事故被害でよくある誤解なのですが、被害者が請求できる賠償金は慰謝料だけではありません。治療費や休業損害など、その他の賠償金は別途に請求することになります。

慰謝料は、あくまで数ある損害賠償の一つです。『慰謝料=損害賠償』ではないので注意してください。

<交通事故の代表的な損害賠償>

請求項目

内容

治療費

応急手当費、診察料、入院料、投薬料、手術料等の費用

付添看護費

近親者が付き添った場合や付添人を雇った場合の費用

通院交通費

通院に要した交通費

諸雑費

入院中の諸雑費

義肢等の費用

義肢、歯科補綴、義眼、補聴器、松葉杖などの費用

その他

診断書等の費用、弁護士等の費用、文書等の費用

休業損害

事故による傷害のために発生した収入の減少・損害

入通院慰謝料

入通院による精神的・肉体的な苦痛に対する賠償

なお、以下のツールでは慰謝料を含む損害賠償を算出することができます。ご自身が請求できる賠償金のおおよその目安を確認したい場合は、ぜひ活用してみてください。

交通事故による骨折の基礎知識

骨折とは、言葉の通り骨が折れる負傷のことです。ただ、骨折の状態には種類があり、負傷した部位によって治療期間は変わってきます。

ここでは、骨折の種類と治療期間の目安を確認していきましょう。

骨折の種類

交通事故でおきやすい骨折は、以下の5種類です。

骨折の種類と症状

単純骨折

折れた骨が体の内側に収まっている骨折。

開放性骨折

折れた骨が皮膚を突き破って体の外に出てしまう骨折。複雑骨折とも呼ばれている。

剥離骨折

骨にくっついている腱や靭帯が引っ張られ、付着部分の骨ごとはがれてしまう骨折。

圧迫骨折

背骨を形成する椎骨が、圧力によって潰れてしまう骨折。

粉砕骨折

強い衝撃によって骨に亀裂がはいり、バラバラに砕けてしまう骨折。

上記の中では、粉砕骨折が最も症状が重い状態になります。砕けた骨を直すのに手術が必要になり、数年に渡るリハビリを行うことになるので、治療期間はかなり長引くことになるでしょう。

骨折が治る期間の目安

骨折の治療期間の目安として有名な『GurltとColdwellの表』をご紹介します。ただし、怪我の治癒には個人差があるので、あくまで目安として参考にしてみてください。

参考
北星病院

なお、交通事故では鎖骨、腕、肘、手首、肋骨の部位の骨折が多く見られるようです。

弁護士を雇うと慰謝料を増額できる可能性が高い

上記の『どの算出基準を参考にするか』で解説した通り、交通事故の慰謝料は弁護士基準での請求が最も高額です。保険会社から提示された慰謝料の額が少なく納得いかない場合は、弁護士への依頼を検討したほうがよいでしょう。

ただし、弁護士を雇うには依頼費用が必要になります。弁護士を雇って慰謝料を増額できても、依頼費用を差し引いて収支がマイナスになっては意味がありません。

交通事故で弁護士を雇う基準は、『弁護士が増額できる損害賠償>依頼費用』になるかどうかです。そのため、依頼前の法律相談で弁護士から見積もりを出してもらい、それから判断をするのが依頼の基本的な流れになるでしょう。

交通事故分野の弁護士費用相場

弁護士への依頼費用は、依頼先によって料金体系や金額が異なります。ただ、交通事故分野の場合は、以下表の価格がおおよその相場であるといわれています。

料金体系

着手金

成功報酬

着手金あり

10万〜20万円

15万円+賠償額の15%

着手金なし

無料

20万円+賠償額の10%

依頼を検討したほうが良い状況とは

骨折が重症であるほど、弁護士への依頼で増額する慰謝料の額は大きくなる可能性が高いです。少なくとも半年以上の通院を継続している場合は、弁護士への依頼を検討したほうが良いでしょう。

また、後遺障害が認定される可能性がある場合も、後遺障害慰謝料の増額も見込めるので、弁護士を雇ったほうが得になる可能性が高いです。

なお、ご自身か同居するご家族の加入する保険に弁護士費用特約が付帯している場合は、保険会社から弁護士費用を負担してもらえます。契約をしている場合は、使い忘れのないよう注意してください。

骨折被害の弁護士への依頼事例

最後に、交通事故による骨折被害の弁護士への依頼事例を2つご紹介します。

420万円の増額に成功した事例

後遺障害等級 12級

保険会社の提示金額

約280万円

弁護士依頼後

約700万円

増額した金額

約420万円増額

保険会社の提示する示談金の額に納得がいかず、弁護士に相談を持ちかけたところ、弁護士基準の適用によって示談金が420万円増額した事例。

保険会社は治療費と休業損害を支払う期間が長くなったため、その他の項目で調整をしたと主張していました。しかし、その判断はまったく合理的なものではなかったため、弁護士の交渉によって示談金の増額が認められました。

760万円の増額に成功した事例

後遺障害等級 12級

保険会社の提示金額

約440万円

弁護士依頼後

約1,200万円

増額した金額

約760万円

保険会社と後遺障害慰謝料の金額や過失割合(事故の責任の割合)で揉め事になり、弁護士を雇って訴訟を起こし、示談金が760万円増額した事例。

示談交渉では保険会社は被害者側の主張を認めませんでしたが、訴訟で粘り強い主張立証を継続した結果、和解が成立して示談金の増額が認められました。

まとめ

交通事故による骨折の慰謝料相場は、以下の3つの要素で決まります。

  • どの算出基準を参考にするか
  • 通院日数・期間はどのくらいか
  • 後遺症は残っているか

治療期間が半年近く長引いたり、後遺症が残ったりする場合には、弁護士を雇って慰謝料請求したほうが得になる可能性が高いです。

保険会社から提示された慰謝料が本当に適正な額か不安を感じる場合には、弁護士への法律相談だけでも検討されてみてはいかがでしょうか。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ交通事故で 
損害賠償・慰謝料請求に強い弁護士を探す

弁護士に相談するかお悩みの方へ

下のボタンからあなた当てはまるものを選んで悩みを解消しましょう。

弁護士が必要か分からない方
保険会社に相談
弁護士に相談
自力で解決

弁護士に相談する以外にも様々な方法があります。
あなたは弁護士に相談すべきかを診断してみましょう。

\ 最短10秒で完了 /

弁護士の必要性を診断する無料
弁護士の費用が心配な方

弁護士費用特約があれば 実質0円で依頼できます!

多くの保険会社では、被害者1名につき最大300万円までの弁護士費用を負担してくれます。特約があるか分からない方でも、お気軽にご相談ください。弁護士と一緒にご確認した上で依頼の有無を決めて頂けます。

特約を利用して弁護士に相談する
弁護士の選び方が分からない方

交通事故問題を依頼する弁護士の選び方にはポイントがあります。

  • 過去の解決事例を確認する
  • 料金体系が明確である弁護士を選ぶ
  • 交通事故問題が得意な弁護士から選ぶ

等です。

詳しくは以下の記事を読んで、正しい弁護士の選び方を理解した上で弁護士に相談しましょう。

弁護士の選び方について詳しくみる
東京
神奈川
福岡
大阪
京都
愛知
Office info 202403011716 39251 w220 【事故被害者/来所不要】錦糸町・ベリーベスト法律事務所

【来所不要・交通事故の被害者は初回相談料0円豊富な解決実績◆示談金の大幅な増額実績多数交通事故専門チームが丁寧に対応します。まずは無料でご相談ください。【「錦糸町駅」南口から徒歩9分】

事務所詳細を見る
Office info 202306061040 3901 w220 【交通事故被害なら】池袋・ベリーベスト法律事務所

【初回相談料・着手金0円交通事故被害にお悩みのあなたへ◆料・示談金に納得していますか?◆事故直後から示談金獲得まで全てフォローします。お気軽にご相談ください!【各線「池袋」駅東口より徒歩8分】

事務所詳細を見る
Office info 202310051618 4081 w220 東京中央総合法律事務所

【相談料・着手金0円】【増額がなければ弁護士報酬0円】交通事故の発生から賠償金の獲得まで≪一律料金≫で、経験豊富な弁護士がフルサポートいたします。費用も解決策も明確にご提示致しますのでご安心ください。

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
あらゆる事故に備える!ベンナビ弁護士保険
弁護士費用を補償

交通事故や自転車事故など、事故はいつ起きてしまうか分からないものです。弁護士費用を用意できず泣き寝入りとなってしまうケースも少なくありません。

ベンナビ弁護士保険は、弁護士依頼で発生する着手金を補償する保険です。

交通事故だけでなく、自転車事故、労働問題、離婚、相続トラブルなど幅広い法的トラブルで利用することができます。

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。
編集部

本記事はベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ交通事故(旧:交通事故弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

損害賠償・慰謝料請求に関する新着コラム

損害賠償・慰謝料請求に関する人気コラム

損害賠償・慰謝料請求の関連コラム


損害賠償・慰謝料請求コラム一覧へ戻る
弁護士の方はこちら